Chromebook ファイルはシェルフ(トート)に固定できる!デスクトップに置けなくても便利

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを利用する場合では、壁紙のデスクトップ画面にアプリのアイコンやウェブページのショートカット 及び 重要なドキュメントファイルなどを置く事ができないのでイマイチに感じます。

2in1ノートPCタイプのChromebookならば、タブレットモードが利用できるため、デスクトップ画面の操作性も良くなるので、ファイルが置けなくても便利に使えます。

でも、2in1ではないタイプの場合では殺風景でかつ物足りなさも有るので、どうすれば良いかな?といった感じになります。

このような場合に最適に感じるのがシェルフになります。シェルフにはトートという機能もあるので、この機能を利用すれば、デスクトップにファイルが置けなくても補完できるようになります。

これならばデスクトップ画面にファイルが置けなくても大丈夫です。

今回の記事は『Chromebook ファイルはシェルフ(トート)に固定できる!デスクトップに置けなくても便利』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook デスクトップ(壁紙)にファイルが置けない

Chromebookには2つのデスクトップ表示があります。1つはデスクトップモード、もう1つはタブレットモードになります。タブレットモードが利用できるのは2in1ノートPCタイプのChromebookになります。

デスクトップモードでは壁紙にファイルが置けない

クラムシェル(2in1ではない)タイプのChromebookの場合ではデスクトップモードになるため、壁紙であるデスクトップ画面にはアプリのアイコンやウェブページのショートカットは置けません。

それならば、写真などの画像ドキュメントといったファイルは置けるのか?と言えば、基本的にデスクトップ画面では何も置けない仕様になっています。

本当の意味での壁紙として利用する感じになります。

 

Chromebook 2in1 タブレットモードの表示方法

2in1ノートPCに対応しているChromebook(クラムシェル)の場合はディスプレイを190度以上開くとタブレットモードに自動で切り替わります。

それに対して、デタッチャブル(キーボード着脱)に対応しているChromebookの場合では、キーボードを取り外すと自動的にタブレットモードに切り替わります。

タブレットモードの特徴としては、デスクトップ画面(壁紙)+ランチャー+シェルフが合体したバージョンになるため、全体としてガチャガチャしているような感じに見えます。

 

タブレットモードはアプリのアイコンは表示できる

タブレットモードの場合では、デスクトップ画面とランチャーが合体しているため、アプリのアイコンやウェブページのショートカットはデスクトップに表示できます。

でも、残念な事に写真などの画像やドキュメントファイルなどはデスクトップに配置できないので、せっかく操作性が向上しているのにも関わらず、使い勝手がイマイチになります。

 

スポンサーリンク

Chromebook ファイルはシェルフに固定できる

Chromebookのデスクトップ画面にはアプリのアイコンやウェブページのショートカット 及び 写真などの画像ファイルなどが置けませんが、その代わりにシェルフに固定できるようになっています。

アプリやショートカットはシェルフに固定できる

Chromebookでは基本的にアプリはランチャーに格納されているので、アプリを起動する場合ではランチャーを開いて選択して起動する事になります。

毎回のようにそのような事はやってられないので、よく使うアプリはシェルフに固定しておくと便利に利用できます。シェルフにはアプリのアイコンしか固定できないという訳ではなく、ウェブページのショートカットも固定できます。

また、システムメニューから起動できるユーザー補助機能もシェルフに固定できるため、音声入力などを固定しておくと便利に活用できる場合があります。

但し、ユーザー補助機能の場合は、標準ではシステムメニューに表示されていないため、設定でカスタマイズする必要があります。

 

ファイルはシェルフ(トート)に固定できる

Chromebookのシェルフに固定できるのはアプリやショートカットだけでなく、写真などの画像ファイルやドキュメントファイルなども含まれます。

この場合はファイルを開いて右クリック操作 又は ドラッグ&ドロップ操作にてシェルフに固定できるようになります。ファイルの場合はシェルフというより「トート」と呼ばれる機能になります。

トートって何だろう?と思いますが、実際に使って見れば分かりますが、フォルダ感覚で利用できるイメージになるのでは?というのが率直な感想になります。

要するにシェルフにフォルダみたいな物が有るので、ココによく使うファイルを固定しておけば、アプリのような感覚で、いつでも直ぐに利用できる!といった感じ。

 

Chromebook シェルフ(トート)にファイルを固定する方法

ここでは、実際に写真などの画像ファイルをシェルフのトートに固定する操作方法についての紹介になります。実際に使ってみない事には便利に感じるのか?分かりませんから、とにかく使ってみるのが良いと思います。

シェルフのトートにファイルを固定する方法

① ファイルを開く
シェルフのトートにファイルを固定する場合ではファイル(アプリ)を開きます。

 

② 選択
シェルフのトートに固定したい写真などの画像ファイルやドキュメント等を見つけます。

 

③ 右クリック
シェルフのトートに固定したいファイルを右クリックすると、右クリックメニューが表示されます。「シェルフに固定」をクリックすると、トートに固定されます。

 

④ トートを開く
シェルフのトートに固定されたファイルを確認する場合では、トートをクリックすると、固定されたファイルがポップアップで表示されます。

 

トートを利用する場合はファイル(アプリ)を利用する

トートに重要なファイルなどを固定する場合では、ファイル(アプリ)を利用します。必ずファイルからトートに固定できるようになっています。

ファイルでは、Chromebook内に保存してあるファイルやGoogleドライブで管理しているファイルも含めて表示できるため、デスクトップ画面に配置できなくても便利に使えます。

 

ドラッグ&ドロップ操作でもトートに追加できる

ファイルを開いてシェルフのトートに固定する場合では右クリック操作が必要になりますが、うまく右クリックできない場合もあります。

この場合では、ドラッグ&ドロップ操作でも追加できますが、タッチパッドで行うよりもマウス操作が便利です。タッチパッド上でこの操作を行うのはちょっと大変な感じなので最適な選択とは言えません。

もっと簡単に操作できるマウスが最適です。

 

画面キャプチャ(スクリーンショット)固定の場合

スクリーンショットで撮影したファイルもトートに固定できます。この場合は、シェルフのトートを表示すると画面キャプチャのポップアップも表示されます。但し、スクリーンショットが無い場合は表示されません。

カーソルをスクリーンショットの上に移動すると、ピン留めのアイコンが表示されるため、クリックすれば、トートに固定できます。

 

スポンサーリンク

Chromebook シェルフ(トート)に固定したファイルを解除

シェルフのトートに固定したファイルを解除したい場合もありますが、この場合はどのように操作すれば良いのでしょうか?解除の操作も簡単です。

Chromebook デスクトップにファイルは置けないがシェルフに固定する方法もある
皆さん こんにちは! Chromebookを利用する場合では、デスクトップ画面にアプリのアイコンや重要なファイル等を置く事ができないので何かと不便に感じる場合もあります。 2in1ノートPCタイプのChromebookな...

トートからファイルの固定を解除する方法

① トートを開く
シェルフのトートをクリックして開きます。

 

② 固定したファイル
トートを開くと、固定したファイルの窓(ポップアップ)の中にファイル一覧が表示されます。

 

③ カーソル
固定を解除したいファイルにカーソルを移動させて合わせるとピン留めのアイコンが表示されます。

 

④ クリック
ピン留めのアイコンをクリックすれば固定が解除されます。

 

画面キャプチャ(スクリーンショット)の固定を解除

スクリーンショットで撮影したファイルもトートに固定できます(固定解除の操作方法は同じ)が、この場合はちょっと厄介です。

というのも、解除しても画面キャプチャの中に表示されたままの状態になります。

不要になったから解除したのに、どうして画面キャプチャの中に表示されているのだろうか?といった感じになります。固定を解除するだけではダメなのである。

この場合ではファイルを開いて、不要なスクリーンショットを削除する必要があります。