Chromebook Bluetoothマウスの接続・使用方法

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookにはタッチパッドが搭載されているのでマウスを利用しなくても便利に使う事ができますが、それでもマウスが必要に感じる場面があります。

この場合ではメインで利用しているPCのマウスを利用する事になりますが、たいていの場合はUSBレシーバーのWi-Fiワイヤレスマウスを接続する場合が多いと思います。

でも、接続するにもUSB Type-C端子の場合ではUSBハブが必要になるのでちょっと面倒だったりする場合もあります。この場合ではUSBポートを利用しないで接続できるBluetoothマウスが有ると便利です。

今回の記事は『Chromebook Bluetoothワイヤレスマウスの接続・使用方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook マウスを利用する場面もある

Chromebookにはタッチパッド(トラックパッド)が搭載されているので、マウス不要で利用できます。それでもマウスも必要に感じる場面がチラホラ有ったりします。

Chromebook タッチパッドが便利

Chromebookに搭載されているタッチパッドでは、ジェスチャー操作にも対応しているので直感的に感じる操作も行えて便利に利用できます。

他OSノートPCと同様に左右クリック操作も行えるため、マウスが必要に感じる事は少ないのではないか?と感じます。それでも、実はマウスが有った方が便利に感じる操作があります。

それは、ドラッグ&ドロップ操作になります。特にアプリ一覧であるランチャー内を自分好みの並び順に変更する場合では、タッチパッドで並び替えるのは大変に感じます。

自由自在にドラッグ&ドロップ操作が行えるマウスが有った方が便利に利用できるのである。

 

タッチパッドで右クリック操作

Chromebookのタッチパッドの場合では右クリックしているのに左クリックになってしまうという事も有るのですが、このパターンに見事に嵌ってしまうと、マウスじゃないと右クリックできないのではないか?という認識になってしまう場合が多いです。

実際にはChromebookの右クリック操作についての知識がないためにいつものようにタッチパッドの右側でクリックしているに過ぎません。

Chromebookでの任意の2本の指で同時にクリックする事で右クリックできるようになっています。この事に気が付くとマウスよりもタッチパッドの方を利用するようになるのでは?と思います。

 

ドラッグ&ドロップ操作

タッチパッドでの操作で唯一、不便に感じるのはドラッグ&ドロップ操作になります。マウスを使わなくても便利に操作できるのですが、それでもマウスの方が圧倒的に便利に感じます。

シェルフに固定されているアプリのアイコンを移動するだけであればタッチパッドで何ら問題ないですが、デジタルノートOneNoteで、ノートコンテナを自由自在に移動する場合では大変に感じます。

このような自由自在に移動する操作に限って言えば、マウスを使った方が便利です。

 

Chromebook マウスを接続して利用する場合

Chromebookでは基本的にタッチパッドが搭載されているのでマウスを利用しなくても何ら問題ありませんが、タッチパッドで右クリックできないといった事も含めてマウスを利用する場合もあります。

USB Type-C ハブ

Chromebookに搭載されているUSB端子が、USB Type-Cだけの場合では、USBレシーバーのWi-Fiワイヤレスマウスを利用するにはUSBハブが必要になります。

USBハブには2種類あり、Chromebookにドッキングして利用できる直挿しできるタイプと直挿しできないタイプがあります。圧倒的に便利に感じるのは直挿しできるUSBハブになります。

 

Wi-Fiワイヤレスマウス

Wi-FiワイヤレスマウスをChromebookに接続する場合では、USB Type-Cハブも必要になりますが、これさえ用意できれば接続はとても簡単です。

USBレシーバーをUSBハブに挿し込んだ上で、USBハブをChromebookに接続するだけで良いので面倒に感じる設定作業も必要ありません。

 

Bluetoothマウス

USB Type-C端子が1つしか搭載されていないChromebookの場合では、Wi-Fiワイヤレスマウスを利用するにはUSB Type-Cハブが必要になります。

直挿しできるタイプであれば一体運用できるので何も問題ありませんが、一体運用できないタイプのUSBハブの場合では持ち運びの観点から考慮すると必ずしも最適とは言い難いです。

このような場合では、USBポートを利用しなくても使えるBluetooth接続に対応したワイヤレスマウスを利用するのが便利に感じます。

 

Chromebook Bluetoothマウス接続・使用方法

ここでは、BluetoothマウスをChromebookにペアリング設定する場合の手順についての紹介になります。基本的にそんなに難しい操作ではないので誰でも簡単に設定できます。

Bluetoothマウス接続方法

① システムメニュー
時刻をクリックしてシステムメニューを開く

 

② 設定を開く
システムメニューを開いたら、設定のアイコンをクリックする

 

③ Bluetooth
Bluetooth スイッチをオンにした上で、右に表示されている矢印()をクリック。オンになっている場合は矢印のみクリック。

 

④ ペアリング設定
Bluetoothマウスの裏面にあるペアリングボタンを押して、Chromebookとペアリング設定する

Chromebook Bluetooth マウス 使用レビュー(ELECOM)
皆さん こんにちは! Chromebookでは基本的にタッチパッドを搭載しているため、マウスを利用しなくても便利に使えますが、それでもマウスが必要に感じる場面が訪れます。 例えば、ドラッグ&ドロップ操作が良い例なのではな...

 

Bluetoothマウスの使用方法

① ペアリング完了
Bluetoothマウスのペアリング設定が完了すると、ペア設定されたデバイスの一覧にBluetoothマウスが表示されます。

 

② 使用方法
Chromebookとペアリング設定が完了すれば、マウスを電源OFFにしても、ONにすれば、いつでも利用できる状態に復帰します。

 

③ 他のBluetooth機器
他のBluetooth機器をChromebookに接続する場合は、基本的にはBluetoothマウスを同じようにペアリング設定を行えば利用できるようになります。

 

スポンサーリンク

Chromebook タッチパッドやマウスよりタブレットモードが便利

2in1に対応しているChromebookの場合ではデスクトップモードの他にタブレットモードを利用できるので、タッチパッドやマウスを利用しなくても便利に使えます。

薄型 Wi-Fi ワイヤレスマウス USB充電式 レビュー(DeliToo)
皆さん こんにちは! 仕事や生活の用途で利用しているWindowsノートPCの周辺機器は基本的には4つ有りますが、その中でもセットで利用しているのはマウスになります。 マウスがないと始まらないと言っても過言ではないぐらい...

タブレットモードが便利で快適

どうしてタブレットモードが便利で快適なのか?と言うと、タッチパッドでドラッグ&ドロップ操作をする場合では、とても広いと言えないスペースを利用して操作する事になります。

それに引き換えマウスの場合ではスペースは広く使えるのですが、余計にもう1つ操作する機器が有るといった感じになるので自宅だったとしても持ち運び時に余計な感があります。

でも、タブレットモードであれば、指先のタッチ操作で広いスペースを自由自在に操作できるのでランチャー内のアプリのアイコンも自由に移動できます。

それにランチャー表示もタブレットモードであればデスクトップ画面がランチャーですから丁度よいです。

 

タブレットモードのデスクトップ画面(壁紙)

デスクトップモードの場合では壁紙の画面にはアプリのアイコンやウェブページのショートカットを配置できないので壁紙を楽しむといった感じになります。

それに対して、タブレットモードのデスクトップ画面では壁紙を楽しむ事はできない代わりにランチャー操作が自由自在に行えるようになるので、シェルフを利用しなくても便利に使えます。

よく使うアプリはシェルフに固定している場合が多いですが、シェルフを使わなくてもランチャーが表示されているので直ぐに起動できるのである。