Chromebook Chrome以外の他のブラウザも利用できる(使える)

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookで利用できるブラウザは基本的にGoogle Chromeになります。このパソコンは基本的にGoogle Chromeで何でもかんでも行うためのPCだからです。

これでは足りない機能も有ったりするので便利に使えない場合もありますが、このような場合では、Chrome拡張機能を利用する事でパワーアップさせる事もできるので使い方次第で便利に活用できると思います。

とはいえ、メインで利用しているPCでは、Chromeブラウザを利用していない場合も有ると思います。このような場合ではいつも使っているブラウザの方が便利に感じるのも事実です。

幸いな事にChromebookではAndroidアプリも利用できるため、Android版の他のブラウザを利用して対応する事もできるようになっています。

今回の記事は『Chromebook Chrome以外の他のブラウザも利用できる(使える)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook Google Chrome PC版を搭載

Chromebookで利用できるブラウザはPC版Google Chromeになります。ChromebookはノートPCなので搭載されているブラウザはPC版を利用できるのである。

Google Chrome PC版

PC版とモバイル版のChromeブラウザは何が違うのかな?と思いますが、PC版では拡張機能を利用する事ができますが、モバイル版は拡張機能が利用できません。

さらにはモバイル版のChromeはスマホなどのモバイル向けのブラウザを基本的に表示します。PC版ウェブサイトを閲覧する場合はメニューを開いてPC版サイトを選択する事で表示できるようになります。

どっちが便利に使えるのか?と言えば、フル機能を搭載しているPC版Chromeなのは明白です。

 

Chrome 拡張機能を利用できる

最初に起動して表示されるウェブページがPC版なのか?それともモバイル版なのか?によっても使い勝手も変わってきますが、その中でもChrome拡張機能が利用できるのか?も関係あります。

モバイル版では利用できないのですが、利用できないからと言って特に困る事は少ないです。何故か?と言うと、拡張機能は有れば便利に使えますけど、別に無くても困らないからです。

というのも、この機能を使っている場合でも3~4つ程度が多いですし、毎回のように利用している訳ではないと思います。必要に感じたら使うといった感じ。

 

Chrome検索便利ツール

Chrome拡張機能が利用できなくても、検索便利ツールは、PC版・モバイル版に限らず利用できます。これは電卓や天気といったキーワードを入力して検索すると、利用できる便利ツールになります。

例えば、「渋滞」と入力すると、在住している住所も含めた渋滞情報マップが表示されるといった感じ。もっと詳しく見たい場合ではマップをクリックすると表示されるので車を利用している人にとっては便利に使えます。

他にも「郵便番号検索」や天気予報なども利用できるため、便利に使えるので重宝します。

 

スポンサーリンク

Chromebook Chrome以外の他のブラウザも使える

Chromebookで利用できるブラウザは基本的にはGoogle Chromeになりますが、他のブラウザも利用する事ができます。この場合はAndroidアプリを利用する事になります。

Chrome以外のブラウザ(Androidアプリ)

ChromebookでGoogle Chrome以外のブラウザを利用したい場合では、PlayストアからAndroid版のブラウザをインストールする必要があります。

Android版のブラウザはPlayストアの検索で「ブラウザ」と入力してEnterキーを押せば該当するアプリの一覧が表示されるため、自分にとって最適に感じるアプリをインストールすればOKです。

どれが良いのか?はメインで利用しているPC 又は スマホで利用しているブラウザを選択するのが良さそうに感じます。

 

Androidアプリのブラウザを利用する場合

Chromebookで他のブラウザを利用する場合では、Androidアプリをインストールする事になりますが、ここで1つだけ注意事項があります。

Androidアプリで利用できるブラウザはモバイル版になります。Chromebookに標準搭載されているブラウザはPC版Chromeなのですが、Androidアプリだとモバイル版となってしまいます。

ちょっと何か微妙に感じるのは気のせいでしょうか?

 

実際にインストールしたブラウザ

PC版Google Chromeが有るのにも関わらず、Android版 Microsoft Edgeをインストールしています。どうしてインストールしたのか?と言うと、もしかするとEdge(Chrome)拡張機能を利用できるかも知れない!という期待を込めて入れてみました。

実際にはどうだったのか?と言うと、モバイル版がインストールされたので、拡張機能は利用する事ができませんでした。

この結果から、Android版ブラウザはモバイル版が入ってしまうんだな~という事が改めて認識できるようになったのである。これはこれで良い勉強になりました。

 

スポンサーリンク

Chromebook Microsoft Edge 使用レビュー

ここでは、Chromebookで利用するAndroid版Edgeの使用レビューについての紹介になります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

Android版 Microsoft Edge インストール経緯

他にも色々なブラウザがあるのにも関わらず、Microsoft Edgeにしたのか?の理由は、基本的にピン留めウィザードが目的となります。

Windows版Edgeの場合ではChrome拡張機能と同様であるEdgeの拡張機能(Chrome)を利用する事ができます。しかもChromeウェブストアで利用できる拡張機能も使えるので魅力的なブラウザの1つだと感じています。

そのため、もしかすると、Chromebookにインストールすればピン留めウィザードが利用できるかも知れない!と期待してしまったのである。

 

Android版 Microsoft Edge 使用レビュー

Edge(Chrome)拡張機能が利用できるかも知れないという期待でインストールしてしまったAndroid版Microsoft Edgeになりますが、実際にはモバイル版のため、利用できないのでガックリという結果に終わっています。

だからといって、アンインストールはしていません。何故か?と言うと、Chromebookの場合では標準でウィジェットが利用できない事も関係して、ニュースなどの情報収集に利用しています。

シェルフに固定しておけば、ワンクリックで起動できるので、ウィジェット代わりに利用できるのは、筆者にとって便利に感じます。

因みにChromeでは起動すると、ニュースなどは表示できるように設定していないのである。

 

評価レビュー

ウィジェット代わりにニュースを表示する目的で利用していますが、必ずしも便利に利用できるという訳ではありません。

何故か?と言うと、ニュース等のタブはクリックすると切り替わるので何も問題ありませんが、最新ニュースの記事をタッチパッドでクリックして表示する場合に直ぐに切り替わらないのである。

ChromebookのPC性能が非力なのも関係していると思われるため、一概には何とも言えないのですが、メインでは利用できないと感じます。

 

Chromebook 電卓は標準アプリやChrome検索便利ツールを活用
皆さん こんにちは! Chromebookでちょっとした計算を行う場合では、標準搭載されている電卓アプリを利用する事ができます。これ以外にもChromeブラウザで検索すれば電卓が表示されるので、そのまま計算する事もできます。 ...

 

Chromebook Androidアプリを利用して使える

ChromebookでAndroidアプリが使えるのは嬉しいのですが、必ずしも便利に利用できるという訳ではないのも実情になります。これはどうしてなのでしょうか?

Androidアプリが使える

ChromebookはGoogle Chromeで全てを完結するのが基本となりますが、流石にChromeだけで何でもかんでも行うのは現実的に無理があります。

幸いな事にAndroidアプリも利用できるので、これでどうにか?なる!と言い切れないのが実情になります。その理由としては、Chromebookでは全てのAndroidアプリに対応していないのである。

一般的な考え方で言えば、Androidアプリが利用できるので全てのアプリも使える!と勘違いしてしまうと思います。この勘違いにどの時点で気が付くのか?によっても実際の活用にも影響が及んでしまう場合があります。

 

Chromebookでスマートウォッチは使えない

全てのAndroidアプリが利用できないのであれば、具体的にどのアプリが利用できないのか?も気になりますが、スマホとアプリ連携できるスマートウォッチ専用アプリも該当します。

Androidスマホではインストールできるのにも関わらず、ChromebookのPlayストアで検索するとインストールできない旨の表示が出て来るのである。

インストールできなければペアリング設定する事も無理なので結局のところ、利用できないという結果に終わります。

 

横画面表示

Chromebookで利用できるAndroidアプリではスマホの縦画面表示に対応している場合が多いです。Chromebookの場合では横画面表示が助かりますが、そんなに多くないような気がします。

縦画面表示でも最大化する事ができるので横画面表示にも対応できるのですが、文字の大きさは全く変わらないので結局のところ、見づらかったりします。

Androidアプリが使えてラッキーと思う程度で利用するのが良さそうに感じます。