Chromebook 電卓は標準アプリやChrome検索便利ツールを活用

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookでちょっとした計算を行う場合では、標準搭載されている電卓アプリを利用する事ができます。これ以外にもChromeブラウザで検索すれば電卓が表示されるので、そのまま計算する事もできます。

さらにはブックマークしておき、電卓を表示したり、Chrome拡張機能を利用して電卓で計算する方法もあるため、Chromebookの場合は電卓に関して言えば、方法はいくらでもあると言っても過言ではありません。

それに対して、iPadは標準で電卓アプリが利用できないですから、自分にとって最適に感じるアプリをインストールする必要があります。

今回の記事は『Chromebook 電卓は標準アプリやChrome検索便利ツールを活用』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookで利用できる電卓アプリ

Chromebookで電卓を利用したい場合は3つの方法から選択できるようになっています。どれが便利に感じるのか?は個々の判断にお任せ致します。

Chromebook 3種類の電卓を利用できる

① 標準アプリ
iPadには標準で電卓アプリが搭載されていませんが、Chromebookの場合は標準で電卓アプリを搭載しています。2つのモードを利用する事ができるので、必要に応じて最大化してフル機能を使う事ができます。

 

② Chrome拡張機能
Google Chrome 拡張機能でも電卓を追加する事ができます。Chromebookの場合は、基本的にChromeブラウザで何でも行う仕様になるため、拡張機能に電卓を追加しておけば、ワンクリックで電卓を表示できます。

でも、標準で電卓アプリを搭載しているので、Chrome拡張機能を利用しなくても良いのではないか?と個人的に考えます。

 

③ Chrome検索便利ツール
Chrome拡張機能を利用しなくても普通にキーワード検索にて「電卓」と入力して検索すると、電卓が表示されます。意外と高機能に感じる電卓なので、使い方次第では便利に使えるのではないか?と考えます。

 

Google Chrome 電卓は困らない

iPadの場合では電卓アプリが標準搭載されていないので、電卓アプリ選びを検討する必要も発生しますが、Chromebookの場合では標準搭載されているので困ることはないです。

それに、Chromebookの場合は基本的にGoogle Chromeで何でもかんでも行うPCになるため、Chromeで検索すれば電卓ページが表示されるので必要に応じて使用する電卓を自分の好みで臨機応変に選択できるのが便利に感じます。

 

スポンサーリンク

Chromebook 標準アプリの電卓の使用レビュー

ここでは、Chromebook 標準アプリの電卓についての使用レビューになります。基本的に電卓なので、あまり参考にならないと思います。

標準の電卓アプリ メリット&デメリット

① 標準の電卓メリット
スマホのように初めから電卓アプリが標準搭載されているのは大いに助かります。その上で、簡易機能フル機能の2つのモードを選択できるので便利に使えます。

 

② 標準の電卓デメリット
一見すると、デメリットは無さそうに感じますが、メリットが有るという事はデメリットも有るものです。簡易機能の方は単機能しか利用できないので、ちょっとどうかな?と感じます。プラスαの機能があっても良いのでは?と思うのは気のせいでしょうか

というのも、最大化表示しないとフル機能が利用できないのはあまり良い選択とは言えないからです。それならば普通にChromeで検索して利用できる電卓の方が便利に使えます。

 

標準の電卓アプリ使用レビュー

Chromebookに標準で搭載されている電卓アプリは普通の電卓アプリなのですが、これが意外と高機能だったりするので、これさえあれば特に問題ないと感じます。

標準(縦表示)で開くと、掛け算、割り算、足し算、引き算といった単機能しか利用する事ができませんが、最大化表示に切り替えると(横表示)フル機能を利用できる優れ物になります。

日常生活では電卓のフル機能を利用する事はあまり無いと思いますから、必要に応じて臨機応変に最大化してフル機能を利用できるのは重宝します。

 

スポンサーリンク

Chromebook 電卓はChrome検索便利ツールも活用

ここでは、Google Chromeで検索して利用できる電卓についての紹介になります。Chrome検索便利ツールの1つに機能なので、他の機能も便利に活用できます。

Chrome検索便利ツールの電卓

Chromeブラウザで、「電卓」や「1+1」とキーワード検索すると正に電卓というページが表示されます。しかも数式を入力した場合ではちゃんと計算されて結果まで表示してくれます。

これならば、ブックマークしておけば、電卓アプリを利用しなくても、いつでも便利に使えると思います。Chromeで検索するだけで便利に使えるツールも覚えておくと損はないと思います。

あえて言えば、関数には対応しているのにも関わらず、メモリーには対応していないので、ウ~ンどうなんだろうか?と感じます。

 

Chrome検索便利ツールの電卓使用レビュー

① 操作感
Chromeの検索で利用できる電卓の場合では、基本的に画面上に表示されているキーをクリックして入力&計算する事になるため、マウスを利用するのが賢明の選択になります。

これをタッチパッドで操作すると便利とは言えないですし、非効率的だと感じます。

 

② キーボード入力
実はキーボード入力にも対応しています。計算結果が表示されている場所をクリックした上で数字キーを押すとちゃんと数値が入力されます。演算子も入力できるので普通に使えますが、便利ではないと思います。

 

③ Chromebook 2in1 が便利
Chromeで検索便利ツールの電卓を使う場合では、タッチ操作に対応しているChromebook Lenovo IdeaPad Duetのような2in1ノートPCが最適に感じます。マウスよりも直感的な操作が行えるので余計な手間が掛かりません。

 

Chromebook ブックマークメモはChrome拡張機能を活用(どこでもメモ)
皆さん こんにちは! Chromebookに限らずPCで、ちょっとしたメモやURLリンクを保存する場合もありますが、この場合では一時的な物であればメモ帳を利用しています。 でも、メモ帳の場合ではURLをコピーしてもリンク...

 

Chromebook 検索便利ツールは活用できる

ここでは、Chromeブラウザで利用できる検索便利ツールの活用についての紹介になります。メインで利用しているPCでも利用できるので便利に使えるのではないでしょうか?

Chrome 検索でGoogle翻訳

Chrome検索窓で「翻訳」と入力して、Enterキーを押すと、翻訳が表示されます。この機能が一番使っていると感じるぐらいに良く使っています。

拡張機能でもGoogle翻訳を利用できるのですが、拡張機能よりも便利に利用できるので重宝している便利ツールです。因みに検索ページはとてもシンプルなので見やすいです。

 

Chrome 検索で天気予報

Chromeの検索窓で「天気」と入力してEnterキーを押すと、自宅の住所が含まれる場所の天気予報が表示されます。これならば、別に天気予報アプリをインストールしなくても良さそうに感じます。

しかも週間天気予報気温(最高気温、最低気温)も表示されますし、降水確率のタブをクリックすると週間の降水確率も表示できるので役立ちます。

何せChromebookの場合ではウィジェットが標準で利用できないため、天気予報アプリをインストールしなくても便利に使えそうに感じます。

 

Chrome 検索で渋滞情報

Chromeの検索窓で「渋滞」と入力してEnterキーを押すと、自宅の住所が含まれる場所も含めた渋滞情報がマップで表示されます。マイカーでお出かけする場合に確認できるので良いです。

表示されている地図をクリックすると、ルート検索も含めてGoogleマップを利用する事ができます。