Chromebook Smart LockやPINコード設定方法(ログイン・ロック解除)

スポンサーリンク
Chromebook use

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを起動する場合では、基本的にGmailパスワードを入力してログインする事になりますが、必ずしも最適な方法とは言い難いのが実情になります。

何故なら、パスワードが長い文字数の場合では流石に毎回のように入力するの?といった感じになりますし、そもそもパスワードって何だっけかな?といった感じで忘れてしまっている場合もあるからです。

このような場合ではもっと簡単にスマートにログインできた方が便利ですし、快適なChromebookライフとなります。

今回の記事は『Chromebook Smart LockやPINコード設定方法(ログイン・ロック解除)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ログイン方法は3種類から選択できる

Chromebookを起動時では3つのログイン方法があります。どれが良いのか?は個々の判断にお任せとなりますが、便利さで考慮するならば、PINコードが最適に感じます。

Gmailパスワード入力(基本)

基本的にはGmailのパスワードを入力してChromebookにログインします。

パスワードの文字数が長い場合では、毎回パスワード入力するのは大変ですし、煩わしさもあるので、最適な選択とは言い難いのが実情になります。

とはいえ、パスワード入力の場合では、必要に感じている時に思い出せないという、まさか?の展開も実際にあるので、十分に役立つログイン方法です。

可能ならば、別の方法にてログインするのが賢明の選択になります。

 

Androidスマホ連携のSmart Lock

Androidスマホを利用してChromebookのロック解除も選択できます。この場合では、予めChromebookにスマホを接続しておく必要があります。

その上で、ChromebookとAndroidスマホで利用するGoogle Chromeを同じGmailアドレスでログインとなります。

この事に気が付かないと、Smart Lockを設定したのにも関わらず、実際にはログインできないじゃないか!と困惑する展開に陥ります。

因みに、Bluetoothを利用するため、Chromebookとスマホは両方ともONにしておく必要があります。

 

6桁のPINコードも便利

全てにおいて一番スマートに感じる事ができるのがPINコードによるログイン方法なのではないか?と個人的に考えます。

予め設定を開いて、6桁のPINコードを先に登録した上で、PINコードを利用できる設定変更を行う必要があります。設定はとても簡単です。

 

スポンサーリンク

Chromebook Smart Lock解除の設定方法

Chromebookを起動時にログインする場合にAndroidスマホを利用して、Smart Lock解除にてログインする場合の設定方法の紹介になります。

Androidスマホが必要

① Androidスマホ
Smart Lockにて、Chromebookにログインするには、Androidスマホが必要になります。

 

② Chromebook接続
設定を開いて、接続済みデバイスにあるAndroidスマートフォンからChromebookに接続します。

 

③ Gmail
Chromebookと同じGmailアドレスにて、Androidスマホにログインします。

 

④ Bluetooth
ChromebookでSmart Lock解除ではBluetoothを利用するため、BluetoothをONにします。

 

⑤ スマホ起動
Smart Lock解除では、Chromebook の近くにロック画面になっていない状態のAndroidスマホが必要です。

 

Smart Lockの設定方法

① 先に行っておく事
AndroidスマホがChromebookと接続してある状態になっている必要があります。

 

② 設定を開く
右下に表示されている時刻をクリックして、設定を開きます。

 

③ 接続済デバイス(スマホ)
接続済デバイスに、現在接続されているAndroidスマートフォンの機種名が表示されているので、ここをクリックします。

 

④ スイッチON
Smart LockのスイッチをONにします。これで設定完了

 

実際にSmart Lock解除を試してみる

Smart Lockの設定が完了すれば、いつでもAndroidスマホとの連携でSmart Lock解除が行えるようになります。後回しにするのではなく、その場で再起動して実際にやってみる事をお勧め致します。

後回しにすると、上手くログイン出来なかったりする場合があるので、早めに済ませておいた方が無難です。それに一度、ちゃんとログインしておけばコツも掴めます。

 

スポンサーリンク

Chromebook PINコードの設定方法

Chromebookを起動時にログインする場合では、Gmailパスワード入力 及び Smart Lock解除による方法を選択できますが、これとは別にPINコードでもログインできます。

PINコード登録方法

① 設定を開く
設定を開いたら、ユーザーをクリックします。

 

② セキュリティとログイン
ユーザーを開いたら、セキュリティとログインをクリックします。

 

③ パスワード入力
Gmailパスワードを入力します

 

④ スリーブモードからの復帰時にロック画面を表示
「パスワードのみ」になっているので、「PINまたはパスワード」に変更します。

 

⑤ PINを変更
PINを変更をクリックして、6桁のPINコードを入力して登録します。

 

PINコード登録(補足事項)

PINコードを登録しても起動時ログインで6桁のPINコード入力が行えません。何故か?と言うと、PINコード入力を行う設定をしていないからです。

これを行うには「スリーブモードからの復帰時にロック画面を表示」で、「PINまたはパスワード」を選択する必要があります。

 

PINコードが最適なログイン方法

最速でChromebookにログインしたい場合では、PINコードを登録した上で、PINコード入力する変更を行うのが賢明の選択になります。

たぶん、このPINコード入力が最速でログインできるのではないか?と感じます。

 

Chromebook 初期設定後はSmart Lock解除の設定を
皆さん こんにちは! Chromebookを購入したら初期設定を行いますが、初期設定後はどのような事を行いますか?基本的に起動してログインするとGoogle Chromeが起動するので、ネット閲覧や動画視聴といった事を行ってし...

 

Chromebook Smart Lock解除、PINコード入力でログイン

Chromebookを起動時に利用するSmart Lock解除、PINコード入力の設定を行った場合では、実際に本当に設定が行えたのか?確認すると思います。

Smart Lock解除でログイン

① Androidスマホの準備
Androidスマホを手元に持って来た上で、スマホのロックを解除しておきます。

 

② 電源ON 及び パスワード入力
Chromebookの電源ONにして起動し、パスワード入力を求めて来る画面を表示します。この状態で鍵マークが黄色から緑色に変わったらEnterキーを1回押します。

 

③ 利用できない場合
稀に何かの事情でSmart Lock解除が利用できない場合もあるため、この場合ではGmailパスワード入力にてログインする事になります。

 

④ 2~4秒待つ
Enterキーを押してから2~4秒ぐらい経過すると、Chromebookにログインして、Google Chromeが起動します。

 

PINコード入力でログイン

6桁のPINコードを登録した上で、「PINまたはパスワード」を選択している場合では、Chromebookの電源をONにすると、PINコード入力の画面が表示されます。

Androidスマホ連携によるSmart Lock解除は出来ないのかな?と思う場合もあますが、この場合では、「パスワードに切り替える」をクリックすると、行えるようになります。

但し、予めAndroidスマホは起動してある事が前提となります。

 

PINコード 及び Smart Lock 併用が最適

Chromebookにログインする場合では、3種類のログイン方法を選択できますが、おそらくPINコードによるログインが最適なのではないか?と感じます。

とはいえ、うっかり6桁のPINコードを忘れてしまう事も否定できないため、PINコード 及び Smart Lock解除の両方が行えるようにしておいた方が無難な選択になります。