Chromebook ランチャーのアプリを並び替えるカスタマイズ方法

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookでアプリを利用する場合では、よく使うアプリをシェルフに固定して起動する場合が多いです。この場合ではランチャーよりもシェルフを利用するパターンになります。

でも、これはあくまでも2in1に対応していないChromebookの場合になるのでは?と思います。というのも、2in1 Chromebookの場合ではタブレットモードのデスクトップ画面を利用できるからです。

デスクトップモードとタブレットモードの違いは何かな?と言えば、デスクトップ画面 及び 操作方法が若干異なります。どっちが便利なのか?は使用者に判断にお任せとなります。

今回の記事は『Chromebook ランチャーのアプリを並び替えるカスタマイズ方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ランチャーとシェルフについて

Chromebook 2in1 を除いて基本的にデスクトップ画面にアプリのアイコンを配置できないため、壁紙を堪能して楽しむデスクトップ画面となります。

アプリ一覧のランチャー

アプリはどこから起動すれば良いのか?というと、基本的にはランチャーに格納されています。ランチャーは🔎ボタンを1回押した上で、キーワード検索の上に表示されている矢印をタップクリックすると表示できます。

キーボード・ショートカットの組み合わせでも表示できますが、押すタイミングによっては上手く表示できない場合もあるので、こればっかりは何度か実際に試してみて自分のタイミングに慣れるしか方法がないのでは?と思います。

あと、ランチャーに格納されているアプリを右クリックするとシェルフに固定することができます。

 

よく利用するアプリはシェルフに固定

Chromebookを利用する上で、よく使うアプリも実際に出て来る訳ですが、この場合もランチャーを開いて起動するのか?というと、そんな面倒な作業はしたくないです。

よく利用するアプリはシェルフに固定すると便利に使えます。ランチャー内に格納されているアプリのアイコンを右クリックしてシェルフに固定します。

シェルフに固定したアプリはドラッグ&ドロップで簡単に並び順を変更できます。また、一度固定したアプリをやっぱりシェルフから解除したい場合はタッチパッドを右クリックして解除できます。

 

タブレットモード

Chromebookタブレットモードに限って言えば、よく使うアプリをシェルフに固定しても、あまり役立たない感じになります。

何故か?と言うと、デスクトップ画面がランチャーとシェルフが合体しているバージョンなので、シェルフがオマケ的な要素に成り下がっている状態になるからです。

2in1に対応したChromebookはタブレットモードで利用した方が便利に使えると思います。

 

スポンサーリンク

Chromebook アプリ一覧のランチャーはカスタマイズできる

Chromebookのアプリは基本的にランチャーを開いて利用する事になりますが、よく利用するアプリに限って言えば、シェルフに固定して起動した方が便利に使えます。

ランチャーのデメリット

2in1に対応していないChromebookの場合では、デスクトップ画面にアプリのアイコンやウェブページのショートカットを配置できません。

そのため、よく利用するアプリはシェルフに固定して、ワンタップで起動できるようにするのが賢明の選択になります。

基本的にシェルフには、いくつでもアプリを固定できるのですが、シェルフ内でカーソル移動になってしまう場合があるので実際にはシェルフに固定するアプリは厳選が必要です。

となると、厳選に漏れてしまったアプリはランチャーから起動する事になりますが、自分にとって最適な並び順になっていないので使い勝手が悪いです。

 

一発でランチャーが開かない

ランチャーのデメリットと言えば、🔎(検索ボタン)を押しても一発でランチャーが開かないのもデメリットの1つになります。ランチャーを開くには基本的に2段階表示になるので、イマイチに感じます。

でも、一発で表示する方法も有るのですが、押すタイミングによっても上手く表示できる場合とできない場合があるので慣れも必要になります。

その方法は、キーボード・ショートカットの「Shift + 🔎」を同時に押すと、ランチャーを表示できますが、タイミングも関係します。

 

Chromebook キーボード・ショートカット一覧の確認方法
皆さん こんにちは! ChromebookはノートPCなのでキーボードも搭載されていますが、このキーボードはどのように活用しているのでしょうか?キーボードは文書作成する場合にローマ字入力するだけなので活用と言われても・・・と思...

 

ランチャーはカスタマイズできる

ランチャー内にあるアプリのアイコンが自分にとって最適な並び順ではない場合では、探す手間が発生します。このような場合では使い勝手にも影響を及ぼす事になります。

必要に応じてアプリの並び順は変更した方が良いです。え?変更できるの?と思うかも知れませんが、バッチリ変更できます。

例えば、シェルフに固定しているアプリの場合では、ランチャー内は最初のページに表示しなくても良いので、一番後ろに移し替えるのも1つの方法になります。

この作業をタッチパッドで行うのは大変なのでマウス必須になると思います。

 

スポンサーリンク

Chromebook ランチャーのカスタマイズ方法

Chromebookには2つのデスクトップモードがあります。2in1に対応している場合はクラムシェルであればディスプレイを190度以上回転させる。デタッチャブルであればキーボードを取り外す事で自動的にタブレットモードに切り替わります。

デスクトップモードはマウスを準備

2in1に対応していないChromebookの場合ではデスクトップ画面はデスクトップモードになります。この場合では、アプリのアイコンがデスクトップ画面(壁紙)に配置できません。

アプリ一覧であるランチャーを開く 又は シェルフを利用する事になります。

ランチャー内にあるアプリのアイコンを自分好みにカスタマイズする場合では、タッチパッドでドラッグ&ドロップを行えば良いのですが、以外と大変です。

この作業においては、PCマウスを接続して行った方が圧倒的に便利です。因みにWi-Fiワイヤレスマウスを利用する場合では別途USB Type-Cハブを利用してマウスのUSBレシーバーを挿し込む事で利用できます。

 

タブレットモードはタッチ操作でOK

2in1に対応しているChromebookの場合では、タブレットモードを選択できるようになります。タブレットモードのデスクトップ画面はランチャーとシェルフと壁紙の合体バージョンになります。

いきなりキーワード検索してウェブページを表示したり、アプリ一覧から起動したいアプリをタップして利用する事ができる素晴らしいデスクトップ画面になります。

この素晴らしい状態なのに、アプリが自分にとって最適な並びになっていない場合では使い勝手にも影響が出るので必要に応じて並び順を変更する場合もあります。

この場合ではディスプレイ上でドラッグ&ドロップのタッチ操作を行うのが賢明の選択になります。何故か?と言うと、別途マウスを接続しなくても良いので簡単です。

 

タブレットモードの一長一短

全てにおいて素晴らしいと感じる2in1 Chromebookのタブレットモードになりますが、1点だけイマイチに感じる部分があります。

それはシェルフです。タブレットモードではシェルフの利用価値がほとんどない状態になってしまうのである。ワンタップで直ぐに起動できるので確かに便利なのですが、シェルフの位置を左右に変更できないので、ちょっと使い勝手が良いとは言えません。

 

Chromebook アプリ一覧のランチャーは整理整頓も必要

ハッキリ言って、デスクトップモードをメインで利用する場合ではアプリ一覧のランチャーを利用する機会は圧倒的に少ない感じです。使うとすればアプリを固定するぐらい。

ランチャーの整理整頓は必要?

あまり利用する機会が少ないのにランチャー内にアプリを並び替える必要はあるのかな?と言うと、その必要はないと思います。全くと言って良いほど使っていないのですから、そんな面倒な事はやらない方がマシです。

でも、Androidアプリをインストールしたは良いけど、現在は全く使っていない場合もあります。このような場合では整理整頓した方が良いと考えます。

特にランチャー内のアプリ一覧が2~3ページに渡っている場合では、実際に利用する時に探す手間も発生するので、この事を考慮すると、ある程度、最低限の整理整頓は行っておくべきかも知れません。

 

タブレットモードを利用する場合

デスクトップモードではなくタブレットモードの方をよく利用するのであれば話は別になります。デスクトップ画面でランチャーを利用できるので、シェルフに固定しているアプリは一番後ろに配置するといった並び替えを行った方が良いです。

そうしないと、余計な手間を掛ける事になるので効率的ではないです。また、インストールしたは良いけど今は使っていないアプリもアンインストールする等も同時に行って、なるべく余計な操作を行わないように配慮する事も忘れずに行うのが賢明です。