Chromebook Androidアプリが利用できるメリット&デメリット

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookのメリットは何だろうか?と思ったら真っ先に思い付くのは比較的に安価で購入できるノートパソコンになると思います。

価格面は全く考慮しない場合では、PC版Google Chromeが搭載されている事も重要な要素となります。何故か?と言うと、モバイル版Chromeの場合では拡張機能が利用できないデメリットが発生するからです。

PC版Chromeであれば拡張機能が利用できるのでダークモードやPicture in Pictureといった拡張機能を利用できるようになります。でも、実はAndroidアプリも使えるのである。

今回の記事は『Chromebook Androidアプリが利用できるメリット 及び デメリット』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookの特徴

Chromebookの特徴を挙げるとすれば、PC版Chromeを搭載していて、Androidアプリも利用できて、データはクラウドに預ける仕様になっているノートPCという表現になります。

Chrome OS 搭載

ChromebooにはChrome OSが搭載されています。Chrome OSの特徴としては、データはクラウドに預ける仕様になっている事に尽きます。

そのため、Chromebookの本体ストレージは少なめの仕様になっている場合が多いです。重要に感じているデータをクラウドに預けるのが不安に感じている場合は逆に向いていないと思います。

このように感じている場合では、Chromebookを購入しない方が賢明の選択になります。

 

Chromebookにログインする場合

Chromebookにログインする場合では基本的にGmailパスワード入力となりますが、Androidスマホを所持している場合では、Bluetooth連携してログインできます。

この場合では、Enterキーを押すだけでログインできるので簡単ですが、その反面、Smart Lock解除の設定方法がそんなに簡単ではない現実が待ち構えています。

さらに、ちょっと大変に感じるSmart Lock解除を設定した場合でも、そんなにスマートに感じないので、どうかな?と思います。

個人的にはPINコードによるログイン方法が一番スマートでかつ、最速でログインできるので最適に感じています。

 

Google Chrome

Chromebookには、PC版Google Chromeが搭載されているため、Chrome拡張機能を利用する事ができます。この機能があるお陰で、Chromeをパワーアップする事ができるようになります。

それに引き換え、iPadでも利用できるモバイル版Chromeの場合では拡張機能が利用できないため、物足りなさを感じます。

特にYoutube動画をPicture in Pictureする場合ではChrome拡張機能を利用した方が圧倒的に便利に利用できるため、この恩恵を堪能する事ができます。

 

スポンサーリンク

Chromebook Androidアプリが利用できるメリット

Chromebookの場合は基本的にGoogle Chromeでアレコレ行って作業を完結するノートPCになりますが、Androidアプリも利用できるメリットがあります。

Androidアプリが使える

Chromebookの場合ではChrome拡張機能が利用できるメリットを活用する事ができますが、それでも流石にChromeだけでアレコレ全てをこなすには物足りなさがあります。

この物足りなさを埋める手段として、Androidアプリを利用できるのは十分に魅力的に感じます。というのも、ウェブページを利用する場合に使う事になるブラウザはChromeになりますが、Androidアプリを利用すれば、他のブラウザも利用できます。

Chromeを使い慣れていない場合も有るので、その場合は自分にとって使いやすいアプリを利用した方が便利に感じます。

 

ファイル転送

Androidアプリが利用できるメリットとしては、ファイル転送もあります。ChromebookとWindows PC間でのファイル転送を行う場合ではUSBケーブルによる転送が行えません。

Sendanywhereなどのファイル転送アプリを利用すれば、Androidスマホ、iPad、Windows PC間でファイル転送が行えるようになります。

どのデバイスで使っても操作方法が同じなので使いやすいです。

 

インストールやSNSとの連携

スマホでTwitterなどのSNSアプリを利用していると思いますが、大画面で見たい場合もあります。このような場合ではChromebookは最適に感じます。

PlayストアでSNSのAndroidアプリをインストールできるため、投稿などの入力にキーボードを利用できるので便利ですし、閲覧する場合も大画面なので見やすいです。

色々なアプリをスマホの感覚でインストールできるのが良いと思います。

 

スポンサーリンク

Chromebook Androidアプリが利用できるデメリット

ChromebookでAndroidアプリを利用するメリットが有るという事は、その反対にデメリットも有ります。具体的にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

全てのAndroidアプリに対応していないデメリット

ChromebookでAndroidアプリが利用できるのでラッキーと思いますが、このように考えるのは時期尚早になります。何故か?と言うと、全てのアプリが利用できる訳ではないからです。は?と思うかも知れませんが、これが現実です。

例えば、Androidスマホとスマートウォッチを連携して活用する場合では専用アプリを利用してペアリング設定する事になりますが、このアプリは残念ながらChromebookには対応していません。

Chromebookで利用できるPlayストアのバージョンがAndroidスマホと同じではないらしく、検索するとインストールできない旨のメッセージが表示されるのである。

アプリをインストールするには、どうしてもPlayストアを利用しないといけないため、専用アプリが使えないとペアリングも行えないという裏返しとなります。

 

ウィジェット

利用できないと言えば、ウィジェットも該当します。基本的にChromebookの場合ではノートPCでの利用はデスクトップにファイルやアプリのアイコンが配置できないようになっています。

そのため、デスクトップ画面で利用できるウィジェットも同様に配置できないので利用できないのである。タブレットモードではどうなのか?と言うと、こちらの場合も同様に利用できません。

因みにAndroidアプリのTaskbarをインストールすればウィジェットも利用できるようになります。

 

Chromebook ウィジェットはChrome拡張機能の活用で対応できる
皆さん こんにちは! iPadではホーム画面にウィジェットを固定できますし、ロック画面でも利用できるので便利に使う事ができます。それに対して、Chromebookではどうやって配置するのかな?といった感じになります。 と...

 

横画面表示に対応していない

Androidアプリが利用できるのに、どうしてデメリットも有るのか?についての紹介になります。普通であればメリットの筈なのですが、逆にデメリットにもなると言う意味になります。

例えば、基本的にスマホの画面で利用する事になるため、必ずしも横画面表示に対応しているという訳ではないのが1点。

さらには、最大化表示して全画面モードにできるのですが、全画面にした場合でも文字の大きさも拡大するという訳ではないので、余計に小さく感じるのである。

ハッキリ言って、これでは全画面表示にしても実際の使い勝手は逆に悪くなるのではないか?というのが個人的な見解になります。

良い例が、Androidファイル転送アプリのSendanywhereになります。

 

Chromebook Android 連携活用

ChromebookでAndroidアプリを利用できると連携活用も行えるようになりますが、実際には利用するとウィンウィンとは言えない場合もあります。

Androidスマホとの連携活用が現実的

どうしてもAndroidとの連携活用に拘るのであれば、Smart Lock解除にてChromebookにログインする選択が最適なのでは?と感じます。確実にスマホと連携できるので、ちゃんと活用していると実感できます。

でも、実際にはSmart Lock解除という割にはそんなにスマートなログイン方法ではない事実に気が付くので、ログインするのであればPINコードが最適に感じます。

 

Androidゲーム活用について

Chromebookをゲーム用途に活用したいと考えているのであれば、たぶん難しいのでは?と感じます。何故か?と言うと、非力なCPUや性能になっている場合が多いからです。

iPad並に高性能なCPUやグラフィック性能であれば、ゲーム用途に活用しても問題ありませんが、iPadよりも安価で購入できるタイプを購入した場合はゲームに不向きだと思います。

 

AndroidアプリよりもChrome活用を

全てのAndroidアプリに対応している 及び 横画面表示にも対応しているのであれば、ChromebookでAndroidアプリを利用したくなりますが、現在のところ、そのようになっていないので、Chromeを便利に活用した方が良さそうに感じます。

Chrome拡張機能も利用できるので、足らない機能を追加できるようになっていますから、Androidアプリに頼らなくても便利に使えるように努力する事も必要になります。