Chromebook PCスマホとの連携活用&ファイル転送方法

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookで画面全体や任意の画面の一部分をハードコピーした場合では、そのままChromebookで活用しても良いですが、たぶんメインで利用しているPCで活用する場合も有ると思います。

また、スマホの写真をChromebookに転送して閲覧するといった使い方もしたい場合もあります。このような他デバイス間でファイルの転送を行う場合はどのように行えば良いのでしょうか?

基本的にUSBケーブルがあればファイル転送も問題ないのですが、PC同士をUSBケーブルで接続しても上手くファイル転送できないと思います。

今回の記事は『Chromebook PCスマホとの連携活用 及び ファイル転送方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook PCスマホ間の連携活用&ファイル転送方法

ここでは、ChromebookとAndroidスマホ、Windows PC、iPad間でファイルを転送する場合はどのように行えば良いのか?についての紹介になります。

Chromebook と Androidスマホ間

Chromebook Androidスマホ間の転送方法としては大きく分けて2種類の方法があります。Androidアプリを利用する又はUSBケーブルを利用する。

どっちの方法が良いのか?は賛否両論となるため、個々の判断で決めていただくしかありません。自分にとって最適に感じる方法で作業すれば良いと思います。

 

Chromebook と iPad 間

iPadとChromebook間でファイル転送する場合では基本的に3種類の方法にて行う事になります。1つはUSBケーブル。2つ目はファイル転送アプリを利用する。3つ目はメール添付。

一番簡単に感じるのはUSB Type-Cケーブルを接続する方法になります。iPadにUSBケーブルを接続すると「このデバイスに写真やビデオへのアクセスを許可しますか?」とメッセージが表示されるので「許可」をタップします。

そうすると、ChromebooKのファイルアプリが開いて、iPad内の写真フォルダにアクセスできるようになります。

 

Chromebook と Windows PC間

ChromebookをサブPCの用途で利用している場合では、必要に応じてメインで利用しているWindows PCなどのパソコンにファイルを転送する場合もあります。

このような場合ではどのようにファイル転送を行えば良いのでしょうか?スマホであればUSBケーブルを接続すれば簡単にストレージにアクセスできますが、PC間の場合はそんなに簡単ではないです。

WindowsとChromebookの両方に対応しているファイル転送ソフトを利用するのが賢明です。

 

スポンサーリンク

Chromebook Androidスマホとのファイル転送

ここでは、Chromebook Androidスマホとのファイル転送についての紹介になります。既にSmart Lockを利用している場合ではUSBケーブルを利用しなくても

USBケーブル接続の場合は注意

USBケーブルを利用してAndroidスマホに保存されている写真などのファイルをChromebookに転送する場合では、接続しても何もアクションがありません。ファイルを開いてもAndroidスマホのストレージを開けないのである。

というのも、普通にUSBケーブルを接続する場合では充電での利用になっている場合が多いため、スマホ側でUSBの設定を開いて変更する必要があります。

通知エリアを表示して、「このデバイスをUSBで充電中」と表示されていたら、タップして開いてUSBの設定をファイル転送に変更します。

 

USBケーブル接続にてファイル転送

スマホのUSB設定をファイル転送に変更すると、ChromebookのファイルでAndroidスマホのストレージにアクセスできるようになります。

基本的に全てのフォルダにアクセスできるようなるので、逆に注意も必要になります。

必要なのは写真や画像などが保存されているDCIMやMoviesフォルダ、Musicフォルダの場合が多いため、これらのフォルダにアクセスするのであれば特に問題ありません。

でも、他の関係ないフォルダにも簡単にアクセスできてしまうのでUSB接続にてファイル転送するのは一長一短があります。

 

写真ファイルに限定したい場合

写真などの画像ファイルに限定して、スマホとChromebook間でファイル転送したい場合は、USBケーブルではなく、ファイル転送アプリを使った方が良いです。

他のフォルダにはアクセスできないので、間違って触ってしまう事もありません。

 

スポンサーリンク

Chromebook Windows PCとのファイル転送

ここでは、Chromebook とWindows PC間のファイル転送方法についての紹介になります。Androidアプリのファイル転送アプリを利用する方法の内容となります。

USBケーブル

AndroidスマホとChromebook間でファイル転送する場合ではUSB Type-Cケーブルがあれば自由自在にファイル転送が行えますが、ChromebookWindows PCをUSBで接続しても意味がありません。

何故か?と言うと、Windows PCが充電デバイスとして認識されてしまうので、ファイル転送する事ができないのである。

そのため、別の方法にてファイル転送を行う必要性に迫られます。因みに、USBケーブルを挿し込んでも接続されないので利用できません。

 

ファイル転送アプリ

Chromebookから他のデバイスにファイル転送するのであれば、メール添付する方法とファイル転送アプリを利用する方法があります。

Gmailであれば、メインで利用しているじGmailアドレスがChromebookと同じであれば、添付送信しなくても下書きとして保存しておくだけでも良いと思います。

その他にはファイル転送アプリも利用できます。幸いな事にChromebookの場合はAndroidアプリも利用できるため、他のデバイスとも連携できる同じアプリを選択することが可能です。

どちらの方法が自分にとって最適なのか?は実際にやってみて判断するのが最適です。

 

Androidアプリ補足事項

ChromebookはAndroidアプリにも対応していますが、全てのアプリに対応していないため、必ずしも利用できるという訳ではありません。

特にスマホの場合は縦画面表示が多いですから、Chromebookにそのまま縦画面を表示しても便利に使えるという訳ではないと思います。その辺の事情も含めて考慮した方が良いです。

 

Chromebook AndroidスマホでSmart Lock解除
皆さん こんにちは! Androidスマホを所持している場合では、Chromebookとも連携活用できるので相性が良いと感じます。具体的にはどのような連携になるのか? Chromebookを起動した場合にAndroidス...

 

Chromebook Wi-Fiファイル転送アプリが便利

Chromebookから他のデバイスに写真などのファイルを転送する場合ではWi-Fiファイル転送アプリを選択する事になりますが、Sendanywhereじゃなくても問題ありません。

Gmailにて転送

ファイル転送アプリを利用しないでGmailにてファイルを転送する方法もありますが、この方法は利用していません。

メインで利用しているWindows PCとChromebook 及び Androidスマホは同じGmailアドレスなのですが、iPadは異なるアドレスなので添付送信しないで下書きという方法が使えないのである。

そのため、余計に面倒に感じる事もあり、ファイル転送アプリのSendanywhereを全てのデバイスにインストールして活用しています。

 

ファイル転送アプリ Sendanywhere

Android、iPad、Windows PCに対応しているファイル転送アプリと言えば、筆者の場合はSendanywhereを利用しています。

送受信する場合では6桁数字の発行キーを受信側で入力するだけで簡単にファイル転送が行えますし、何かと邪魔に感じるUSBケーブル不要で送受信できるので重宝しています。

因みにChromebookでこのアプリを利用すると基本的には縦画面表示なので、文字がとても小さいです。最大化すると全画面表示になるのですが、文字の大きさは全く同じなのでウ~ンといった感じになります。