Chromebook 2in1 タブレット使用は仮想デスクトップの活用を

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

2in1 ChromebookのLenovo IdeaPad Duet を利用している場合では必要に応じてキーボードを着脱できるのが魅力の1つになりますが、タブレット端末として使う場合ではアプリの切り替えも行う事があります。

ノートPCとしてアプリを切り替える場合では、シェルフを常に表示に設定しておけば、Chromeなどのアプリを使っていても、よく利用するアプリをシェルフに固定しているのでタッチパッドを操作してクリックすれば良いです。

キーボードを取り外した状態ではシェルフが非表示になってしまうので、どうやって他のアプリに切り替えれば良いのだろうか?と思ってしまいます。

今回の記事は『Chromebook 2in1 タブレット使用は仮想デスクトップの活用を』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 タブレットモードで使う場合

Lenovo IdeaPad Duetなどのキーボード着脱タイプの2in1 Chromebookでタブレットモードを利用する場合ではキーボードを取り外す必要があります。

Lenovo IdeaPad Duet タブレットモード

IdeaPad Duetをタブレット端末として利用する場合では、キーボードを取り外す事で簡単にタブレットモードを利用する事ができます。

取り外すと自動的にタブレットモードのデスクトップ画面が表示されるのである。このモードの場合では、アプリ一覧であるランチャー、よく使うアプリのアイコンを固定できるシェルフ、お気に入りの壁紙が合体されたバージョンになります。

ちょっと見た目が、ガチャガチャ感があるのでスマートとは言い難いのですが、使い勝手は抜群に良くなります。

 

タブレットモードのデスクトップ画面

ノートPCとして利用する場合ではデスクトップ画面にアプリのアイコンやウェブページのショートカットを配置できないので、壁紙を堪能するだけになります。

それに対して、タブレットモードではアプリ一覧のランチャーシェルフが完全に合体している状態になるため、ピンポイントで利用したいアプリを起動できます。

 

タブレットモードのデスクトップ操作

タブレットモードのデスクトップ操作はどのようになるのか?と言うと、ランチャー操作は上下にスワイプするタッチ操作になります。

シェルフは普通にいつものように操作すればOK。Chromeでウェブページをキーワード検索する場合では、いきなりキーワード入力すれば良いです。

キーワード入力をタッチすると画面キーボードが表示されるので音声入力や手書き入力、キーボード入力を利用できます。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 タブレットモードでのアプリ切り替え

タブレットモードを利用している場合では、どうやってアプリを切り替えれば良いのでしょうか?特にGoogle Chromeを利用している場合ではYoutubeアプリを使う時に最小化や終了ボタンが無い事に気が付きます。

アプリ切り替え方法

Chromeを使っている時にアプリを切り替えようとした場合では最小化や終了のアイコンが無い事に気が付きます。どうやってデスクトップ画面に戻るのか?又は他のアプリに切り替える事が出来るのか?大いに悩みます。

方法としては2種類あります。1つはシェルフを表示。もう1つは仮想デスクトップを表示になります。どちらの方法が最適に感じるのか?は自分のみぞ知る領域なので個々の判断にお任せ致します。

 

シェルフを表示

Chromeを利用している状態でよく使うアプリのアイコンを固定しているシェルフを表示するには画面下側から持ち上げるようにちょこっとスワイプすると表示されます。

この操作はiPadのDockを表示する場合の操作と全く同じなので、iPadを利用している人は何も問題ないと思います。非表示にする場合は下側にスワイプすればOKです。

 

仮想デスクトップを表示

シェルフではなく仮想デスクトップを表示する場合は、画面下側から持ち上げるようにスワイプして、画面の中央で一旦停止すると表示できます。

素早くやってしまうとタブレットモードのデスクトップ画面が表示されてしまいますが、これでも良いと思います。ランチャーからアプリを起動した方が便利だからです。

何せディスプレイを上下にスワイプするだけで良いですから目的のアプリを素早く利用できます。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 仮想デスクトップでの操作

ここでは、アプリの切り替えが行える仮想デスクトップでの操作についての内容になります。あまり利用する機会がない場合もあるかと思います。

仮想デスクトップでの操作

① 最近使用されたアプリがない場合
最近使用されたアイテムはありません」と表示されます。この場合では画面をタップすると、元の画面に戻ります。

 

② アプリを終了する場合
仮想デスクトップを表示している場合でアプリを終了する時は、をタップ(クリック)する 又は 画面の上下に払うようにフリック(スワイプ)すれば消えます。上でも下でもどっちでも良いです。

 

③ デスクトップに戻る場合
仮想デスクトップを表示したはよいですが、やっぱりデスクトップ画面に戻りたい場合もあります。この場合はアプリが表示されていない場所をタップすれば戻ります。

 

仮想デスクトップ補足事項

① 徐々に小さく表示
1つだけアプリを起動している状態で仮想デスクトップを表示すると、大きな画面が表示されています。でも、複数のアプリを起動して表示すると、画面の中で2分割された感じで表示されます。

このように起動中のアプリが多ければ多いほど徐々にアプリ画面が小さく表示されていくのである。

 

② シェルフ
仮想デスクトップを表示している場合ではシェルフを非表示にする事はできません。非表示にしようと下側にスワイプしても、また飛び出てきます。

 

Chromebook 2in1 タブレットモード操作で使用が便利
皆さん こんにちは! 2in1 ChromebookのLenovo IdeaPad Duet を所持していますが、基本的には2in1といえどもノートPCの用途で利用する場合が多い感じです。 何故か?と言うと、何をするにも...

 

Chromebook 2in1 タブレットモードでシェルフを活用

Chromebook タブレットモードを利用する場合ではデスクトップ画面が便利に使えるのでシェルフはあまり重要性がなさそうに感じます。

ユーザー補助機能は程々が丁度よい

ユーザー補助機能をアレコレと利用している場合では、タブレットモードを利用すると、困った展開が訪れる場合があります。

何に困るのか?と言うと、シェルフが使いづらく感じるようになります。どれだけユーザー補助機能を使っているのか?によって、シェルフに固定されているアプリのアイコンが影響を受けます。

この機能を増やせば増やすほど一度に表示されるアイコンがどんどん減っていくのである。特に10インチサイズの2in1 ChromebookのLenovo IdeaPad Duetの場合ではシェルフに10個以上アプリを固定していると気が付くと思います。

 

画面キーボードはシェルフに固定した方が良い

画面キーボードの場合ではとてもシンプルでかつ操作性がイマイチに感じるのでタブレットモードでは、あまり利用したくないと感じるユーザー補助機能の1つに該当します。

それでも、この機能はタブレットモードではONにしておいた方が良いと感じます。その理由の1つとしては、キーボード・ショートカットを利用できるのが大きく影響しています。

ノートPCとして使っている場合では、ショートカットを利用する事もありますが、タブレットモードの場合でも画面キーボードを利用すれば使えるのです。

ショートカット一覧も何も問題なく表示できるので、タブレット端末として活用する場合では音声入力とキーボードはシェルフに固定した方が良いのでは?と感じます。