Chromebook 2in1 デスクトップ画面が便利に使える(タブレットモード)

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

ChromebookはノートPCですが、2in1で利用できるタイプもあります。Lenovo IdeaPad Duet のような2in1ノートPCの場合では、必要に応じて臨機応変にキーボードを着脱できます。

とは言うものの基本的にはノートPCスタイルで利用する機会が多いように感じます。というのも、キーボード・ショートカットが便利に利用できるので、キーボードを外してしまうと使い勝手が悪くなってしまうからです。

あえてタブレット端末として利用するメリットは何があるのかな?と考えてしまうのは気のせいでしょうか?と思いきや実はメリットがあります。

今回の記事は『Chromebook 2in1 デスクトップ画面が便利に使える(タブレットモード)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ファイルがデスクトップに置けない

Chromebookのデメリットは色々ありますけど、デスクトップにファイルやアイコンが置けない事に尽きるのではないでしょうか?

ファイルがデスクトップに置けない

基本的にChromebookはChrome OSを搭載しているノートPCになりますが、Windows PCと比べると、色々と異なります。特に本体ストレージが少ない場合の方が多いため、データをクラウドに預けるといった使い方に違和感を感じる場合もあります。

さらには、Windowsの場合ではデスクトップ画面にファイルやソフトのショートカットを自由自在に配置できますが、Chromebookの場合はファイルを配置できないです。

ファイルだけでなくアプリのアイコンも配置できないので、Chromebookでの使い方にも慣れる必要があります。

 

アプリのアイコンはランチャー

アプリ一覧であるランチャーにはアプリのアイコンだけでなく、ウェブページのショートカットを追加できます。ここに追加できるページの場合ではシェルフにも固定できるので、使い方によっては便利に利用できます。

また、アイコンの並び順もドラッグ&ドロップ操作で自由自在に位置を変更できるため、自分好みのランチャー表示に組み変える事ができます。

少しでも便利に使いたいと考えている場合では、このような小さな努力もやった方が良いです。

 

よく使うアプリはシェルフ

Chromebookではアプリを起動する場合ではランチャーから選択して起動となりますが、この場合では頻繁に利用しているアプリがイマイチに感じます。よく使うアプリはシェルフに固定して素早く起動した方が便利に感じます。

便利と言えば、🔎(検索ボタン)を押すとランチャーの一歩手間の画面が表示されますが、ここで最近使用したアプリが表示されるのでこちらを利用しても良いと思います。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 メリット&デメリット

ここでは、Chromebook 2in1 の一長一短についての紹介になります。Lenovo IdeaPad Duet を所持している関係で気になった事を紹介する内容となります。

2in1 デメリット(デスクトップ画面)

2in1 Chromebookの場合では、ノートPC利用とタブレット端末利用では壁紙のデスクトップ画面が異なります。前者の場合ではアプリのアイコンが壁紙に配置できないので本当に壁紙を楽しむだけといった感じ。

それに対して、タブレット端末モードの場合では、アプリ一覧のランチャーとシェルフ 及び 壁紙がドッキングした状態のデスクトップ画面になるため、何をするにしても便利に使えるといった感じ。

明らかにノートPCスタイルで利用した方が不便に感じるのである。

 

2in1 メリット

① タブレット端末
キーボードを着脱できるのでタブレット端末としても利用できるのが便利に感じます。特に、デスクトップ画面が素晴らしいぐらいに超何でもOK的な感じのする壁紙になっているため、不満に感じる部分はあまりないです。

このメリットを最大限活用するのであれば、システムメニューにユーザー補助機能を表示した方が良いと考えます。これを利用したからといって便利に感じる訳でもないのですが、それでも素早くアクセスするという観点においては役立ちます。

 

② ノートPC
キーボードをドッキングしている状態ではノートPCとして利用できますが、キーボード・ショートカットがとても快適に利用できます。

ショートカットメニューを知らなくても「ctrlalt/」を同時に押すと、キーボード・ショートカットの一覧が表示されるので、いつでも確認できるのが助かります。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 デスクトップが便利に活用できる

基本的にChromebookでは壁紙であるデスクトップ画面にはアプリのアイコンが置けないので本当に壁紙を楽しむといった感じになりますが、タブレット端末モードの場合は何でもOKといった感じのデスクトップ画面を利用する事ができます。

Chromebook 2in1のデスクトップ画面

Chromebook 2in1のタブレット端末(キーボードを外した状態)では、デスクトップ画面は超快適に感じるぐらいに素晴らしく感じる事ができます。

何故か?と言うと、デスクトップ画面がアプリ一覧のランチャーにシェルフがドッキングされている状態になるため、何でも有りといった感じ。

シェルフに固定されていないアプリも簡単にアクセスできるように上下のスクロールでアプリを表示できるので、とても快適に選択&起動できます。

 

Chromebook デスクトップ(壁紙)にファイルが置けない
皆さん こんにちは! ChromebookではWindowsやiPadと異なる部分も色々とありますが、その中でもデスクトップ(壁紙)画面も大きく異なります。 WindowsやiPadではアプリのアイコンを設置できるのです...

 

2in1タブレット・デスクトップ画面の一長一短

確かにとても素晴らしいと感じる事ができるのですが、タブレット端末モードの場合ではディスプレイを操作できるのは上下のスクロールのみになります。

左右にスワイプしようとしてもアイコンは何も動作しないのである。でも、キーワード検索もいきなり行える状態になっているので全てにおいて申し分ないです。

ノートPCモードでもこのようにしてくれると助かるのにな~と思ってしまうのは気のせいでしょうか?

あえて言えば、壁紙にアイコンが所狭しといった感じに並んでしまうのでを壁紙を楽しむ事ができないのがデメリットに該当するのでは?と考えます。

 

タブレットモードで行える事

タブレット端末モードのデスクトップ画面で行える事はアプリを起動、キーワード検索がメインとなりますが、壁紙の設定やシェルフを自動的に非表示or 常に表示の設定が行えます。

ウェブページを閲覧する場合では、キーワード検索をタップすると、画面キーボードが表示されますし、画面キーボードは手書き入力や音声入力にも対応しています。

 

iPadのDockのように使えるChromebookのシェルフ

iPadの場合では何かのアプリを起動している時に2画面分割やアプリを重ねて表示したりする時にDockを画面下側からスワイプして表示しますが、Chromebookでも同様にシェルフを表示できます。

シェルフは自動的に非表示、常に表示を設定できる

Chromebook を購入して、設定をあまり変更していない場合では、色々と不便に感じる場合が多いです。例えば、よく使うアプリを素早く起動する場合に役立つシェルフも該当します。

何も設定を変更していない状態だと、何かしらのアプリを起動している時はシェルフが常に表示になっています。この場合ではシェルフはディスプレイ画面をフルに使えないのである。

もし、これが嫌ならば、シェルフを自動的に非表示に設定するのが最適です。非表示の場合では、Chromeなどのアプリを起動している場合ではシェルフは表示されません。

必要になったら画面下側から持ち上げるようにスワイプして表示します。

因みに、この設定は何処で行うのか?と言うと、シェルフを右クリックして「シェルフを自動的に非表示」をOFF 又は シェルフを常に表示をONにするだけです。

 

iPadのDockとChromebookのシェルフの異なる点

基本的にはiPadのDockとChromebookのシェルフはあまり大差ないので、そんなに違いはないのですが、明確に異なる点というのは確かにあります。

それはアプリのアイコンを固定する事ができる個数になります。iPadの場合では、ディスプレイサイズによってDockに追加できるアイコンの個数も変わってきます。

それに対してChromebookの場合では基本的に、いくつでも固定する事ができます。仮にChromebookにインストールされているアプリを全て固定した場合はどうなるのか?も気になると思います。

この場合ではカーソルが表示されてアプリを選択できるようになっています。でも、実際には、アプリを素早く起動できるのがシェルフなので、アイコンは少ない方が便利に使えます。