Chromebook 日本語IME ユーザー辞書 単語登録の方法

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookで文書作成する場合ではGoogleドキュメントを利用しますが、この場合では自分にとって最適な単語が変換されるという訳ではないです。

必要に応じて自分仕様(自分が求める単語が候補に表示)にする必要もありますが、この場合ではスマホユーザー辞書に単語登録した方が良いです。

ところがどっこい、そう簡単にユーザー辞書に単語登録が行えないのである。何故か?というと、簡単な場所にユーザー辞書へのアクセスがないので何処で登録すれば良いのかな?と悩んでしまいます。

今回の記事は『Chromebook 日本語IME ユーザー辞書 単語登録の方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook Googleドキュメントで文書作成

Chromebookで文書作成する場合では基本的にGoogleドキュメントを利用すると思います。Chromeから簡単に起動できるので便利に使えます。

Googleドキュメント

Chromebookで文書作成やメモ入力する場合に便利に使えるのがGoogleドキュメントになります。ChromeからGoogleアプリが利用できるので便利に利用できます。

アクセスするのも簡単ですし、利用できるアプリも豊富とは言えませんがピンポイントで便利なアプリなので、自分にとって最適に感じる場合も多いです。

特にGoogleドキュメントの場合は、Word文書と互換性があるので、Wordファイルをアップロードして直接編集したり、Word形式にダウンロードする事もできます。

 

文書作成する場合では日本語入力が重要になる

文書作成では自分にとって最適に感じる日本語入力じゃないと長文の文書作成の用途に使えません。厳密に言えば、使えるのですが、最適な変換ではないので入力作業の効率性も悪くなります。

可能ならば少しでも入力作業を効率化したい!と感じると思いますが、この場合に便利で重宝するのがユーザー辞書になります。

よくスマホではLineメッセージする場合に便利なのでユーザー辞書に単語を登録していると思います。これと同様にChromebookで長文の文書作成する場合では必要に応じてユーザー辞書の整備も行った方が良いです。

 

簡単ではないユーザー辞書への登録

ここで1つあれ?と思うのが、ユーザー辞書への登録が簡単ではないんですよね~。やたらと長い工程が待ち受けています。通常の基本的な方法では簡単にアクセスできないのである。

やっぱり応用力が無いと、やたらと長い工程を毎回のように行わないといけなくなってしまうので、単語リストを事前に用意して纏めて入力した方が最適に感じます。

 

Chromebook 単語登録のユーザー辞書はどこにある?

自分好みの日本語入力を行う場合では単語登録も必要になりますが、単語登録が行えるユーザー辞書は何処にあるのでしょうか?簡単にアクセスできるようになっていないのである。

ユーザー辞書の場所

ユーザー辞書に単語を登録する場合では、入力方法の設定を開く必要があります。ここは設定の何処にあるのか?と言うと、「言語と入力方法」にあります。

設定を開いても、「言語と入力方法」は表示されないので、詳細設定をクリックすると表示されます。

あとは入力方法の中にある日本語の右端にある 「」 をクリックすれば良いのですが、ここで稀に問題が発生します。設定が開かないのである。

 

入力方法の設定が開かない場合あり

ユーザー辞書に単語登録する場合では設定の日本語の入力方法を開く必要がありますが、この場合に設定が開かない場合があります。厳密に言えば確かに開くのですが何も表示されない状態になります。

何回か繰り返しても全く同じ状態なので、どうすれば良いのだろうか?と困惑する展開に陥ります。この場合では、もしかするとアップデートを行っていないのではないか?と考えてしまいます。

早速アップデート確認を行ってみると、「お使いのChromebookは最新です」と表示されるのでこれも違うという事になりますが、それならばどうやったら入力方法の設定が開くのかな?といった感じ。

 

入力方法の設定が開かない場合は再起動で解決

設定を開いて「Chrome OSについて」をクリックして、アップデート確認をクリックします。更新されていなかったら更新して再起動します。

もし、「お使いのChromebookは最新です」と表示されたら、Chromebook本体を再起動します。ログアウトして再ログインでも大丈夫だと思います。

というのも、筆者の場合はいつもログアウト再ログインで対応しているからです。

 

Chromebook ユーザー辞書に単語登録する方法

ユーザー辞書に単語登録する場合に入力方法の設定が開かないという問題を無事に解決できたら、やっとユーザー辞書に単語を登録できるようになります。

ユーザー辞書の場所

① 設定を開く
画面右下の時刻をクリックします。

 

② 詳細設定
設定を開いたら詳細設定をクリックします。

 

③ 言語と入力方法
詳細設定を開いたら、言語と入力方法をクリックします。

 

④ 入力方法
言語と入力方法を開いたら、入力方法をクリックします。

 

⑤ 日本語
入力方法を開いたら日本語の右側にある「」をクリックします。

 

⑥ 日本語入力の設定
日本語入力の設定が開くので、ユーザー辞書の管理をクリックします。

 

⑦ 単語登録
あとは登録したい単語を入力して完了をクリックすると単語登録できます。

 

簡単ではないのが一長一短

確かに自分好みの変換が行えるように単語を登録できるのは便利に感じますが、Windowsとは異なり、Chromebookでのユーザー辞書登録がちょっと大変なのはデメリットに感じます。

特に、入力方法の設定が開かない!というトラブルまで発生してしまうと本当に困惑するので、その都度、随時登録するのではなく、一気に纏めて登録してしまった方が効率的だと思います。

とはいえ、単語一覧リストが手元に用意できているとも限らないため、結局のところ随時登録になってしまうのが実情になります。

 

ユーザー辞書の整備も必要

つくずつ感じた事は入力方法の設定が開かないとChromebookを再起動する手間が発生するので、単語はその都度、随時登録するのではなく、時間がある時にサッサと整備してしまった方が効率的だと感じます。

新しい単語などが出て来たら、単語リストに記載しておいて、後で纏めて登録といった感じで、ユーザー辞書に登録しています。

 

スポンサーリンク

Chromebook シェルフに入力オプションを表示する方法

基本的にシェルフにはよく使うアプリのアイコンやショートカットを固定して起動するといった方法で利用する場合が多いですが、それ以外にも入力方法を表示する使い方もあります。

Chromebook キーボード・ショートカット活用が便利に使うコツ
皆さん こんにちは! Chromebookを購入した場合では操作方法も含めて、どのように活用するのか?も考慮する必要が発生します。というのも、Windows PCやiPadとOSが異なるので、できる事・できない事が異なります。...

シェルフに入力方法を表示するメリット

最大のメリットは、ユーザー辞書に単語登録する場合の工程を圧倒的に簡単にする事ができるという部分に尽きます。
何せ、シェルフから入力方法の設定にアクセスできるので便利に感じます、

さらには、ユーザー辞書にアクセスできるまでの工程が短いのでその都度、随時のタイミングで単語登録しても気にならない感じになります。

その他はそんなにメリットがないと言った方が正解になります。基本的にキーボードで切り替えも便利に行えるので、ここを開いて変更するといった作業を行わなくても良いと思います。

 

シェルフに入力オプションを表示する方法

① 設定を開く
画面右下の時刻をクリックします。

 

② 詳細設定
設定を開いたら詳細設定をクリックします。

 

③ 言語と入力方法
詳細設定を開いたら、言語と入力方法をクリックします。

 

④ 入力方法
言語と入力方法を開いたら、入力方法をクリックします。

 

⑤ シェルフに入力オプションを表示
スイッチONにするとシェルフの中(Phone Hubの左横)に入力方法のアイコンが表示されます。

※因みにドラッグ&ドロップで移動できません。