Chromebook シェルフにページのショートカット固定できる

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookでは、壁紙のデスクトップ画面にファイルを置く事ができないので、基本的によく利用するアプリはランチャーよりもシェルフに固定した方が便利に使えます。

よく使うアプリはシェルフに固定すれば良いかも知れませんが、お気に入りのブックマークしてあるページの場合では、Chromeのブックマークに登録して開かないといけません。

特にブックマークが多い場合では見つけてから選択するといった感じになるのでピンポイントに表示するまでにそれなりの時間を要してしまいます。

このような場合ではシェルフにお気に入りのブックマークしてあるページのショートカットを追加して起動したいものです。

今回の記事は『Chromebook シェルフにウェブページのショートカットを固定できる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook よく使うアプリはシェルフに固定

Chromebookでは基本的にChromeブラウザで全ての作業を完結するためのPCといった感じになりますが、Androidアプリも利用できます。

アプリはランチャーから起動

基本的にはアプリはランチャーに格納されているため、ここを開いてアプリを起動します。とはいえ、頻繁に使うのにも関わらず毎回にようにランチャーから起動するのは現実的に良くないです。

このような場合では、シェルフに固定してアプリを起動した方が全てにおいて便利に利用できます。又は、🔎の検索ボタンを押して、最近使用したアプリを起動する方法もあります。

頻繁に使っているアプリの場合では、たぶん最近使用したアプリ一覧の中に何かしら含まれている可能性が高いのでシェルフと同じような使い方を行う事ができます。

 

よく使うアプリはシェルフに固定

基本的に頻繁に使うアプリはシェルフに固定して利用する事になりますが、シェルフにはどのように追加すれば良いのか?も気になると思います。

先ずアプリ一覧のランチャーを表示した上で、シェルフに固定したいアプリを選択してタッチパッドで右クリックします。右クリックすると、シェルフに固定という表示が出るのでクリックします。

と同時に、シェルフにアプリのアイコンが追加されます。

 

Androidランチャーアプリも使える

Chromebookの場合はAndroidアプリも利用できるため、Androidのランチャーアプリを利用する方法もあります。特にシェルフを2段表示で使いたいといった場合に有効な方法に感じます。

でも、実際に使ってみると、シェルフを2段表示できるので便利に感じますが、あくまでも自分でアプリを起動しないといけないので、Chromebookにログインしたら直ぐに2段表示になるという訳ではないです。

この事を承知の上で利用するのであれば、便利に使えると思いますが、アプリを2段目のシェルフに登録する仮定ではタッチパッド操作よりもマウスを利用した方が良いと思います。

何故か?というと、タッチパッド上でドラッグ&ドロップ操作がイマイチに感じるからです。

 

スポンサーリンク

Chromebook ブックマークしてあるページは?

よく使うアプリの場合では、シェルフに固定すれば良いですけど、Chromeでブックマークしてあるお気に入りのページはどうすれば良いのでしょうか?

Chrome ブックマーク登録

基本的にはウェブページなどのお気に入りのHPはブックマークから利用した方が便利に感じます。何故か?と言うと、Chromebookの場合はログインすると自動的にChromeが起動するので直ぐにブックマークをクリックできるからです。

これでは困る場合が有るパターンが有るとすれば、ブックマークバーにお気に入りのページが並んでしまって簡単に呼び出す事が出来ない場合が該当します。

こうなってしまうと流石にピンポイントにサッとページを表示できないため、何のためのブックマークなんだろうか?といった感じになります。

こまめにブックマークは整理整頓しておかないと、後で困る展開になるので要注意です。

 

ブックマークバーにフォルダを作成

もし、ブックマークバーに、お気に入りのページが並んでしまって、どうにもならないといった状態になっている場合では整理整頓が必要になります。

幸いな事にブックマークバーにフォルダを追加できるのでジャンル別にフォルダで纏めてしまうのが最適です。このようにする事で、ピンポイントで表示するページとフォルダに格納するページに分ける事ができます。

 

ウェブページはショートカットを作成できる

ブックマークバーにフォルダを追加してジャンル別に分けているのにも関わらず、それでもピンポイントでお気に入りのページをピンポイントで表示できない場合がある時は、もうそれは仕方ありません。

必殺技のショートカットを作成するのが最適です。どのように作成すれば良いのか?と言うと、お気に入りのページにアクセスしてからChromeのメニューを開いて、その他ツールにカーソルを合わせると、「ショートカットを作成」が表示されます。

これをクリックするとショートカットが作成されて、ランチャーに追加されます。

 

スポンサーリンク

Chromebook シェルフにショートカットを固定

お気に入りのページをブックマークしているのにも関わらず、シェルフからアクセスしたい場合もありますが、このような場合ではどのように行えば良いのでしょうか?

シェルフにはショートカットも固定できる

基本的にシェルフにはアプリのアイコンを固定できるのですが、アイコンだけではなく、ウェブページのショートカットも固定できます。

お気に入りのページにアクセスしてChromeのメニューからショートカットを作成すると、ランチャーの一番最後に追加されるます。

後は、アプリのアイコンと同様に右クリックしてシェルフに固定を行えば良いのである。

 

タッチパッドでの右クリック操作

ランチャーでアプリをシェルフに固定する場合に必要になるのが右クリック操作になりますが、タッチパッド上で右クリックしたのにも関わらず左クリックになってしまう場合があります。

確かに右クリックしているのに、おかしいな~といった感じ。Chromebookのタッチパッドで右クリックする場合は、タッチパッドの右側でクリックしても意味がありません。

任意の2本の指で同時にクリックすると右クリックになります。任意の2本の指なので、人差し指と中指の組み合わせ以外でも大丈夫です。

 

Chromebook 右クリックできない?右クリック操作方法(タッチパッド)
皆さん こんにちは! Chromebookでアプリをシェルフに固定する場合では、タッチパッドを利用して右クリックする必要がありますが、この場合では右クリックしているのにも関わらず、実際には左クリックしている事も多いです。 ...

 

シェルフにショートカットの一長一短

一見すると、シェルフにショートカットを固定すると、お気に入りのウェブページもピンポイントでアクセスできるので快適に感じます。このように思うのは最初の頃に過ぎません。

後で、シェルフにアイコンをどんどん追加していくと、その時に不要なアイコンは邪魔になります。シェルフの良いところは、基本的にアイコンはいくらでも固定できる部分に尽きます。

同時に、どんどん追加するとカーソルで選択する必要が発生するので、使い勝手が悪くなります。そのため、ウェブページショートカットは固定しない使い方が良いのでは?というのが個人的な見解になります。

 

Chromebook シェルフに固定しているアイコンを解除

購入当初はシェルフに固定されているアプリのアイコンは少ないので、何とも思いませんが、使い込んでいく内にアイコンやショートカットもどんどん増えていきます。

シェルフのアイコンを解除(基本)

シェルフに固定されているアプリのアイコンやショートカットの固定を解除する場合もあります。この場合ではどのように行えば良いのでしょうか?

基本的にはランチャーで操作した時と同じで、解除したいアイコンやショートカットにカーソルを合わせて右クリックすれば良いです。

右クリックすると「固定を解除」が表示されるので左クリックすればシェルフからアイコンが取り除かれます。

 

シェルフのアイコンを解除(応用)

シェルフに固定されているアイコンやショートカットを解除する場合では、基本の解除方法で何ら問題ありませんが、タッチパッドで右クリックする場合でうまく表示できない場合もあります。

このような場合では別の方法で固定を解除できます。ドラッグ&ドロップ操作を行います。シェルフの直ぐ上でドロップすると元の位置に戻ってしまいます。

ドラッグ&ドロップで固定を解除する場合では、なるべくシェルフから遠ざけてからドロップするのが最適です。