Chromebook キーボード・ショートカット活用が便利に使うコツ

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを購入した場合では操作方法も含めて、どのように活用するのか?も考慮する必要が発生します。というのも、Windows PCやiPadとOSが異なるので、できる事・できない事が異なります。

そのため、このPCはどのような事に活用すれば良いのか?を先ず自分で見極める必要が発生します。見極めるには操作方法が分からなくては何も意味がないですから学習となる訳である。

といっても、Google Chromeでネット閲覧やYoutube動画視聴するだけの用途で利用を想定して購入している場合ではマウスを使って操作すればOKという現実。

マウスを利用しなくても便利に使えるように努力した方が良いと思います。

今回の記事は『Chromebook キーボード・ショートカット活用が便利に使うコツ』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook Google Chromeを利用するPC

ChromebookではノートPCになりますが、Windows PCと比べると、色々と違いも気が付く事になります。基本的にはOSが異なるので操作方法も異なるのですが、Google Chromeを利用するPCと思った方が正解です。

Google Chrome

Chromebookに搭載されているChromeはPC版になります。因みにiPadでインストールできるChromeはモバイル版になります。

PC版とモバイル版の違いは何なのか?と言うと、Chrome拡張機能が利用できるのか?利用できないのか?という部分に尽きます。

ChromebookではChrome拡張機能を利用できるので、Youtube動画を見ながら何か別の事をする場合に役立つPicture in Pictureも拡張機能で対応できます。

 

Androidアプリも利用できる

ChromebookではAndroidアプリも利用できます。基本的にブラウザを利用する場合はChromeを使う事になりますが、Androidアプリのブラウザもインストールして利用する事ができます。

例えば、Microsoft EdgeのAndroidアプリをインストールできますし、標準に使用するブラウザとして設定する事も可能になっています。

但し、全てのアプリに対応している訳ではないので注意も必要になります。というのも、Androidで利用できるスマートウォッチ専用アプリはChromebookには対応していないのである。

 

Chrome OS

Chromebookに搭載されているOSは、Chrome OSになります。特徴としては、データはクラウドに預ける仕様となるため、本体ストレージが少なめになっている場合が多いです。

そのため、基本的にインターネットが利用できる環境で使用する事になるため、オフラインでは役に立たない場合もあります。

とはいえ、オフラインでも利用できるアプリをインストールしておけば対応も可能です。

 

スポンサーリンク

Chromebook マウスが無くてもタッチパッドで対応できる

Chromebookにはタッチパッド(トラックパッド)が搭載されているので、Windows PCみたいにマウスを利用しなくても便利に使う事ができます。

タッチパッド操作

Chromebookに搭載されているタッチパッドは、ジェスチャー操作も行えるようになっています。例えば任意の3本指で上に払うようにフリック操作すると、アプリを切り替える事ができる仮想デスクトップを表示できます。

但し、電源OFFにすると何も表示されないので、あまり意味がないと思います。あとクリックもできるので左右クリック操作も簡単に行えます。

 

右クリック操作

タッチパッドでクリック操作も簡単に行えるのですが、右クリックする場合は注意が必要になります。というのも、右クリックなのでタッチパッドの右側でクリックすればOKという認識の場合では困惑するのでは?と思います。

Chromebookで右クリックする場合は任意の2本指をタッチパッドに置いて同時にクリックする必要があります。任意の2本指なので「人差し指と中指」の組み合わせじゃなくても大丈夫です。

人差し指と薬指の組み合わせでも右クリックとして認識されるので、自分にとって最適に感じる2本の指で操作するのが賢明の選択になります。

 

ドラッグ&ドロップ操作

唯一、タッチパッドでは厳しいな~と感じる操作が、ドラッグ&ドロップになります。あくまでも個人的に感じるので、必ずしもそうではないと思います。

アプリ一覧のランチャーではアイコンを自由自在に再配置する事もできるのですが、この場合にドラッグ&ドロップ操作が必要になります。

タッチパッド行うのはちょっと大変なのでマウスで操作した方が圧倒的に便利に感じます。必要に応じて臨機応変にマウスも利用できるようにしておいた方が無難に感じます。

 

スポンサーリンク

Chromebook キーボード・ショートカット操作

Chromebookを利用する場合ではタッチパッドやマウス操作にて自由自在に使う事になると思いますが、それ以外でも便利に使えるのがキーボード・ショートカットになります。

アプリ一覧のランチャーを開く場合(2段回表示)

🔎の検索ボタンを1回押すと最近使用したアプリ一覧とキーワード検索できる窓が開きます。キーワード検索の上に表示されている矢印をクリックするとランチャーが表示されます。

2段階に分けてランチャーを開くというのはちょっと手間が発生するので、いきなりランチャーを開いてしまった方が良いと思います。

最近使用したアプリを使いたい場合にのみ、この窓を開いた方が効率的に感じます。

 

スクリーンショット(画面全体)

画面全体のスクリーンショットを撮影する場合は、画面右下に表示されている時刻をクリックして「スクリーンショット」を選択することで行えるようになります。

この機能は全体と一部分の両方に対応しているため、必要に応じて、画面全体や画面の一部のみを撮影といった感じに選択できるのが便利に感じます。

でも、この機能を利用すると、それなりに手間が発生するので、可能ならば煩わしい操作は一切なくて、一発で画面全体のスクリーンショットを撮影したい場合もあります。

このような場合にキーボード・ショートカットが役に立ちます。画面全体の撮影は「ctrl◻||(ウィンドー表示ボタン)」で対応できます。

 

Chromebook スクリーンショット(ハードコピー)撮影方法
皆さん こんにちは! Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持していますが、カメラは正直のところ、あまり利用していないのではないか?と感じてしまいます。と思いきや、実はそう思っていただけで実はよく使...

 

キーボード・ショートカットの一覧を表示

Chromebookで利用すると便利に使えるキーボード・ショートカットになりますが、知っていないと便利に使えないので、いつもネットで検索するパターンになってしまいます。

そんな事をしなくても表示する事ができます。「altctrl/」を同時に押すと、キーボード・ショートカットの一覧が表示されます。

 

Chromebook キーボード・ショートカットの活用

Chromebookで利用すると便利に使えるキーボード・ショートカットになりますが、応用して活用する事で、効率的な作業が行えるようになります。

ランチャーを開く場合の活用(一発で表示)

アプリ一覧であるランチャーをキーボード・ショートカットで一発で表示させたい場合では、「Shift+🔎検索」を同時に押す事で表示できます。

但し、押すタイミングによっても上手く表示できない場合も有るので、慣れが必要になると個人的に考えます。又は、キーの反応が良くないのか?その辺りは定かではないです。

いずれにしても上手く表示できない場合も実際にあるため、何回か実際に試してみて押すタイミングに慣れるしか方法が無さそうに感じます。

 

画面の任意の一部分をスクリーンショット

通常では画面のハードコピーを取る場合では、画面全体をスクリーンショットする場合が多いですが、キーボード・ショートカットを利用すると、画面の任意の一部分だけのハードコピーを撮影する事もできます。

通常ではこの操作は、画面右下に表示されている時刻をクリックして表示されるスクリーンショットから利用できるのですが、これだと手間が発生します。

このような手間を掛けずに一発で部分的なハードコピーを撮影するには、「CtrlShift◻||(ウィンドー表示ボタン)」を同時に押します。