Chromebook デスクトップ(壁紙)にファイルが置けない

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

ChromebookではWindowsやiPadと異なる部分も色々とありますが、その中でもデスクトップ(壁紙)画面も大きく異なります。

WindowsやiPadではアプリのアイコンを設置できるのですが、Chromebookでは設置できません。それならば何処に設置するのか?と言うと、シェルフという部分に固定した上で、アプリを使う事になります。

アプリのアイコンはそれでも良いですけど、ExcelとかWordとかのファイルはどうなのか?と言うと、基本的にChromebookではGoogle Chrome と Androidアプリしか利用できないです。

今回の記事は『Chromebook デスクトップ(壁紙)にファイルが置けない』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook デスクトップにファイルが置けない

Chromebookを初めて購入した場合では、色々と買ってが違ったりして困惑する事も多いと思います。特に困惑する部分と言えば、デスクトップ画面にファイルが置けない事もその内の1つに挙げられます。

デスクトップ画面は何をする場所?

Chromebookを起動してログインすると、真っ先にGoogle Chromeが起動するので、あまり気にならないのですが、Chromeを最小化したり、終了したりするとデスクトップ画面になります。

この場合ではアプリのアイコンが何も無い事に気が付きます。Windows PCではデスクトップ画面で右クリックすると、フォルダも含めて新しいファイルを作成できますが、Chromebookでは出来ません。

できる事といえば、「壁紙変更、シェルフの位置を変更、シェルフを自動的に非表示」の3つだけなので、拍子抜けしてしまいます。

 

デスクトップは壁紙として利用

もしかして・・・デスクトップ画面は単なる壁紙として利用するだけなのかな?という事に気が付きます。正にその通りなのがChromebookなのである。

これじゃあ悪いですけど、飽きてしまうのは気のせいでしょうか?スクリーンセーバーも設定できるので、利用してみるのも良いかも知れません。

因みに、スクリーンセーバーの背景画面はアートギャラリーとGoogleフォトの2択になります。

 

スポンサーリンク

Chromebook デスクトップ画面(壁紙)できる事

Chromebookの壁紙であるデスクトップ画面では、どのような作業が行えるのでしょうか?基本的に3つの事しか行えないので簡単でかつ非常に分かりやすいです。

壁紙変更

デフォルトで設定されている壁紙が飽きてしまったり、せっかく購入したのだから自分にとって最適に感じる写真や画像を壁紙に設定したくなるものです。

この場合では、デスクトップ画面で右クリックすると壁紙の設定を変更できるようになります。標準で用意されている画像を利用するのが最適だと思います。

他のPCからファイル転送してお気に入りの写真を壁紙に設定する事もできます。

 

シェルフの位置を変更

デフォルトではシェルフの位置は画面下側に固定されていますが、「左・右・下」の3箇所から選択する事ができます。

どの位置が最適に感じるのか?は自分のみぞ知る領域になるため、実際に3つとも設定して試してみるのが良いと思います。筆者の場合は何だかんだ言ってもシェルフは下側が最適に感じました。

 

シェルフを自動的に非表示にする設定

ディスプレイ画面を少しでも広く利用したい場合では、シェルフを自動的に非表示にする設定に変更しても良いです。自動的に非表示に設定した場合でも基本的にデスクトップ画面が常に表示されています。

Google Chromeなどのアプリを起動すると、自動的に非表示になります。この状態で表示する場合はシェルフの隠れている位置にカーソルを移動すると表示されます。

 

スポンサーリンク

Chromebook アプリのアイコンはシェルフに配置

Chromebookでアプリを利用する場合では2つの方法があります。1つはアプリ一覧であるランチャーを開いて、アプリを起動する方法。もう1つは、シェルフにアプリを固定して起動する方法。

ランチャー(アプリ一覧)

Chromebookで利用できるアプリはランチャーと呼ばれる場所から起動する事になります。でも、わざわざランチャーを開いて毎回のように利用するのは現実的に不便ですから、よく使うアプリはシェルフに固定した方が最適です。

ランチャーにはアプリのアイコンだけでなく、ウェブページのショートカットも追加できます。あと、ランチャー内の並び順も自由に変更できるようになっています。

この場合はドラッグ&ドロップ操作で変更します。

 

よく使うアプリはシェルフに固定

Chromebookのシェルフには、よく使うアプリのアイコンを固定する事ができますが、この場合ではアプリ一覧のランチャーから行います。

ランチャーを開いて、タッチパッドで右クリックすると、「シェルフに固定」という表示が出るので、そこをクリックすると、そのアイコンが固定されます。

やっぱりシェルフから外したい場合も有りますが、この場合では外したいアプリにカーソルを合わせて、右クリックすると「固定を解除」という表示が出るので、それをクリックします。

そうすると、シェルフからアイコンが外れますが、それ以外の方法でも外す事ができます。外したいアプリをドラッグしてポイッとシェルフの上でドロップするだけです。

 

Chromebook シェルフ2段表示できる?できない?別の方法は?
皆さん こんにちは! Chromebookを利用している場合では、よく利用するアプリをシェルフに固定していると思います。よく使うアプリが少ない場合では、この方法で問題ありません。 でも、頻繁に利用するアプリが多かったり、...

 

ウェブページのショートカット

シェルフにはアプリのアイコンを固定する事が出来ますが、ウェブページのショートカットも固定できます。この場合はどのように行えば良いのかな?

Chromeでキーワード検索して何かのページを開いたと仮定します。またこのページを見たいと思ったりするとブックマークに登録しますが、シェルフに固定した場合もあります。

この場合では、Chromeの右上にメニューが有るのでを開いて、その他ツールにカーソルを合わせると「ショートカットを作成」が表示されるのでクリックします。

そうすると、ランチャーの一番最後にショートカットか追加されるので、右クリックしてシェルフに固定すれば良いのである。

 

Chromebook 写真や動画ファイル等はどこで管理する?

写真や動画、ミュージック、文書といったファイルはChromebookでは何処に配置すれば良いのだろうか?と思うかも知れませんが、基本的にクラウドに預ける事になります。

Chromebook 本体ストレージ

Chromebookの場合では、データをクラウドに預けるように設計されているChrome OSが搭載されているため、本体ストレージは少ない場合が多いです。

それでも稀にLenovo IdeaPad Duet のように128GBを搭載されているパターンも有るため、このような場合では、本体ストレージを活用する事も可能です。

とはいえ、本体ストレージを利用しても大して問題ないと思われるデータである必要があります。これはChrome OSを搭載しているノートPCなので仕方ない部分になります。

写真や動画、スクリーンショット、ミュージックファイルといったファイルが良さそうに感じます。これらのファイルはメインで利用しているPCやスマホからファイル転送する場合が多いです。

 

Googleドライブ

Chromeブラウザを利用してOffice互換のGoogleドキュメント・スプレッドシート・スライドといったアプリを利用する場合では、GoogleのクラウドストレージであるGoogleドライブを利用する事になります。

無料で利用できるのは15GBまで。この容量を使い切ってしまうと有料で容量を追加する必要があります。

特にGoogleドライブでは無料で利用できる容量が全体で15GBになるので、本体ストレージが少ないと有料で購入する事になるため、必ずしも最適な選択とは言い難いです。

 

他のクラウドストレージ

Googleドライブではなく、Microsoft OneDriveなどの他のクラウドストレージも併用しても問題ありません。何せ無料で利用できる容量が15GBと意外と少ないので、他のサービスも使わないと自分のやりたい事で行えない場合もあります。