Chromebook Picture in Picture 操作方法

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookで、Youtube動画を見ながら何か別の事をしたいと思った場合に役立つのがピクチャインピクチャになりますが、この操作はどのように行えば良いのか?も気になるのでは?

というのもYoutubeアプリで、行う場合では、どんなに頑張っても小さな小窓にできないので、おかしいな~となってしまうのである。

もしかして・・・対応していないのかな?と思ってしまいます。厳密に言えば、Youtubeアプリでも小さな小窓は出せるのですが最小化すると、デスクトップ画面で非表示になってしまいます。

流石にこれでは完璧とは言い難いので、どうにか?解決したいのが実情になります。

今回の記事は『ChromebookでYoutube動画のPicture in Pictureを行う場合の操作方法』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook YoutubeアプリでもPIPできる

ChromebookでYoutube動画を視聴する機会も有ると思いますが、この場合ではYoutubeアプリを利用するパターンが多いのでは?と考えます。

YoutubeアプリでもPicture in Pictureできる

Youtubeアプリでもピクチャインピクチャできるのかな?と思ってしまいますが実はできます。でも、見たい動画を開いてもPIPのアイコンが表示されていないのでおかしいな~といった感じ。

ではどのように行えば良いのか?と言うと、答えは至って簡単なのである。見たい動画を決めたら、クリックして動画を表示します。

画面左上に表示されている戻るアイコンをクリックすると、画面右下の隅に小さな動画の小窓が表示されます。まさにこれを求めていたのでバッチリ!となる訳です。

 

でも実際はバッチリではない

確かに、Youtubeアプリでもピクチャインピクチャはできるのですが、これは完璧バージョンではありません。あくまでもYoutubeアプリ内で小さな動画の小窓表示が実現できるのである。

他の動画をクリックすると、小さな小窓は消えてしまいますし、同様にまた戻ると違う動画の小窓が表示されるといった感じでの繰り返しになります。

さらに言えば、最小化すると、見事に非表示になってしまいます。

 

YoutubeアプリPIPのデメリット

YoutubeアプリでPicture in Pictureした場合では、最小化してデスクトップ画面を表示すると、非表示になってしまうのである。

これでは何の為にピクチャインピクチャしたのか?全くもって意味不明になってしまうので、Youtubeアプリを利用するのは賢明の選択ではない事に気が付きます。

それならば、どうすれば良いのでしょうか?

 

Chromebook ChromeでYoutubeを開けばPIPできるのか?

ChromebookでYoutubeアプリを利用してピクチャインピクチャすると、最小化してデスクトップ画面にすると動画の小窓が非表示になってしまうデメリットが発生します。

これを解決するにはChromeでYoutubeを開けば良いのかな?と考えると思います。

ChromeでYoutubeを開いてチャレンジ

最小化してデスクトップ画面でもYoutube動画の小さな小窓を表示する場合は、Youtubeアプリではなく、Google ChromeでYoutubeを開くのかな?と思うのでは?

Chromeを開くと、画面右上にGoogleアプリのアイコンが表示されているので、そこをクリックするとYoutubeが表示されます。

見たい動画を選択してクリックすると動画が再生されます。この状態でミニプレイヤーをクリックすると、小さな小窓が表示されます。

最小化すると、非表示になってしまいます。あれ?これではYoutubeアプリと全く同じ展開じゃないか!となります。これではダメなのである。

 

Chromeで開いても結果は同じ

動画を全画面表示にすればPIPアイコンが表示されるのかな?と期待を込めて全画面表示にした場合でもPIPアイコンは表示されません。

結論から先に言えば、ChromeでYoutubeを開いても最小化してデスクトップ画面に戻ると動画の小窓は非表示になってしまいます。

 

実は方法がある

Chromebookの最大のメリットはPC版Chromeを搭載している部分になります。ChromebookはChrome拡張機能を利用できるので、PIPは拡張機能で対応できるのである。

 

Chromebook Picture in Picture Chrome拡張機能

Youtube動画をピクチャインピクチャしたいと思った場合ではYoutubeアプリやChromeの両方で試してもうまくできないという無残な結果に終わってしまいますが、実はChrome拡張機能で対応できます。

Picture in PictureはChrome拡張機能を利用する

Chromebookでピクチャインピクチャする場合ではChrome拡張機能を利用すると行えます。Chromeのメニューを開いて、その他ツールから拡張機能にアクセスします。

拡張機能が開いたら、左上に表示されている三本線のメインメニューをクリックして、一番下に表示されている「Chromeウェブストアを開きます」をクリックします。

ストアを検索にカーソルがあるのでPicture in Pictureと入力してEnterを押します。次に拡張機能をクリックして選択します。

そうすると、Picture in Pictureを利用できる拡張機能が一覧表示されます。あとはお好みでどれか?選択して、Chromeに追加すれば良いです。

 

Chromeに追加したらピン留め

Picture in Pictureの拡張機能をChromeに追加した場合では、ピン留めを行った方が良いです。ピン留めはChromeのメニューの隣に表示されている拡張機能をクリックします。

ピン留めされている拡張機能が青く表示され、ピン留めされていない拡張機能は色が付いていません。

 

Picture-in-Picture FloatingをChromeに追加

筆者の場合は、どれにしようか?甲乙つけがたい状態になってしまったため、直感的にピピン!と来たPicture-in-Picture FloatingをChromeに追加しました。

メインで利用しているWindowsノートPCでも利用できるので、とても快適に利用できるので重宝しています。

 

スポンサーリンク

Chrome拡張機能 Picture-in-Picture Floating

ここでは、Chrome拡張機能でピクチャインピクチャを利用した場合の使用レビューについての紹介になります。

Chromebook ダークモードはChrome拡張機能を活用(Dark Reader)
皆さん こんにちは! iPadを利用している場合では、ライトモードとダークモードの切り替えはコントロールセンターを呼び出す事で簡単に行うことでできます。 それに対してChromebookの場合ではダークモードを何処で切り...

Picture-in-Picture Floating 使用レビュー

Chrome拡張機能を利用してPIPする場合では、超快適にピクチャインピクチャできるので、とても便利に感じます。PIPの拡張機能をワンクリックするだけなので簡単です。

この状態でChromeを最小化すると、見事に自分が求めていた動画の小窓視聴が行えるのである。さらに、小窓がちょっと小さいな~と感じた場合では、カーソルを小窓の端(左・上・角)に合わせると拡大表示の矢印が表示されます。

ドラッグして自分にとって最適に感じるサイズに自由に調整できるので申し分ないと感じます。

 

Picture in Picture された動画が終了した場合

① 自動再生OFF
Youtube動画の自動再生をOFFに設定している場合では、動画が終了しても、そのままデスクトップ画面で動画が停止した状態で小窓が表示されている状態になります。

 

② 自動再生ON
それに対して、Youtube動画の自動再生をONに設定している場合では、現在表示されている動画が終了すると、次の動画が再生されます。