Chromebook おすすめ PC周辺機器グッズ&アクセサリー

Chromebook
スポンサーリンク

 

皆さん こんにちは!

Chromebookを利用する場合では、どのように使っていますか?Chromebook単体で使う場合もあれば、周辺機器や便利グッズも利用している場合も有ると思います。

でも、Lenovo IdeaPad Duetのようなキーボードが着脱できるデタッチャブルノートパソコンはタブレット端末としても利用できるので便利な反面、USB端子がUSB Type-C 1つだけなので活用するにはUSB Type-Cハブも必要になります。

直挿しできる形状的にスマートに感じるUSBハブ(ドッキングステーション)が有れば良いですけど、そのような便利なタイプを所持していない場合ではケーブルが邪魔に感じます。

そんなこんなでChromebookで便利に活用できるPC周辺機器 又は 便利グッズも必要性を感じます。

今回の記事は『Chromebook おすすめ PC周辺機器グッズ&アクセサリー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookと連携活用できる便利な周辺機器グッズ

Chromebookを活用する場合では、単体でも十分に利用できるのですが、PC周辺機器や便利グッズ(PCアクセサリー)と連携すると、もっと便利に活用できるようになります。

Chromebook単体でも便利に使える

ChromebookはUSBハブやマウスがなくても便利に使えます。というのも、タッチパッドを搭載しているので、特に利用しなくても使えるのである。

それに、インターネット利用を前提としているため、基本的にはウェブブラウザのChromeで全てを完結する目的で利用するノートパソコンになります。

これ以外の用途で利用する場合はAndroidアプリも使えるため、Playストアから必要と感じるアプリをインストールすれば良いです。

また、Chrome拡張機能も利用できるため、必要に応じて足りない機能を追加できるようになっています。この用途で利用するのであれば便利に使う事ができます。

 

PC周辺機器や便利グッズも必要

Chromebook単体でも便利に使えるのですが、活用となると話は別になります。活用するのであれば周辺機器も必要になります。特にマウスは有った方が良いのではないか?と個人的に考えます。

タッチパッドが有るのにマウスは必要ないと考える場合もありますが、このように考えるのは時期尚早です。というのも、Chromebook初心者は右クリックできないで悩む場合があります。

ドラッグ&ドロップ操作する場合はタッチパッドよりもマウスを利用した方がスムーズな作業が行えます。

USBメモリを利用する場合ではUSB Type-Cハブ 又は USB Type-C対応のUSBメモリを利用する事でChromebookでも活用できるようになります。

 

Chromebook おすすめ 周辺機器 USB Type-C ハブ

Chromebookを便利に活用する場合では周辺機器や便利グッズも必要になります。特にキーボードが着脱できるデタッチャブル2in1の場合では、USB端子が1つしかないため、USB機器を利用する場合に困ります。

USB Type-Cハブも必要に感じる

Chromebook に搭載されているUSB端子によっても異なりますが、Lenovo IdeaPad DUet の場合では、USB Type-C端子が1つしか搭載されていません。

しかも充電も兼用なので、充電しながらUSB機器を利用する事ができないため、これを解決する手段として、USB Type-Cハブも必要になります。

とはいえ、USBハブの場合は種類も豊富にあるので、どれが良いのか?分かりにくいのも実情です。だからと言って、あれこれ買うのも良くないです。

その理由としては、全部で3種類のUSBハブを購入して所持していますが、1つあれば十分に感じているからです。

これ1つ有ればスマホやiPad、パソコンといった感じでどの機種にも便利に使えるので、どのデバイスに接続しても便利に利用できるタイプのUSBハブを購入した方が賢明の選択です。

 

QGeeM 4in1 USB Type-C ハブ

USB Type-Aに対応しているUSB周辺機器を利用する場合に購入しています。

USB Type-Aが2ポートあって便利に使えるのですが、USB Type-Cが充電専用でかつHDMIも利用しないので、あまり便利に使えなかった感じです。

バスパワーで利用できるので便利なんですけれども、実際に利用しているポートが4つ有るのに2つしか利用できないという状態だったので同じメーカーの7in1タイプに乗り換えています。

現在はサブPCの用途で使っているChromebook Lenovo IdeaPad Duet 専用のUSB Type-Cハブになっています。

 

QGeeM 7in1 USB Type-C ハブ

主にメインで利用しているWindowsノートPC や iPad Air 4で利用しているQGeeM 7in1 USB Type-Cハブも所持しています。QGeeM 4in1 USB Type-Cハブが勿体ない使い方をしていたので乗り換えました。

コチラのタイプの特徴としては、SD/TFカードやMicroSDのカードリーダー・ライターが搭載されており、USB Type-A端子(USB3.0)は3つ、充電専用のUSB Type-C、HDMIポートの構成となります。

最初からこれを購入しておけば良かったな~と実感しています。

 

 

Chromebook おすすめ 周辺機器 ワイヤレスマウス

Chromebookにはタッチパッドが搭載されているので、マウスは不要に感じますが、実はマウスが有った方が便利に使えます。右クリックできなくて悩む必要もありません。

Chromebook おすすめ マウスはBluetoothマウス

キーボードが着脱できるデタッチャブルの2in1 Chromebookに最適に感じるマウスはBluetooth接続に対応しているBluetoothマウスだと思います。

その理由としては、USB Type-C端子が1つしか搭載されていないので、USBレシーバーのあるワイヤレスマウスを利用する場合にUSB Type-Cハブが必要になります。

でも、Bluetooth接続に対応したマウスの場合では、USB Type-Cハブを必要としないため、スマートに省スペースで利用できます。

 

 

無線(Wi-Fi)ワイヤレスマウスも便利に使える

メインで利用しているパソコンのサブPCとして購入した場合では、Bluetoothマウスを所持していない 及び USB Type-Cハブを所持している場合もあります。

この場合では、メインで利用しているPCのマウスを利用するパターンになるため、無線で利用できるWi-Fiワイヤレスマウスの出番となります。通常タイプと薄型タイプがあります。

但し、直挿しできるUSB Type-Cハブなら問題ないですが、そうでない場合は邪魔に感じる場合もあるので、利用したからといって必ずしも便利に使えるという訳でもないです。

 

 

ドラッグ&ドロップ操作はマウスが最適

Chromebookでアプリ一覧であるランチャーの並び順を変更するカスタマイズを行う場合 又は シェルフに固定してあるアイコンの移動では、ドラッグ&ドロップ操作が必要になります。

この場合に役立つのがタッチパッドです。でも、実際にタッチパッドで操作すると気が付くのですが、意外と大変に感じます。1~2つ程度であれば問題ありませんが、それ以上だとイラッとします。

それに右クリック操作したつもりでもタイミングによっては右クリックにならない場合も有るのでちょっとイマイチに感じる場合もあります。

やっぱり、この操作に限って言えば、タッチパッドよりもマウスの方が圧倒的に便利に感じます。

 

スポンサーリンク

 

Chromebook マウスパッドも必要に感じる

Chromebookに限った話ではないですが、マウスを利用する場合ではマウスパッドも必要になります。ほぼセットと言っても過言ではないと思います。

マウスパッドの必要性

マウスを利用しているからといって、どうしてマウスパッドも必要なのか?不思議に思うかも知れませんが、有るのと無いのとでは雲泥の差があります。

とはいえ、プラスチック製の安価で購入できるようなパッドの場合では滑り止め加工されていても、パッドごと動いてしまう事も多かったりします。

それならば、市販で購入できるマウスではなく、自作のマウスパッドでも良さそうに感じると思います。でも、自作も含めて安価で購入できるタイプは手首の疲れ軽減の対策が施されていません。

比較的に長くPCで作業をする場合では、疲労軽減の効果が期待できるマウスパッドを利用した方が良いと思います。

 

実際の使っているゲーミングマウスパッド

「ロジクール、Victsing、Ginova」ゲーミングマウスパッドを購入しています。

VictsingとGinovaのサイズは 260mm × 210mm × 3mm。ロジクールは340mm × 280mm × 1mmです。

VictsingとGinovaは手首の疲れを軽減する加工が施されているのですが、実際に使ってみると、あまり実感がないのが実情になります。

それに対してロジクールの場合はマウスコントロールはバッチリに感じます。

触り心地を考慮するとVictsingとGinovaが良いですが、マウスコントロールを考慮した場合ではロジクールの方が良いと感じます。

どっちが良いのか?は使用者の判断に委ねるのが良い感じ。

 

 

ゲーミングマウスパッドは快適に使える

Chromebookの場合では比較的に安価で購入できる事もあり、ゲーム利用に向いているとは言えない場合が多いです。それでも、マウスパッドに関して言えば、ゲーミングマウスパッドが最適に感じます。

その理由の1つとして、手首の疲れを軽減が期待できるからです。あくまでも期待できるという感じなので実際には実感がないと思います。そのような気分で使う感じ。

肌触りも良いですし、作業スペースも広く、滑り止め加工されているのでマウスを操作していても不快に感じる事が少ないです。

Chromebookも含めてパソコンでゲーム利用しない場合でもマウスパッドは、おすすめ便利グッズ(PCアクセサリー)に該当します。