Chromebook Bluetooth マウス 使用レビュー(ELECOM)

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebookでは基本的にタッチパッドを搭載しているため、マウスを利用しなくても便利に使えますが、それでもマウスが必要に感じる場面が訪れます。

例えば、ドラッグ&ドロップ操作が良い例なのではないかな?と個人的に考えます。というのも、確かにタッチパッド上でも普通に利用できるので何ら問題ないです。

それにも関わらず、この操作に限って言えば、便利に感じないのでマウスが必要になるのである。とはいえ、あくまでも人の感じ方というのは個人差があるため、一律的に同じではないです。

今回の記事は『Chromebook Bluetooth マウス 使用レビュー(ELECOM)』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebookで使うBluetooth マウス

ChromebookやiPadノートPC活用ではBluetoothマウスも必要に感じる場面があります。基本的にどちらの機種とも、無マウスが無くても便利に使えますが、必要に感じる場面も有るのが実情になります。

Chromebookでマウスを利用する場面

Chromebookの場合では、キーボードが搭載されていないタブレット端末でない限り、標準でキーボードが搭載されているのでタッチパッドを利用できます。

でも、このタッチパッドにはクリックボタンが1つしか無いので右クリックする時に困惑するのである。普通にタッチパッドの右側でクリックすると全て左クリックになる場合が多いです。

任意の2本の指で同時にクリックすると右クリックとして認識されるため、この事に気が付かないとマウスが必要に感じてしまうのである。

その他には、タッチパッド上でドラッグ&ドロップ操作も行えますが、ハッキリ言って使いづらいと感じます。この操作に限って言えばマウスを利用した方が圧倒的に便利に使えます。

 

ChromebookでBluetoothマウスが必要になる理由

無線形式のワイヤレスマウスにはWi-FiマウスとBluetoothマウスがあります。どちらの方式が良いのか?は好みの問題なので基本的にはどちらでも良いと思います。

何が違うのか?と言えば、USBレシーバー(USB Type-A)の有無になります。Wi-FiマウスにはUSBレシーバーが必要ですけれどもBluetoothマウスの場合は不要なのである。

Chromebook IdeaPad Duetの場合では、USB Type-C 端子が1つあるだけなので、Wi-Fiマウスを利用する場合はUSBハブを接続しないといけないのである。

その結果、Bluetoothマウスの方が便利に感じたので使っています。

 

スポンサーリンク

ELECOM Bluetooth マウスについて

主にChromebookで利用しているELECOM Bluetooth マウスについての紹介になります。ChromebookとのBluetooth接続方法も内容に含みます。

ELECOM Bluetooth マウス 仕様

サイズ : 100mm × 65mm
ボタン : 5ボタン
電源等 : 単四電池2本
省電力 : 1年3ヶ月程度持つ

通信等 : Bluetooth
備考等 : 操作しやすい形状

 

5ボタンマウス

① 左クリックボタン
② 右クリックボタン
③ スクロールボタン
④ 進むボタン
⑤ 戻るボタン

※ ウェブページ閲覧の効率を上げる「進む」、「戻る」ボタンを搭載

 

Chromebook Bluetooth マウス 接続方法

① システムメニュー
時刻をクリックしてシステムメニューを開く

② 設定を開く
システムメニューを開いたら、設定のアイコンをクリックする

 

③ Bluetooth
Bluetooth スイッチをオンにした上で、左に表示されている矢印()をクリック。オンになっている場合は矢印のみクリック。

 

④ ペアリング設定
Bluetoothマウスの裏面にあるペアリングボタンを押して、Chromebookとペアリング設定する

 

スポンサーリンク

ELECOM Bluetooth マウスのレビュー

主にChromebookで利用しているELECOM Bluetooth マウスのレビューについての紹介になります。

メリット&デメリット

所持しているChromebookは、Lenovo IdeaPad Duetになりますが、この2in1ノートPCの場合はUSB Type-Cが1つしかないので必ずしも便利とは言い難いのが実情になります。

USB Type-Cハブを利用しても良いのですが、直挿しに対応しているタイプは持っていないので利用しても特段に便利ではないです。

というのも、Wi-FiワイヤレスマウスのUSBレシーバーを接続する必要があるため、ChromebookにUSB Type-Cハブを接続すると持ち運び性が犠牲になるからです。

その反面、Bluetoothであれば、USB Type-Cを利用しなくて済むので快適です。

 

イマイチに感じる部分

このBluetoothマウスは5ボタンに対応しているのでウェブページの閲覧に「進むボタン」、「戻るボタン」があるので便利なのですが、それでもイマイチに感じる部分もあります。

先ず、単4電池を2本も必要とする事です。実際に持って見ると、軽量で何も問題ないのですが、USB充電式ではないのでウ~ンといった感じ。

 

使い勝手 及び 感想

Chromebookに限らず、iPad Air にロジクールFolio Touchをドッキング装着した状態でもBluetoothマウスを利用していますが、Wi-Fiワイヤレスマウスと操作性は何ら変わりません。

タッチパッド付Bluetooth接続キーボードの場合では稀に挙動不審なカーソルの動き方をする場合が有るのですが、このBluetoothマウスの場合では、そのような心配は皆無と言った方が良いぐらい普通に操作できます。

何よりもUSBポートを利用しなくて済むのが一番便利に感じます。

 

Chromebook Bluetoothキーボード接続・使用方法(IC-BK08)
皆さん こんにちは! Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持していますが、持ち運びする場合では付属のキーボードよりもBluetooth接続の折りたたみキーボードの方が便利に感じます。 何故か...

 

Chromebook Bluetooth マウス 使用&比較レビュー

ここでは、ChromebookでBluetoothマウスを使用してどうだったのか?についての使用レビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

タッチパッドとの比較

Lenovo IdeaPad DuetのタッチパッドとBluetoothマウスの操作性についてですが、基本的にはどちら?を利用してもあまり不便に感じる事は少ないです。

Chromeでウェブページの閲覧をする場合にマウスが有ると便利に使えます。というのも、タッチパッドでジェスチャー操作するより、マウスのスクロールボタンをクルクル使った方が便利だからです。

5ボタンなので、「進むボタン」や「戻るボタン」も搭載していますから、マウスがあれば余計な操作をしなくて済むのが良いと感じます。

 

タブレットモードとの比較

次に、Lenovo IdeaPad Duetの場合はデタッチャブルなのでキーボードを着脱できます。キーボードを取り外すと自動的にタブレットモードに切り替わります。

このタブレットモードとマウスの操作性はどっちが便利なのか?についても紹介します。筆者の場合は圧倒的な大差でタブレットモードの方が便利だと感じます。

全て指先のタッチ操作で行えるので最強に感じます。それならばいつもタブレットモードで使えば良いのでは?と思うかも知れませんが、基本的にWindowsノートPCのサブとしての用途で利用しているため、タブレット端末としての使い方はあまり行っていません。

ちょっと勿体ないかも知れませんが、その用途はiPad Airが担当しているので、タブレット端末として使う必要が無いのである。