Chromebook iPad 併用は1つの用途に特化の活用方法

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebook iPadの両方を所持して併用による活用方法を実践していますが、自分で言うのも変ですが上手く活用していないと実感しています。

いわゆる得意連携や苦手としている部分を補完し合う併用の組み合わせでの活用になるため、どうしても切り捨てる事になってしまう部分が発生するのである。

流石にちょっとイマイチな活用方法だと実感している訳なので、現在は1つの用途に特化する活用による併用に切り替えています。

どちらの場合も本当にこれで良いのだろうか?というジレンマに陥っていたります。

今回の記事は『Chromebook iPad 併用は両機種ともに1つの用途に特化の活用方法が最適』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 併用も魅力的だが一本化も検討を

Chromebook iPad 併用する活用方法の場合では、同じ用途で利用できるのにも関わらず、あえて併用する選択となるため、用途的に被りやすいというデメリットが発生します。

併用による活用は魅力的

魅力的に感じるChromebookとiPadを便利に併用して活用している友人や会社の同僚がいたりすると、もしかすると自分も出来るかも知れないと思ってしまいます。

実際には経験の差があるため、全く同じ土俵で勝負していないので、上手く活用できない場合が圧倒的に多いです。特に併用の場合ではそれなりに経験も無いと、どの用途に活用すれば上手く併用が行えるのか?の判断が分かりません。

それなりに試行錯誤を繰り返しているので、上手く活用できるのである。

 

用途も被りやすい

併用の最大のデメリットは同じ用途で利用できる場合が多い部分に尽きます。仮に用途が被ってしまうと、用途の奪い合いが発生するので結果的にどっちかのガジェットを優先するパターンになりやすいです。

この状態になると、どっちかのデバイスは必然的にサブ用途に徹する事になるため、宝の持ち腐れになるか?サブに徹するのか?又は自宅で眠るのか?の3択になります。

併用というのは2つとも相互に並び立つ必要があるので、簡単に見えて実はとても難しいのである。

 

同じ用途で使えるガジェットは一本化の検討を

ともに並び立つ併用による活用方法が難しいと感じるのが実情になるのですが、この場合では一本化の検討も必要になります。どっちをメインで使うのか?ではなく、どっちか?1つを処分する選択。

せっかく購入したのに宝の持ち腐れになってしまったり、自宅で眠っているガジェットは統廃合の対象になります。だからと言って、購入して1年以内の場合は試行錯誤を繰り返すのも1つの方法になります。

でも、結局は使い道に困る展開も実際にあるため、一本化も真剣に検討した方が良いと考えます。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 併用する活用方法を実践

Chromebook iPadの併用による活用方法を実践しているので、その紹介になります。得意連携や苦手な部分を補う連携、1つの用途に特化の3パターン。

Chromebook iPad 得意連携による併用

ChromebookとiPadを併用する活用方法では、ウィン・ウィンの関係が何だかんだ言っても最適になりますが、この場合では切り捨てる部分も多いのが実情になります。

何故か?と言うと、用途がバッチリ被ってしまうからです。用途が被ってしまうと上手く活用できないのでよくない選択の1つになると考えます。

でも併用による活用では、そんな事は言っていられないので活用できるのであれば実践あるのみ。その結果、手応えを掴む事ができればラッキーだと思います。

 

Chromebook iPad 相互の苦手を補う併用

両機種の苦手な部分を相互に補うパターンも実践しましたが、これは継続的に活用できるのでベストな選択なのではないかな?というのが個人的な見解になります。

でも、時間が経過していくに連れてある事に気が付きます。「意外と面倒に感じる事をやっているな~」と感じるようになります。

それもその筈で、苦手にしている部分をChromebookやiPadで補完しているので手間を掛けているのである。 そもそも、そんな事はしないで1つで完結できるのではないか?とね。

現実的にはそれが難しいから、併用しているのですが、それでも飽くなき欲求が生まれるのである。

 

Chromebook iPad 相互に1つの用途に特化

併用による活用方法を色々とチャレンジした結果、最後に落ち着いたのが1つの用途に特化する活用方法になります。両機種ともに1つの用途に特化するパターン。

この場合では他のデバイスでは絶対に利用しないという固い意志も必要になりますが、途中でゴチャ混ぜにならなければ意外と便利に使える活用方法の1つになります。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 併用は1つの用途に特化する活用方法

iPadとChromebookを併用する活用では、何だかんだ言っても最終的には相互に1つの用途に特化する活用方法に落ち着いているのが実情になります。

 

Chromebookは、Google Chromeに特化する活用

Chromebookの場合ではAndroidアプリも利用できますが、基本的にGoogle Chromeで何でもかんでも行うノートPCになるため、Chromeが便利です。

PC版Google Chromeを搭載しているのでChrome拡張機能も使えるのが便利に利用できます。そのため、Chromeを利用する用途に完全に特化しています。

因みにWindows PCでもChromeを使っていますが、用途が被っている認識はありません。たぶんディスプレイサイズが明らかに異なるので功を奏しているのかも知れません。

 

iPad Air 4 Microsoft OneNoteに特化する活用

iPad Air 4では何に使っているのか?と言うと、デジタルノート活用になります。Officeアプリも使っていますが、基本的にはMicrosoft OneNote for iPadの利用に特化しています。

メインで利用しているWindowsノートPCでもMicrosoft OneNote for Windows10を利用する機会がありますが、必要に応じて編集する程度なので用途的に被らないように心がけています。

Apple Pencilを利用して手書き入力も行えるため、iPadアクセサリーも含めて便利に活用できます。

 

iPad mini 5 通勤&ゲームに特化する活用

iPad miniも所持していますが、こちらの機種に関して言えば、購入用途が通勤に持参するのが目的なので、用途は全くと言って良いほど被っていません。

仕事のストレスはゲームで発散している関係で、AndroidスマホのゲームをiPadに移管して、スマホではゲームをしていません。因みにiPad mini 5は仕事活用していません。

 

Chromebook iPad 併用の活用方法は使用アプリ共通化
皆さん こんにちは! Chromebook iPadの両方を所持している場合では、併用方法も重要になりますが、どのように活用すれば良いのでしょうか? この場合では両方の機種で利用するアプリは別々にした方が良さそうに感じま...

 

併用は1つの用途に特化と一本化どっちを選択?

Chromebook iPad を併用した場合では1つの用途に特化する活用方法で落ち着いていますが、あくまでも一時的な活用方法に過ぎないのではないか?と考えます。最終的には一本化になると予測します。

1つの用途に特化する活用の一長一短

ChromebookやiPadを1つの用途に特化した場合ではメリットもあればデメリットもあります。本来であればアレコレ色々な用途に活用できるかも知れないのに併用する事になるため、1つの用途に限定して活用となるため、勿体ない使い方になってしまいます。

だからと言って併用しなければどうなのか?と言うと、併用しない場合でもiPadに関して言えば1つの用途に特化した方が便利に使えます。

何故か?と言うと、色々な用途に利用できるが故の難しさという場合が多いです。iPadは確かに便利なんですけど、それも用途次第なのである。適切な用途とiPadの得意としている部分がマッチすれば最高のパートナーになりますが、必ずしもそうなるとは限らないです。

こればっかりは自分がiPadに何を求めているのか?や過度な期待を抱いていないか?でも変わってきます。

 

最終的には一本化

相互に1つの用途に特化する活用であれば、Chromebook iPad を併用するのは難しくないのですが、このアプリを使う場合はこっち、あのアプリを利用する場合はあっち!といった感じに使い分けるのも何かイマイチに感じます。

それならば、メインで利用しているノートPCも含めて最終的に便利に使える持ち歩けるノートPCを購入すれば良さそうに感じます。

とはいえ、ノートPCも含めて検討する場合では、それなりにお財布との相談も必要になるため、自分にとって最適に感じるタイミングまでは1つの用途に特化の活用方法が望ましいというのが個人的な見解になります。

何だかんだ言ってもスマホノートPCさえあれば特に問題ないのでは?と思うのは気のせいでしょうか?