Chromebook iPad 併用の活用方法は使用アプリ共通化

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebook iPadの両方を所持している場合では、併用方法も重要になりますが、どのように活用すれば良いのでしょうか?

この場合では両方の機種で利用するアプリは別々にした方が良さそうに感じますが、効率化の観点から考慮すると適切な選択とは言えません。

同じ用途で利用できるガジェットは、いずれ一本化して効率化を目指す展開が訪れる事になるため、その場合に備えて準備しておく事が求められます。

その為には使用するアプリは共通化しておいた方が無難です。

今回の記事は『Chromebook iPad 併用の活用方法は使用アプリ共通化』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 併用する活用方法

iPadとChromebookの併用では、相互の不得意な部分や苦手とする部分を補完し合う使い方 又は 得意連携による活用方法が最適に感じます。

Chromebook iPad 得意連携による併用

ChromebookとiPadを併用する活用方法では、両機種ともに得意な部分だけを利用するのが最適に感じますが、この場合は同時にデメリットにも直結します。

というのも、得意連携の場合では本当に得意な部分しか利用しないので、それ以外は切り捨てになる場合が多いからです。これでは本当に活用しているのか?分からなくなる場合があります。

でも、継続的に併用するのであればウィン・ウィンの関係が何だかんだ言っても最適なので仕方ない選択となります。併用という活用方法も一長一短があるので考慮も必要になります。

 

Chromebook iPad 苦手を補完する併用

もう1つ併用による活用方法が上手くいくパターンとして、両機種の苦手としている部分を相互に補完するパターン。この場合では同時にデメリットも発生します。

どんなデメリットなのか?と言うと、継続的に利用できる可能性が高い事に繋がるのである。え?と思うかも知れませんが、これはちょっと不味い展開になります。

何故か?というと、同じ用途で利用できるガジェットが2つ同時に並び立つ事になるので効率的とは言い難いです。しかもこの場合ではそれぞれ異なるアプリを利用する場合が多いので余計に並び立つ感があります。

 

Chromebook iPad 連携する活用方法

併用ではなく連携を目的にした活用方法もあります。併用の場合では並び立つ必要がありますが、連携であれば別に並び立つ必要はありません。

この場合では連携できるアプリが重要な役割を担う事になるため、最適なアプリが見つかるのか?も考慮が必要になります。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 併用する場合は連携できるアプリも必要

Chromebook iPad 併用する活用方法の場合では、相互に連携できるアプリも必要になります。何故か?と言うと、データ共有しないと時間が勿体ないからです。

ファイル転送アプリ

写真などの画像ファイルやミュージックファイルなどを各デバイスで共有したい場合では、ファイル転送アプリをインストールする事になります。

この場合では、メインで利用しているPC、Chromebook、iPad、スマホ間で簡単にファイル送受信できるアプリが必要になります。

何が良いのか?と言えば、実際にインストールしてみて、自分にとって最適なのか?で判断するのが賢明です。因みに筆者の場合はSendanywhereを利用しています。

Windows、Android、iPadで利用できるので、ファイル転送は便利で快適に利用できます。

 

Officeアプリ

メインで利用しているWindows PCではLibreoffice、ChromebookではGoogleドキュメント・スプレッドシート、iPadではWPS Officeを利用している場合では、一本化した方が良いと考えます。

Office互換アプリの場合では、別に一本化しなくてもOfficeファイルを編集できるので便利に感じますが、それぞれ機能が異なるので色々とな制約もあります。

だからといってMicrosoft Officeを全てのデバイスで利用できれば良いのですが、残念ながら色々な事情もあり、できない場合もあります。

 

ノートアプリ

Chromebook iPadの併用ではデジタルノートアプリも利用する場合があります。メモやノート系アプリはどのデバイスで利用しても共通のデータを利用できた方が効率的だと思います。

メモであれば違うアプリでも良いですけど、デジタルノートの場合ではデータ共有も必要になるので、両機種で利用できるアプリは同じが良いです。

 

スポンサーリンク

iPad Chromebook 併用の活用では使用アプリ共通化

iPadとChromebookを併用する活用では、残念ながら効率的ではないので、いずれ効率化を行う選択に繋がる可能性が高いです。この場合に障害となるのが使用しているアプリになります。

使用しているアプリは共通化を

アプリの何が障害となるのか?と言うと、それは同じ用途で使えるガジェットを別々のアプリで利用していると、どっちも便利に感じてしまうのでこれがないとダメといった感じになりやすいです。

当然の事ながらガジェット一本化する場合に障害となります。こっちの機種では操作方法が異なる場合や機能が足りない場合が有るといった感じになるので、結局のところ一本化は行えないパターンもあります。

これでは同じ用途で利用できるガジェットをずっと継続的に利用するという展開になるので、効率的ではないです。これでも良いのですが、可能ならば使用するアプリは共通化して、いずれ訪れるであろう?ガジェットの集約(一本化)への準備を行っておくのが無難です。

 

Officeアプリを共通化

筆者の場合はメインで利用しているWindows PCではLibreoffice、iPadではWPS Office、ChromebookではGoogleドキュメント・スプレッドシートを利用していましたが、サブPCの用途で利用するOfficeはGoogle系Officeアプリに一本化しています。

本当はLibreofficeで一本化したかったのですが、iPadやChromebookで利用できないので、サブの用途で利用するOfficeは共通化した方が良いと考えました。

 

デジタルノートアプリも共通化

メインで利用しているWindows PCを全ての中心としている関係で、Microsoft OneNoteも利用しています。このアプリは幸いな事にWindows、Chromebook、iPadアプリがあるので、データ連携が行えます。

どのデバイスで利用しても同じデータを編集できるので無駄がないです。この事に気が付いてから、併用による活用方法では使用するアプリは共通化した方が良いと思うようになりました。

とはいえ、実際にはAndroid版とiPad版は機能限定版の要素が強いので必ずしも最適とは言えないのですが、現状においては最適だと考えています。

 

Chromebook iPad 苦手を補う活用方法が併用に繋がる
皆さん こんにちは! Chromebook IdeaPad Duet と iPad Air 4 を所持しており、両方とも宝の持ち腐れにならずに活用していますが、現在の活用スタイルの落ち着くまでが試行錯誤の連続でした。 何...

 

iPad Chromebook 同じ用途で使えるガジェットは一本化を

iPadとChromebookを併用する活用方法を選択した場合では、同じ用途で利用できる部分も多いのが実情になるため、自分にとって最適に感じるタイミングで一本化した方が賢明の選択になります。

併用の活用方法は一時的には最適な選択

iPad Chromebookの併用は一時的には最高の活用方法になりますが、あくまでも一時的に過ぎません。どっちが便利に使えるのか?を優先するようになるため、いずれか?のタイミングで併用による活用が負担に感じるようになります。

負担に感じるようになってしまうと、残念ながら、便利に感じているガジェットをよく利用するようになるため、その時が訪れるまでは最適な選択となります。

これは個々の感じ方によっても個人差があるため、どのタイミングで訪れるのか?は分かりません。そのため、この期間中に一本化しても何ら問題ないようにしておいた方が良いのである。

 

同じ用途で使えるガジェットは一本化

一時的には最適の選択と言える併用による活用を実践している場合でも、いずれ無駄に気が付く事になるので、一本化の波には逆らえません。

やっぱり同じ用途で利用できるガジェットを2つ同時に並び立つようにするのは、家族で便利に活用できる場合を除いて、個人利用では難しいのが実情になります。

何だかんだ言ってもスマホとPCがあれば事足りるので、iPadとChromebookはもしかすると、両方も統廃合の対象にした方が良い場合もあります。

でも、ストレス発散にゲーム活用も魅力的なので、ゲーム活用できる方を残した方が良いかも知れません。