Chromebook iPad 苦手を補う活用方法が併用に繋がる

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebook IdeaPad Duet と iPad Air 4 を所持しており、両方とも宝の持ち腐れにならずに活用していますが、現在の活用スタイルの落ち着くまでが試行錯誤の連続でした。

何せ、同じ用途で利用できるので、どの用途で併用が可能なのか?を見つけられなかったのが敗因の1つになります。

ただでさえ、iPadはスマホとノートPCの中間的なポジションですし、この状態に加えてChromebook 2in1 が加わったのですから尚更です。因みにメインで利用しているのはWindowsノートPCなのである。

今回の記事は『Chromebook iPad 相互の苦手を補う活用方法が併用に繋がる』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです

 

スポンサーリンク

Chromebook 得意&苦手な部分を知る

ここでは、Chromebookの得意や苦手に感じる部分についての紹介になります。iPadシリーズと併用する活用の場合では、どちらも検討や考慮しないといけない要素の1つになります。

Chromebook 得意な部分

Chromebookの得意な部分は何なのか?と言えば、あまり見つからないと言った方が正解になります。あえて言えば、基本的にGoogle Chromeで何でもかんでも使いこなすノートPCになるため、Chromeが得意な要素に該当します。

PC版Google Chromeを搭載しているので、Chrome拡張機能を利用できるのが便利に感じます。あくまでも便利に使えるので得意というのは別問題なのではないか?と個人的に考えます。

Androidアプリも利用できますが、全てのアプリに対応している訳ではないため、過度な期待は禁物になります。因みに利用できないアプリはスマートウォッチ専用アプリが該当します。

その他にはキーボード・ショートカットキーが便利に使えるので、これをどのように活用するのか?でも変わって来るのでは?と思います。

 

Chromebook 2in1 苦手な部分

① オフライン
Chromebookはオフラインでも利用できますが、Chrome OSはデータをクラウドに預ける仕様になっているので基本的にインターネットに接続して使うノートPCになります。

 

② ゲーム
安価で購入できるChromebookの場合では、搭載されているCPUも含めてPC性能が低いので、ゲーム用途に活用するのは向いていないのではないか?と考えます。但し、PC性能が高い場合ではゲームに活用しても問題ないので一概には何とも言えません。

 

Chromebook 不便な部分

① デスクトップモード
Chromebookで不便に感じるところは、デスクトップモードになります。2in1で利用できる場合ではタブレットモードを利用できるので、デスクトップ画面が不便に感じる事は少ないです。

 

② タッチパッド
Chromebookでタッチパッド操作を行う場合では、ドラッグ&ドロップ操作が便利ではないです。この操作には向いていないのではないか?と感じるため、マウスを利用した方が賢明の選択になります。

 

スポンサーリンク

iPad 得意な部分と苦手な部分を知る

ここでは、iPadの得意や苦手に感じる部分についての紹介になります。Chromebookと併用する活用の場合では、どちらも検討や考慮しないといけない要素の1つになります。

iPad Air 得意な部分

iPadの得意分野は色々ありますが、イラスト・デザイン系 又は 手書き入力の用途に活用するのが最適に感じます。便利に使えるApple Pencilとの相性は抜群ですし、手書き入力にも便利に使えます。

さらには、これらの用途に活用する場合に役立つアプリも豊富にあるため、自分にとって最適に感じるアプリに巡り合う可能性が高いです。

最適なアプリを利用した方が便利に活用できるため、iPadを使いこなす役割を担う事ができます。そのため、アプリ選びも重要になります。

 

iPadシリーズの苦手な部分

iPadの苦手な部分は有るのかな?と思ってしまいますが、得意な部分があれば必ず苦手としている部分も有るものです。あえて言えば、日本語キーボード入力が該当するのではないか?というのが個人的な見解になります。

何故か?と言うと、iPadには魅力的に感じるSmart KeyboardMagic Keyboardなどのキーボードケースも利用できますが、これらのアクセサリーを利用しても、ノートPC代用が行えないからです。

特に初めてiPadシリーズを購入した場合ではiPadで利用できる日本語入力に慣れていませんから使いづらいと感じます。

やっぱり、自分にとって最適に感じる日本語IMEなのか?が重要となるため、日本語キーボード入力活用を行うのであれば、素直にメインで利用しているPCで行った方が最適です。

 

iPad ノートPC活用について

iPadシリーズで利用できる魅力的なキーボードケースも利用できますが、これらの周辺機器アクセサリーを利用してもPC代用できないです。

さらに言えば、iPadでキーボード入力も行えますが、この用途は果たしてどのぐらい有るのでしょうか?メインで利用しているPCの方が圧倒的に便利なのにも関わらず、ノートPC活用しても自分の目的が達成できるとは限りません。

仮にこの場合では買って満足する展開になるため、余計な出費に繋がります。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 苦手を補う併用による活用方法

色々と試行錯誤を繰り返した結果、ChromebookとiPad Airを併用する場合では相互に苦手としている部分を補う併用による活用方法が最適に感じます。

併用による活用(試行錯誤を繰り返した結果)

① 1つの用途に特化
Chromebook iPadをどうやれば上手く活用できるのか?を試行錯誤を繰り返したのですが、その中でも一番最適に感じたのは、2つになります。

iPadとChromebook両方とも1つの用途に特化させるパターン。デメリットも有りますが、継続して活用するのであれば、この方法しかないのではないか?というのが個人的な見解になります。

 

② 相互の苦手を補完する活用
もう1つが得意連携ではなく、Chromebookの苦手としている部分をiPadで補い、iPadが苦手としているのかな?と思われる部分をChromebookで補完するパターン。

 

併用するのであれば得意連携が最適

ChromebookとiPadは用途的に競合するので、用途が被りやすいのが実情になります。これをどうにか?したいのであれば、やっぱり得意連携での併用が最適に感じます。

この場合にデメリットはお互いに競合するので、得意連携は本当に用途を無理やり使い分けしないと逆に難しいのではないか?と考えます。

たぶん、そのようにやっていると、いつの間にかゴチャ混ぜになっているパターンが多いです。

 

Chromebook iPad 相互補完による併用が望ましい

1つの用途に特化する活用方法と相互の苦手としている部分を補う活用方法はどっちが最適に感じるのか?と言えば、たぶん相互に補完できる関係が望ましいのではないか?というのが個人的な見解になります。

1つの用途に特化した方が継続的にずっと利用できる可能性が圧倒的に高いですが、この場合だと無理やり使い分けしている感があるので、いずれどこかのタイミングで一本化する必要性に迫られます。

何故か?と言うと、無理やり使い分けしている感があるので、どうしてそんな事をしているのかな?と考える場合があるからです。

 

Chromebook iPad 得意連携で併用する活用方法が便利に使える
皆さん こんにちは! Chromebook Lenovo IdeaPad Duet と iPad Air 4 を所持していますが、どのように連携して活用すれば便利に使えるのか?も重要になります。 何せ同じ用途で利用できる...

 

Chromebook iPad アプリは共通化を

ChromebookとiPadを併用する場合では、利用するアプリは共通化した方が良いと考えます。その理由としては、いずれ訪れるかも知れない一本化への対策になります。

Chromebook iPad アプリ共通化

ChromebookとiPadで利用するアプリがバラバラの場合では、効率的に良くないのではないか?と考えます。異なるデバイスでも同じアプリを使った方が操作方法も楽ですし、データも共通化できるので結果的に作業の効率化に繋がります。

とはいえ、ゲーム利用している場合では無理ですけれども、仕事や生活用途で利用しているアプリであれば、十分に可能なのではないか?と思います。

どうして共通化した方が良いのか?と言うと、併用の場合では一時的には最適に感じる活用方法なのですが、時間が経過していく内に、どうして併用しているんだろうか?と考える展開になります。

この時に実際に使っているアプリが同じであれば一本化が簡単に行えます。

 

Chromebook iPad 併用による活用方法について

用途に競合するChromebookとiPadは併用による活用が行えますが、たぶんそれは一時的な併用になる可能性が高いです。 一時的というのは人によっても期間がバラバラなので一概には何とも言えません。

最終的に行き着く先が一本化になるのではないか?と感じます。でも、実際には両方で利用しているアプリが別々の場合ではそれも難しいので本当に一本化できるとは限りません。

でも、効率的な活用を考慮するのであれば、同じ用途で利用できるガジェットは、なるべく集約した方が良いと考えます。