Chromebook iPad 得意連携で併用する活用方法が便利に使える

スポンサーリンク
Chromebook

 

皆さん こんにちは!

Chromebook Lenovo IdeaPad Duet と iPad Air 4 を所持していますが、どのように連携して活用すれば便利に使えるのか?も重要になります。

何せ同じ用途で利用できる競合商品なので利用しないと勿体ないですし、宝の持ち腐れになってしまうので、購入したは良いけど後悔に繋がってしまうからです。

これではせっかく買ったのに意味がないですから併用できるように上手く活用も兼ねて試行錯誤している感じになっています。

今回の記事は『Chromebook iPad 得意連携で併用する活用方法が便利に使える』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 メリット・デメリット

ここでは、Chromebook 2in1の一長一短についての紹介になります。メリットやデメリットも活用する上では重要な要素になるため、把握しておく必要があります。

Chromebook 2in1 メリット

Chromebook 2in1の場合だと、何が得意なんだろうか?と思ってしまうのは気のせいでしょうか?そもそも良いところ取りをしたようなノートPCに該当するので、これといって得意な部分は見当たらないです。

何せ必要に応じて臨機応変にノートPCとタブレット端末に切り替える事ができるので、どのパターンにも対応できます。しかも3つパーツから構成されているので3つとも取り外せるのである。

あえて言えば、PC版Google Chromeを搭載しているので、Chrome拡張機能を利用できる部分がメリットに感じます。iPadにもChromeをインストールできるますが、モバイル版になるので拡張機能は利用できません。

拡張機能を利用できると足らない機能を追加してChromeをパワーアップする事ができるので、使い方次第で便利に活用できるようになります。

 

Chromebook 2in1 デメリット

① 本体
Chromebook Lenovo IdeaPad Duetのデメリットは、折りたたみした状態でキーボードが動いてしまうので完全にディスプレイを保護できない部分に尽きます。スタンドを利用している状態で折りたたみするとよく分かります。

 

② Chromebook
Chrome OSの特徴として、データはクラウドに預ける仕様になっているため、本体ストレージが少なめになっている場合が多いです。Lenovo IdeaPad Duetのように128GB以上のストレージを搭載している場合もあります。

 

③ Androidアプリ
Chromebookは基本的にGoogle Chromeで全ての作業を完結するためのPCになりますが、Androidアプリも利用できます。でも、全てのAndroidアプリに対応している訳ではないので利用できない場合もあります。

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 メリット・デメリット

ここでは、iPad Air 4 の一長一短についての紹介になります。メリットやデメリットも活用する上では重要な要素になるため、把握しておく必要があります。

iPad Air メリット

iPad Air は高性能なCPU 及び 大容量ストレージを搭載しているので何をするにも安心してアプリを利用できるのが便利に感じます。ゲーム利用でも何ら問題ありません。

さらに、USB Type-Cを搭載しているため、キーボードやマウス、USB Type-CハブといったPC周辺機器を利用できるのも便利に使えます。豊富なアクセサリーも充実しているので、自分にとって最適に感じるアイテムが見つかりやすいです。

直感的な操作が行えるのでタッチ操作 及び Apple Pencilでの操作が便利に感じます。

 

iPad Air デメリット

iPadは魅力的に感じる豊富なアクセサリーも充実しているため、Apple純正のSmart KeyboardやMagic Keyboardなどのキーボードケースを利用してノートPCのように活用できます。

でも、キーボードケースを利用したからといって、ノートPC代用できないので注意が必要になります。あくまでもPCのように利用できるに過ぎないので過度な期待を抱いていると大きなギャップを感じます。

 

iPad Air 用途が被るデメリット

iPadも含めてタブレット端末の場合は、スマホとノートPCの中間的なポジションに該当するため、どちらの用途にも被りやすいのが実情になります。この場合では用途の奪い合いも発生しやすくなるので必ずしも最適とは言い難いです。

というのも、用途が少なくなればなるほど実際の利用頻度も少なくなる可能性も高くなるので、オンリーワンの用途(iPadじゃないと実現できない)が無いと厳しいです。

iPadでは◯◯の用途しか利用しない!他のデバイスでは◯◯の用途は利用しない!という固い意志でもない限り、いつの間にかゴチャ混ぜになってしまう場合が多いからです。

 

スポンサーリンク

Chromebook iPad 得意連携で併用する活用方法

ChromebookとiPad Airを併用する場合ではお互いの苦手としている部分を補う活用方法も魅力的に感じますが、得意としている部分の連携が最適に感じます。

ウィン・ウィンの関係で活用が最適

幸いな事にChromebookとiPadの場合はノートPCとタブレット端末であるため、競合関係にありますが、使い分けが可能な関係にあります。使い分けが行えれば、どのように活用すれば良いのか?だけになるので、その一点だけに集中すれば良いです。

Chromebookが得意な部分はGoogle Chrome、iPadが得意な事は手書き入力も含めてタブレット端末の用途が最適です。

キーボード入力も含めて、ネット閲覧や動画視聴の用途はChromebookに任せて、iPadはデジタルノート活用が最適に感じます。

 

苦手な部分を利用しない活用方法

これは賛否両論になりますが、苦手な部分を利用しない活用しない方法では、せっかく機能があるのに勿体ない感じになってしまいますが、割り切る事も必要になります。

そんな事を気にしていたら、何でもChromebookやiPadで実現しないと気が済まなくなるので、結果的に余計な出費にも繋がります。余計な出費をするのであれば切り捨てた方が経済的です。

 

Chromebook iPad連携は相互補完に繋がる

用途的にも競合関係に該当するChromebookiPadは実は連携活用が行なえます。具体的にはどのように連携するのか?というと、ChromebookはAndroidアプリも利用できるため、iPadでも利用できるデジタルノートアプリを活用するのである。

筆者の場合は、Microsoft OneNoteを「Chromebook、iPad Air、WindowsノートPC」で利用しています。どのデバイスで利用しても同じデータを利用できるので効率的に利用できます。

 

Chromebook 2in1 と iPad Air 4 比較レビュー
皆さん こんにちは! iPad Air 4 及び 2in1 Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持していますが、両方とも現役で活用しています。 両方ともサイズ的には少し異なりますが、それでも...

 

Chromebook iPad 相互の苦手な部分を補う活用方法もある

Chromebook iPad の併用による活用では、相互の苦手としている部分を補完し合う活用方法も理想的です。得意連携の活用も魅力的に感じるのでどっちが良いのか?は分かりません。

Chromebook iPad 苦手な部分を知る

ChromebookやiPadの苦手な部分を知る事によって、併用する活用方法も見つかりますが、Chromebookはオフラインでも利用できますが、基本的にはオンラインでの利用を想定しています。

苦手な部分になるのはオフラインという事になります。それに対してiPadはどうなのか?と言うと、オンラインでもオフラインでも便利に使えるので一見すると苦手な部分は無さそうに感じます。

iPadの場合ではマルチタスクにも対応していますが、あくまでも画面を2分割して利用する 又は アプリを重ねて表示する事ができるに過ぎません。

あと、キーボード入力も弱点に感じます。iPad標準の日本語IMEが自分にとって最適に感じるのであれば何も問題ありませんが、使い慣れていない場合では最適な選択ではないと思います。

 

苦手な部分を補う活用方法

Chromebookはオフライン活用、iPadはマルチタスク活用+(日本語キーボード入力)が弱点になるため、この弱点を相互に補完し合う関係を構築できれば併用する活用方法が行えます。

そうなると原点回帰が最適な選択となります。iPadはノートPCのように利用できますけど、タブレット端末の用途が最適です。

Chromebookは2in1タイプもありますけど、ノートPC用途が最適です。もし、メインで利用しているPCがデスクトップの場合であれば、サブPCの用途での活用が上手く利用できるのではないか?と考えます。

それに対して、メイン利用がノートPCの場合は相性が悪いので、現実的には自分にとって最適に感じるタイミングで一本化を行うのが賢明の選択になります。