Chromebook 2in1 と iPad Air 4 比較レビュー

スポンサーリンク
Chromebook use

 

皆さん こんにちは!

iPad Air 4 及び 2in1 Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持していますが、両方とも現役で活用しています。

両方ともサイズ的には少し異なりますが、それでも同じ10インチ台のサイズになるため、同じ用途で利用できるガジェットに相当します。

両機種どちら?を選択すれば良いのかな?と悩む場合もあるため、両機種について比較してみるのも面白いかな?と思いました。

今回の記事は『Chromebook 2in1 Lenovo IdeaPad Duet 及び iPad Air 4 比較レビュー』についての内容になります。

参考になるのか?分かりませんが、最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 及び iPad Air について

ここでは、Chromebook IdeaPad Duet 及び iPad Air 4 についての紹介になります。先ずは双方の仕様についての確認となります。

Lenovo IdeaPad Duet 仕様

【外観】
Display : 10.1型 WUXGA IPS液晶(解像度 1920 × 1200ドット)

size Tablet : 239.8 × 7.35 × 159.8 mm
size NotePC : 244.9 × 18.2 × 169.3 mm

weight : Tablet 454g、Keyboard 260g、Stand 220g、Total 934g

 

【PC性能】
CPU  :  MediaTek Helio P60T プロセッサー
OS : Chrome OS
Memory : 4GB
Storage  : 128GB

USB端子: USB Type-C 2.0(DisplayPort出力機能付、DC-in機能付)

 

【特筆事項】
タブレット本体、キーボード、スタンドは必要に応じて着脱できるようになっています。

 

iPad Air 4(256GB)Wi-Fi 仕様

サイズ : 247.6mm × 178.5mm × 6.1mm
重量  : 458g
容量  : 256GB

チップ : A14 Bionicチップ
画面等 : 10.9インチ Liquid Retina ディスプレイ

端子等 : Smart Connector、USB Type-C

その他 : ステレオスピーカー、12MP広角カメラ
同梱物 : USB Type-C充電ケーブル(1m)、20W USB-C電源アダプタ

認証等 : Touch ID による指紋認証

 

スポンサーリンク

Chromebook 2in1 Lenovo IdeaPad Duet レビュー

2in1 Chromebook IdeaPad Duet のレビューについての紹介になります。メリット&デメリットも含めた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

IdeaPad Duet 細部に甘さが目立つ

一見すると、ドンピシャ!な感じの2in1 PCになりますが、細かい部分はイマイチな部分が多いのが実情になります。見た目では申し分ないのですが細部に甘さが目立ちます。

 

① ドッキング部分
タブレット本体とキーボードを取り外してから、再度ドッキングする場合にマグネット吸着できるのは良いのですが、稀にうまくドッキングしないのである。

 

② キーボード
タブレット本体、キーボード、スタンドを全てドッキングした状態で持ち運びする場合では、キーボードが左右に動いてしまうので、ディスプレイを完全に保護する事ができません。

 

③ 重たい
スタンド部分だけで220gあるため、余計に重たく感じます。10インチサイズで、934gある2in1ノートPCというのはちょっと微妙に感じます。

 

IdeaPad Duet イチオシ

iPad Air よりも安価で購入する事ができ、キーボードも付属しているので購入したら、直ぐにキーボード入力が行えるのは便利に感じます。

日本語IMEもGoogle日本語入力なので、ローマ字変換した場合でも変換キーを連打しなくてもスムーズに変換できるのが良いと思います。

 

IdeaPad Duet 評価&レビュー

① 本体ストレージ
Chromebookの場合では、基本的にデータはクラウドストレージに預ける仕様になっているため、本体ストレージは32GB~64GBが多いですが、128GBも搭載しているので助かります。

 

② Google Chrome
Chromebookに搭載されているGoogle Chrome PC版が搭載されているため、Chrome拡張機能を利用する事ができます。iPad版Chromeでは拡張機能を利用できないので便利に感じます。

 

③ アプリ
ChromebookはChromeブラウザで完結できる仕様になりますが、Androidアプリも利用できるようになっているため、豊富なAndroidアプリも利用できるのが便利に感じます。

但し、全てのAndroidアプリに対応している訳ではないのがイマイチに感じます。

 

④ Chromebook レビュー
iPad Air よりも安価で購入できるのは素直に喜ばしいのですが、CPUが非力なので、ゲーム用途には向いていないと感じます。

壁紙の画面でアプリのアイコンを配置できないため、よく利用するアプリはシェルフ(iPadのDockに相当する部分)に追加しておく必要があります。

あと、起動時ログイン方法でSmart Lock解除を行う場合は、Androidスマホが必要になりますが、設定方法が簡単という訳ではなかった気がするので、ちょっとハードルが高い感じになります。

 

Chromebook IdeaPad Duet レビュー(Lenovo)
皆さん こんにちは! iPad Air 、iPad mini 、Chromebook Lenovo IdeaPad Duet を所持して、実際に使っていますが、同じ用途で利用できる競合商品だったりします。 そのため、用途...

 

スポンサーリンク

iPad Air 4 レビュー

iPad Air 4 のレビューについての紹介になります。メリット&デメリットも含めた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

iPad Air 4 アクセサリーが豊富

iPad Air に限らず、iPadシリーズでは魅力的に感じる周辺機器アクセサリーが豊富にあるのが特徴の1つになります。

必ずではないのですが、自分にとって最適に感じるアクセサリーが見つかる可能性が高いです。

Apple純正のキーボードケースを利用すれば、見た感じノートPCそっくりに利用できるSmart connectorに対応したキーボードケースも利用できます。

iPadを紙のノート代わりに活用する場合に役立つApple Pencilも利用できます。

 

iPad Air 4 イチオシ

① USB Type-C
iPad Air 4 のイチオシ部分は何処なのか?と言うと、たぶんUSB Type-C端子ではないか?と感じます。直挿しタイプのUSB Type-Cハブを利用できるので一体運用可能です。

さらにはUSB機器も接続できるため、iPad Air をパワーアップする事が容易に行えるのである。しかも、PCマウス(Wi-Fiワイヤレスマウス)や USBメモリも利用できます。

 

② ロック解除
iPad Air はTouch ID(電源ボタンに搭載)による指紋認証にてロック画面を解除できます。

 

iPad Air 4 評価&レビュー

① ウィジェット
ロック解除を行わくてもウィジェット利用できるのが便利に感じます。ランチャーウィジェットを利用すれば、ホーム画面のアイコン整理にも役立ちますし、同じサイズ同士を重ねて表示できるのも便利に使えます。

 

② マルチタスク
Split View(2画面に分割表示)、Slide Over(アプリを重ねて表示)という2種類のマルチタスクを利用できるため、◯◯をしながら何かを行う事もできるようになるのが便利に感じます。

 

③ iPad Air レビュー
ウィジェットも確かに便利に利用できるのですが、全てのアプリが対応している訳ではないので、実際には自分にとって最適に感じるウィジェットがあまり見つからないというオチがあります。

さらには、Apple Pencil 2を利用する場合では、ペン先が消耗品になるので、頻繁に利用すると交換も必要になるのが盲点の1つになります。

安価で購入できる市販品の場合だと、直ぐに摩耗してしまう場合が多いので、その結果として、ペン先は純正品を選択するのが賢明となってしまうのである。

 

iPad Air 4 及び Smart Folio レビュー
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPad Air 4 & iPad Smart Folio レビュー』についての内容になります。 iPad mini 好んで仕事でも使っていましたが、画面サイズが小さいという事...

 

Chromebook IdeaPad Duet 及び iPad Air 4 比較レビュー

ここでは、IdeaPad Duet と iPad Air 4 の比較レビューについての紹介になります。純粋な比較はできないので、タブレット本体での比較とさせていただきます。

Chromebook 評価

ChromebookにはGoogle Chrome PC版が搭載されていますが、Androidアプリも利用できるため、他のブラウザを利用する事も可能です。

でも、ウィジェットは標準で対応していないので、TaskbarというAndroidアプリをインストールして設置する 又は Chrome拡張機能を利用してウィジェットを利用するの2択となります。

この事も含めて考慮すると、iPadのような便利さ 及び ウィジェットを求めるのであれば、不向きになるのでは?というのが個人的な見解になります。

 

iPad Air 評価

iPad Air はChromebook と比べてそれなりに高い金額で購入となりますが、便利に感じる機能が多いですし、性能も高いので、性能面においては申し分ないです。

特にロック解除やウィジェットはChromebook とは比較にならないぐらいに素晴らしいため、毎日利用したくなってしまう魅力が満載です。

とはいえ、不得意に感じる部分もあるため、それに気が付かないと活用方法で悩む展開に発展する可能性も意外と多いのでは?と考えます。

 

Chromebook iPad Air 比較レビュー

2in1 Chromebook と iPad Air 4 どっちが良いのか?は純粋な比較ができないので、一概には何とも言えないですが、それなりの性能便利さ(快適さ)を求めるのであればiPad

安価で購入できて、Chrome拡張機能を利用できるタブレット端末を求めるならば、2in1 Chromebookを選択するのが良いと思います。