iPad Pro購入時の悩み!買う・買わない・待つ?悩み解決方法

iPad 購入前・購入後

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は iPad Pro を購入する場合の悩みについての紹介になります。

購入時に悩むのは今買った方が良いのか?それとも次のバージョンを待つべきか?でよく悩みます。筆者なりの解決方法はどうしているのか?についての内容になります。

因みに iPad Pro は購入していません。保有しているのは iPad mini です。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

iPad Proを購入する場合に悩むこと

筆者の場合は画面サイズと、どのシリーズにするのか?でよく悩みます。一番欲しいと感じているのは iPad Pro なのですが、果たしてこれを購入しても使いこなせるのか?で大いに悩みます。

 

 

どのiPadを購入するのか?

悩むといえば、画面サイズが悩ましいと思います。miniを除いて、10〜11インチ 及び 12.9インチというサイズ感なので、通常であればタブレットという事もあり10~11インチで問題ありません。

そうなると、iPad Air 又は iPad pro 11インチの2択になりますが、この2種類の中で性能が良いのはiPad Pro になります。

でも、価格が高いので購入する場合は、お財布と相談する事になるので躊躇する展開になりやすいです。

 

iPad Air でも良いのでは?

躊躇する理由としては、価格が高いのは勿論のこと、Smart Keybord も関係してきます。iPad Air や 無印でもSmart Keybordを利用する事が出来るので文章入力が行えるのである。

気になるのは、Face ID(顔認証)又は Touch ID(指紋認証)、インターフェース(USB Type-C、Lightning)の違いといった部分ぐらいなので、この部分を解決できれば iPad Pro じゃなくても良いのである。

その他の理由としては使いこなさせるのか?も気になる部分になります。

 

スポンサーリンク

購入する気満々でも煮え切らない

いつも新しいiPadシリーズが発表されると、購入するか?それとも次回まで待つか?真剣に考えて悩む展開に陥ります。いつも煮え切らないで買えないパターンが多いです。

 

 

煮え切らない理由

どうして煮え切らないのか?になりますが、現在使用している iPad mini使い道が見つからないのが最大の理由になります。

新製品を購入した場合では全てにおいて関心が高いこともあり、現在愛用している iPad mini はもう使わなくなってしまう傾向が高くなると思います。 これでも良いのか?という部分が踏ん切りがつかないのである。

サブ端末にしてしまえば良いのかも知れませんが、タブレットは既にスマホやPCのサブ端末なので、サブのサブ?というのは如何なものかな?と考えます。

 

仕様(性能)がイマイチ

煮え切らない理由の1つとして、新製品の性能も関係してきます。自分が求めていた性能では無いけれども魅力的に感じるといったパターン。

この場合では、性能的な面は妥協する事になります。でも、iPad Pro の場合はPC並みの高性能端末ですから価格が高いです。

妥協なんてとんでもないので、妥協するぐらいなら買わない選択が正しいと割り切っています。どんなに魅力的に感じていても、自分が求めていた性能ではない場合は買わないのが賢明の選択になります。

 

買うか?待つか?迷った場合の解決方法

iPad Pro を購入するのか?次回まで待った方が良いのか?で悩んでしまった場合の解決方法は大きく分けると2種類あると思います。

 

 

頭を冷やせるのか?がポイント

今すぐ欲しい!と思っている場合では、頭を冷やしてみるのが最適な解決方法になります。今は頭の中が欲しくて仕方がないという状態なので正常な判断が出来ない可能性が高いです。

2週間ぐらい頭を冷やしてから購入の判断を行うのが最適になります。2週間も待って、それでも欲しくて仕方ないのであれば購入してOKです。

でも、少しでも迷いがある場合は購入しない選択が正しいと思います。迷っているのに欲しいが先行して買ってしまうと、後で後悔する場合があるからです。

 

購入したiPadシリーズで何を行うのか?

迷う原因として、新しく購入したiPadで何を行うのか?というのも重要な要素になります。ネット閲覧や動画視聴といっただけならば、iPad 以外でも行えるので明確な目的がないと説得力に欠けます。

ただ欲しい!友人や同僚が持っているから自分も購入するといった理由の場合だと、使いこなせなくて持て余す結果に繋がってしまうので購入して勿体ないというまさかの展開に発展します。

このようにならない為にも何を行う為に購入するのか?という部分は重要です。友人や同僚に対して堂々と言える目的が有った方が賢明の選択になります。

 

iPad Pro 使いこなせるのか?で決める!

最高スペックである iPad Pro を購入した場合では、使いこなせるのか?というのも重要になります。これが出来ない場合では、何の為に一番高い iPad を購入したのか?という自問自答になってしまいます。

自分の能力に見合った iPad で良いと思うのは気のせいでしょうか?この際、見栄とかは一切考えないで純粋に、『この機種を買わないと自分のやりたい事が出来ないんだ!』という理由を探して見つかったら購入するで良いと思います。

もし、見付からなかったら、他のiPadシリーズでも問題ないという裏返しになります。

 

iPad Pro or iPad Air で悩んだ場合

10〜11インチのiPadシリーズでは、iPad Air と iPad Pro で悩む事になります。この場合で悩んでしまって困った場合の解決方法を紹介したいと思います。

 

 

USB Type-C なのか?も考慮

インターフェースがスマホと共用化できるのか?も考慮すべきポイントになります。常に携帯しているスマホの充電端子がUSB Type-C に対応しているのであれば、iPad も可能ならば同じにした方が良いと思います。

もしもバッテリー切れになってしまった場合ではスマホと共用できた方が便利ですし、持ち運ぶ際にも持ち物の軽量化に繋がります。

3in1対応充電ケーブルを利用するのも1つの方法になりますが、この場合では純正品ではないですから安心感が低くなります。

 

周辺機器も考慮

Smart Keybord を利用するのか?というのも大きな要素になります。iPad シリーズの場合では、キーボードやマウスを利用する事が出来るのでノートPCスタイルで文章入力が行えます。

これが魅力的なのですが、実際の話、購入当初は必要だからと買ったは良いけど、そんなに使っているのか?というと、使用頻度としては少ない場合が多いです。

というのも、iPad シリーズにキーボードやマウスを利用できるようにしたからといってノートPCにはならないのである。

この事を承知の上で購入していれば何も問題ないのですが、承知していない場合では、どうして出来ないんだろう?と悩む事になります。

 

iPad Pro 購入の結論

iPad Pro を購入する場合の結論についての紹介になります。あくまでも筆者の考えになるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

買う?買わない?の選択

欲しくて欲しくて仕方がない状態で購入するのは良くないです。iPad シリーズに限らず、何か高い物を購入する場合では、他の事も考えられる状態になってから購入するのが最適です。

欲しいが先行している状態では物事を正常に判断する事が出来ない状態になっている場合が多いため、少し間隔を置いてから、再度購入するのか?次のバージョンを待つのか?の判断を行うのが賢明の選択になります。

買って後悔しないようにしないといけません。

 

iPad Pro or iPad Air の選択

時には妥協する事も必要になりますが、iPad Pro に関して言えば、妥協してはいけないと考えます。妥協すると、後で後悔する可能性が高くなります。

iPad Pro を購入しようと考えていたけど、価格が高いという理由で iPad Air にするといった妥協の仕方は良くないです。

それに対して、価格ではなく、純粋に何を行うのか?を考慮した場合では、よく考えてみたら iPad Air でも十分という事が分かったので iPad Pro は購入しないという妥協はOKです。

 

iPad使い道ないのに購入して活用方法で悩むより買わない選択を
皆さん こんにちは! 今回の記事は『iPadの使い道がないのに購入して、どんな用途で活用するのか?で悩むより、買わない検討や選択も考慮を』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸い...