黒糖生姜レビュー&飲みレポ!台湾の黒糖老薑茶は生姜が強い黒糖生姜湯

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『黒糖生姜茶のレビュー 及び 飲みレポです。台湾のチェーン店スーパーの全聯福利中心で購入する黒糖老薑茶は黒糖よりも生姜の辛さが効いている生姜湯』についての内容になります。

台湾旅行での自分へのお土産として購入 又は ネット通販(Amazon)でお取り寄せ購入する黒糖老薑茶は愛飲ドリンクの1つになります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

台湾の黒糖老薑茶は黒糖生姜の飲み物

黒糖老薑茶は、お茶と表記されているので、お茶葉なのかな?と思う場合もありますが、原材料に茶葉は含まれていないです。台湾の黒糖生姜湯になります。

黒糖老薑茶について

① 原材料
主成分 : 黒糖、生姜エキス、生姜粉末、砂糖

 

② 付属品
専用スプーンが入っています。中に埋もれている場合が多いため、プルトップ缶を開封したら、よくかき混ぜて探して下さい。

 

③ 黒糖生姜
沖縄産の黒糖生姜と異なり、一番多く含まれているのが黒糖になります。黒糖の次に多く含まれているのが生姜エキス、生姜粉末となります。

原材料での生姜が含まれている割合が高い事もあり、口の中に含んだ時の感じ方が、明らかに生姜が効いているな!というのが分かります。

 

ネット通販(Amazon)でも購入

① 購入場所
台湾旅行の場合では、全聯福利中心で購入しています。内容量が500g入っているプルトップ開閉の缶になります。いつも2~3個ぐらい購入しています。

 

② Amazonで購入
台湾旅行では、黒糖生姜の「黒糖老薑茶」は自分へのお土産として購入しています。台湾旅行に行けない場合はネット通販で、お取り寄せ注文となります。

ネット通販の場合では缶入りは購入できないため、袋入りのタイプを注文しています。割高感がありますけど、多少は仕方ないかな?といった感じです。

 

スポンサーリンク

風邪や咳(せき)の症状時に飲みたい飲み物

黒糖老薑茶は黒糖生姜の飲み物なので、冬の寒いシーズンや風邪・咳の症状の時に飲みたい飲み物になります。愛飲ドリンクの1つになっているため、冬の定番かも知れません。

風邪や咳の症状を確認したら飲む

咳が出始めた頃から飲むと、だいたい2〜3週間ぐらい飲み続けていると、いつの間にか咳が止まっている場合が多いです。

でも、咳の出始めに飲まない場合では、悪化する場合もあるため、とにかく咳が何回か出たのを確認する事が出来たタイミングで飲まないと効果が得られないといった感じになります。

とはいえ、あくまでも筆者の場合に限定されるため、他の第三者の場合では同じようにならないと思います。こればっかりは症状も個人差がありますし、自分がどのぐらい免疫力が有るのか?も関係して来ると思うので一律的に判断できません。

 

黒糖生姜は医薬品ではない

筆者の場合は風邪や咳の症状が出たら飲むようにしている関係で、あまりお医者さんのお世話になっていないのが幸いなのですが、これを飲んだからといって、症状が改善すると思い込むのはリスクを伴います。

黒糖生姜は医薬品ではないため、即効性は期待できないですから、咳が止まる事を信じて継続して免疫力アップを期待するしかないです。

でも、実際に、このタイミングで飲んで何回か風邪や咳の症状が回復しているのが影響しているため、継続して愛飲しています。

勝手な思い込みで現在に至りますが、少なくとも免疫力アップには役に立っていると自分では思っています。

 

免疫力アップに期待

生姜湯でもそうですが、黒糖生姜の飲み物を飲むと身体が温まりポカポカになります。身体が温まれば免疫力もアップするので、この用途には最適だと思います。

但し、美味しくないのに愛飲すると、ストレスの原因にも繋がるため、自分自身と適合しているのか?は重要になるため、自分に合っているのか?は確認した方が良いです。

 

台湾の全聯で買う黒糖老薑茶のレビュー

台湾の黒糖生姜湯である黒糖老薑茶のレビューになります。いつも台湾旅行の自分へのお土産として購入する場合が多いのですが、台湾旅行に行けない場合はネット通販(Amazon)でも注文して購入しています。

黒糖老薑茶の色

沖縄の黒糖生姜の場合では白っぽい粉末になりますが、黒糖老薑茶の場合は赤みが掛かった茶色(赤茶色)に近いです。

熱湯を注ぐと、濃いめのブラウンといった感じの色合いになりますが、どのぐらいの量を入れるのか?によっても異なります。

 

黒糖より生姜が強い黒糖生姜湯

黒糖生姜の飲み物は、黒糖の甘さが効いていて、口の中に入れた瞬間に甘いと感じる飲み物が多いのですが、この黒糖老薑茶の場合はそのイメージではない飲み物になります。

確かに甘く感じますけど、生姜の辛さが強いので、違和感を覚えるかも知れません。生姜が好きな人にとっては美味しく感じられますが、生姜が苦手な人にはあまりオススメできません。

とはいえ、全ての黒糖老薑茶がこのような味わいなのか?というと、そうでもなく、台湾のチェーン店スーパーである全聯福利中心で購入する黒糖生姜の場合に限られると思います。

実際のところ、飲んでみないと何とも言えないのではないかな?と感じます。

 

台湾では内容量500g缶、ネット通販は袋入

台湾の全聯で買う黒糖老薑茶は内容量500gの缶になります。ネット通販で購入する場合は、袋入の粉末タイプになります。

台湾旅行できない場合は Amazonで黒糖老薑茶を購入しています。

 

 

台湾の全聯で買う黒糖老薑茶の飲みレポ

台湾の全聯福利中心で買う黒糖老薑茶(黒糖生姜)の飲みレポになります。飲んで気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

黒糖老薑茶の味わい

黒糖の甘さよりも生姜の辛さが完全に勝っていると感じる事ができる味になります。この表現で大丈夫なのでは?と思います。

粗糖が多く含まれている沖縄産の黒糖生姜と同じ感覚で飲むと全くの別物といった感じになります。そのぐらいインパクトが有り過ぎて一緒に考えるのは申し訳ない気分になります。

黒糖薑母茶は生姜よりも黒糖の甘さが勝っているので、とっても美味しい気分になりますが、黒糖老薑茶は辛さが効いている事も関係して、とっても美味しいとは感じないと思います。

 

黒糖よりも生姜の辛さが強い

黒糖よりも生姜の辛さが強いので、免疫力アップには期待できるのではないか?と個人的に勝手に思い込んでいます。

思い込みが激しいのは良くないのですが、程々に飲むようにすれば大丈夫なんじゃないのかな?と考えています。

というのも、生姜の辛さを黒糖の甘さで抑制している感じなので、相当量の糖分が含まれていると思います。飲み過ぎるのは良くないです。

 

黒糖老薑茶の飲み方(筆者の場合)

推奨の飲み方では飲んでいません。明らかにそんなに入れるのか?と思ってしまうからです。コーヒー用のスプーン1杯を湯のみ茶碗に入れて、熱湯を注いで飲みます。

このようにする事で、開封してから飲み終わるまでの期間が長持ちするだけでなく、複数回に分けて飲めるので良い選択ではないかな?と個人的に考えます。

量を少なくすると薄くなってしまうため、美味しく感じられませんが、お湯の量も少なく調整してしまえば、ちょっとの量でも満足できます。

 

 

黒糖生姜レビュー&飲みレポ!台湾で買う黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に行った時に自分へのお土産として購入 及び ネット通販で購入している黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)のレビュー&飲みレポ』についての内容になります。 台湾が好きという事もあり、台湾旅行...