黒糖生姜レビュー&食レポ!黒糖しょうが甘納豆(ドライフルーツ)

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

黒糖生姜の飲み物を愛飲していますが、生姜ドライフルーツの黒糖生姜糖もあります。今回紹介するのは黒糖漬けの生姜ドライフルーツのになります。

ネット通販で購入した「黒糖しょうが糖のドライフルーツ甘納豆」のレビュー&食レポについての内容。飲み物ばかり飲んでいると、他の種類も飲食したくなる場合があり、お試しで購入してみました。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

黒糖しょうが甘納豆について

冬の寒い時期に食べると免疫力を高める効果が期待できる事もあり、この時期に摂取したくなる生姜ですが、間食のおやつとして丁度良い「黒糖生姜ドライフルーツ」もあります。

黒糖しょうが甘納豆 商品詳細

名称糖 : 生姜菓子

原材料 : 生姜、黒糖、上白糖、トレハロース、酸味料

内容量 : 200g

製造者 : 味源

 

黒糖漬けの生姜ドライフルーツ

濃いはちみつ生姜の黒糖バージョンに該当するのが「黒糖しょうが甘納豆」になります。

見た感じ、いかにも黒糖の色をしている生姜ドライフルーツと分かるのですが、食べた場合の生姜の辛さは「濃いはちみつ生姜」よりもワンランク上の辛さを感じます。

確かに甘辛いのですが、さらにそれを上回るぐらいの甘辛さになっているのが特徴で、甘納豆という表現にはちょっと微妙というか?違和感を感じます。

 

甘納豆という表現

一般的に甘納豆という表現をする場合では甘くて美味しいといったイメージになりますが、この商品の場合は辛い!という表現が似合う黒糖生姜になるので、甘納豆という表現には抵抗を感じます。

黒糖漬けの生姜ドライフルーツなのですが、実際に食べて見ると、黒糖の甘さが完全に負けているので生姜の辛さが際立つ味になります。

甘納豆というのは合わないんじゃないのかな?と個人的に考えます。

 

スポンサーリンク

黒糖しょうが甘納豆のレビュー

ネット通販で購入した食べてOK、生姜湯のように飲んでもOKの「黒糖しょうが甘納豆」のレビューになります。気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

パッケージ

パッと見た感じでは明らかに圧倒的に多く見えるのがスライスされている生姜の多さが目に留まります。

「濃いはちみつ生姜」も同じだったのですが、原材料を確認すると砂糖が多かったのですが、黒糖しょうが甘納豆は、生姜が一番多いのである。

 

黒糖漬け(黒糖の甘さ)

黒糖の甘さは、どの程度感じる事が出来るのか?という部分については表現できないのが率直な感想になります。何故か?というと、生姜の辛さの方が強くて頭の中に強烈に印象に残ってしまうからです。

食べ慣れると、確かに黒糖の甘さも感じる事が出来るのですが、食べ慣れるまでは残念ながら生姜の辛さだけで満杯といった感じになります。

それもその筈で、口の中に入れて噛んだ瞬間から生姜が口の中を生姜の辛さが充満するため、味に慣れていないと辛いな~で終わってしまいます。

一言で表現すれば、「辛甘さが際立つ黒糖生姜ドライフルーツ」といった感じになります。

 

1個あたりのサイズ

濃いはちみつ生姜」の場合も同じなのですが、袋の中に入っている黒糖生姜ドライフルーツはどれも均一ではなく、小さくスライスされている物もあれば、特大に大きいサイズまで含まれています。

厚みも同様に、いかにも厚いと感じる物もあれば薄っぺらもあるため、自分に適したサイズを選ぶ必要も発生しますが、小さなタイプを選んで食べる場合は探すのが大変です。

食べる場合は、均等に切ってから食べるのが丁度良いです。大小様々なサイズなので1回あたり1個でも、大きさによっては3~4個分に匹敵する場合も充分にあるため、食べ過ぎにならないように注意が必要になります。

 

黒糖しょうが甘納豆の食レポ

黒糖漬けの生姜ドライフルーツである「黒糖しょうが甘納豆」の食レポになります。食べて気になった事や感じた感想になります。

生姜の味が強く効いている

いつ食べても辛甘いのが特徴の生姜菓子です。生姜の辛さに慣れても、甘辛さを感じられないのが特徴の1つになります。辛甘さはいつでも感じる事が出来ます。

原材料の中で生姜が一番多く含まれているため、黒糖上白糖といった糖分が含まれていても、生姜の辛さが強くなっています。

生姜好きの人に向いている生姜菓子と言った方が正解だと思います。正直のところ、内容量200gは多いと感じました。筆者の場合は食べ切るのが大変だったのである。

 

ポカポカ感はピカイチ

黒糖しょうが甘納豆の場合は冬の寒いシーズンに食べるのが最適に感じる生姜菓子になります。その理由として、食後のポカポカ感が挙げられます。

この生姜菓子の場合は3段階のポカポカ度を満喫する事が出来ます。1回目は口の中に入れて噛んだ時、2回目は細かく噛んでいる最中、3回目は飲み込んだ時。

最初に噛んだ時点で辛さが口の中を充満するため、顔が熱く感じられます。飲み込むには複数回、噛まないといけませんから噛んでいる状態では顔の熱さが継続しています。

細かくする事が出来て初めて飲み込む事になりますが、これがトドメの一撃となり、身体と顔の両方がポカポカになるのである。

身体もポカポカな感じになるため、夏季に食べると発汗します。やっぱりこれを食べるのであれば肌寒い日が良いと思います。

 

黒糖生姜湯

「濃いはちみつ生姜」と同様に黒糖生姜湯として飲食する事も出来るのが便利で使い勝手が良いです。

湯のみ茶碗に黒糖しょうが甘納豆を1つ入れて熱湯を注ぐと、黒糖生姜の飲み物として美味しく飲む事が出来ますが、食べる場合はパワーアップした辛さを楽しむ事が出来ます。

というのも、生姜ドライフルーツに滲み込んでいた黒糖がお湯に全て溶け出してしまうので何の味も付いていない生姜を食べる事になります。

この飲食方法は、生姜が好きな人でないと厳しいと思います。

 

 

黒糖しょうが甘納豆と濃いはちみつ生姜の比較

味違いの生姜ドライフルーツである黒糖しょうが甘納豆と濃いはちみつ生姜の比較レポにです。どっちが良いのか?といった感じの感想になります。

食べやすさ

食べやすさで比較すると、生姜の辛さがパワーアップされている「黒糖しょうが甘納豆」よりも「濃いはちみつ生姜」の方が食べやすいと思います。

生姜好きの場合でも充分に辛いですから満足できるのではないか?と個人的に考えます。

 

生姜湯として飲食する場合

この生姜湯バージョンで飲食する場合ではどっちもどっちになります。熱湯を注ぐとお湯の中に漬け込んでいる物が溶け出してしまうため、異なるのは味の違いだけだと思います。

味もない状態の生姜は辛いですし、全く同じ状態になるため、比較できませんし、辛さを感じながら食べる事になります。

 

美味しさ

美味しさで比較するのは難しいです。何故か?と言うと、美味しさという表現には個人差があるためです。

生姜好きの人が食べれば美味しいと感じますし、生姜が苦手な人が食べれば辛くて美味しいとは思わないからです。

美味しさに関しては実際に食べて判断して頂くのが最適です。

 

 

濃いはちみつ生姜レビュー食レポ!生姜(しょうが)糖ドライフルーツ
皆さん こんにちは! 今回の記事は『生姜しょうが糖ドライフルーツの濃いはちみつ生姜レビュー 及び 食レポ』についての内容になります。 いつも黒糖生姜の飲み物を愛飲している事もあり、マンネリ化しているので食べる生姜糖にチャ...
黒糖生姜レビュー&飲みレポ!味源の国産「黒糖しょうがパウダー」
皆さん こんにちは! 今回の記事は『味源の国産の黒糖しょうがパウダーのレビュー 及び 飲みレポ』についての内容になります。 黒糖生姜の飲み物は風邪や咳などの症状の時 又は 冬の寒いシーズンに飲みたい飲み物の1つになります...