黒糖生姜レビュー&飲みレポ!ポカポカシリーズ黒糖生姜は沖縄産の黒糖入り生姜湯

黒糖生姜

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『黒糖生姜レビュー&飲みレポです。ポカポカシリーズ黒糖生姜は沖縄産の黒糖が入っている生姜湯』についての内容になります。

パッケージに大きく黒糖生姜と記載されているため、沖縄産の黒糖生姜なんだな~と思って購入したのですが、実際には沖縄産の黒糖が含まれている生姜湯だったのである。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖生姜について

台湾産の黒糖生姜茶を愛飲している関係もあり、沖縄産の黒糖生姜も購入する機会があります。台湾産の黒糖生姜は冬のシーズンが多いため、他のシーズンは沖縄産でも問題ないのである。

ポカポカシリーズ黒糖生姜の原材料

原材料 : 粗糖、黒糖、糖蜜、馬鈴薯澱粉、国産生姜

【補足】
この黒糖生姜の場合では、一番多く含まれているのが砂糖の原材料でもある粗糖になります。黒糖は2番目、生姜はと5番目なのである。

パッケージに黒糖生姜と表記されているので、黒糖の方が一番多く含まれていると勘違いしやすいので注意も必要になります。

 

ポカポカシリーズ黒糖生姜の特徴

粗糖が多く含まれているのがポイントになります。その関係で全体的に白っぽい感じの粒になります。

この粒をカップに入れて熱湯を注ぐと、白っぽいブラウンといった感じの色合いになるため、台湾産の黒糖生姜とは明らかに別物という感じです。

あくまでも黒糖と生姜が含まれた飲み物という感じで良いと思います。

 

沖縄産の黒糖入り生姜湯の特徴

他の沖縄産黒糖生姜も何種類か?実際に飲んでいますが、純粋な黒糖生姜といった感じではなく、どれも粗糖が含まれています。

沖縄産の黒糖と別の県で生産された生姜を組み合わせてある黒糖が含まれている生姜湯になるため、純粋に国産であるのは間違いないです。

でも、黒糖生姜という飲み物で考えた場合では、賛否両論といった感じなのが実情になります。

 

スポンサーリンク

ポカポカシリーズ黒糖生姜のレビュー

ネット通販(楽天市場)でメール便にて注文して取り寄せしたポカポカシリーズ黒糖生姜のレビューです。気になった事や感じた感想になります。

黒糖入り生姜の香り

ポカポカシリーズ黒糖生姜の袋を開封した時の香りについて紹介します。流石に開封した時はむせるぐらいに生姜の香りが非常に強いというのが印象になります。

香りだったとしても既に生姜がバッチリ効いているといった感じになりますが、飲むと甘さが強い事もあり、生姜は香りがメインなのかな?と感じます。

この香りは開封して、しばらくは続くのですが、日が経過する度に徐々に薄れて来ますが、何かの容器に入れ替えた上で、また掻き混ぜると香るようになるので、定期的に掻き混ぜるのが良いと思います。

 

黒糖入り生姜の色合い

黒糖が含まれている生姜の粉末タイプは台湾の黒糖生姜茶と異なり、パッと見て一目瞭然になりますが、比較すると色が白っぽい小麦色といった感じの色合いです。

沖縄産と台湾産は見た目も中身も違うので同じ黒糖生姜の飲み物でも、こんなに違うのか!といった感じになるため、実際に飲み比べてみるのも面白いです。

勿論、味も全然違う味わいなのですが、この違いは粗糖が大いに関係していると思います。

 

粉末状を舐めた感想

粉末状の粉を実際に指に付けて舐めてみたら、ビックリするぐらいに生姜が効いているといった感じになります。

どうしてビックリするのか?というと、熱湯を注いで飲むと甘さが前面に出て来るので生姜は弱いのかな?と感じられるからです。

 

ポカポカシリーズ黒糖生姜の飲みレポ

ポカポカシリーズ黒糖生姜の飲みレポになります。飲んでみて気になった事や感じた感想になるため、参考になるのか?分かりません。

飲みレポ

コーヒーカップ等に入れて、熱湯を注いだ上で、口の中に含むと、最初は甘さが効いているので普通に甘い飲み物だな~と感じます。

飲み終わった直後から喉の付近から生姜が効いてくる感じになります。粗糖&黒糖と生姜が絶妙に合わさっていない感じがするので、生姜が後からバックしてやって来るんだと思います。

後から生姜の効き目がやって来るため、この状態はしばらく続くのですが、この余韻が消えるタイミングで次の一口を飲むのが丁度良いです。

台湾の黒糖生姜の場合では甘さと辛さが一緒に感じられるのですが、この商品は後から生姜の辛さが効いて来るので面白いです。

 

冷めても美味しい

黒糖生姜の飲み物の場合では冬の定番といった感じになりますが、夏に飲んでも美味しいです。夏の場合では、これを飲むと汗が出て来るため、涼しい部屋で飲むのが最適になります。

もう1つは冷ましてから飲むという方法も充分に有りです。というのも冷ましてから飲んでも美味しいからです。

但し、この場合は時間が経過すると完全に上下に味が分離している状態になるので、スプーン等でかき混ぜてから飲むようにした方が良いです。かき混ぜない状態で飲むと美味しくないです。

 

免疫力アップ目的では、飲み過ぎに注意を

ポカポカシリーズ黒糖生姜は甘くて美味しいと感じる事が出来る黒糖生姜湯になります。甘くて美味しい場合では、必要以上に飲みたくなってしまう場合が多いです。

また、黒糖生姜の場合は冬の風邪咳などの症状に良いとされている飲み物になるため、免疫力アップに良いのでは?と思ってしまうのも事実なので、飲み過ぎに注意するのが賢明だと思います。

というのも、粗糖が一番多く含まれている飲み物なので糖分の摂り過ぎになる可能性も否定できません。

 

 

ポカポカにシリーズ黒糖生姜の飲み方

粉末タイプの黒糖生姜を飲む場合では、基本的には袋の裏面に記載のある飲み方を参考にする場合が多いですが、筆者の場合は全く参考にしていません。

パッケージ裏面に推奨の飲み方が記載

ポカポカシリーズの黒糖生姜の場合は、パッケージ裏面にシールで推奨の飲み方が記載されているため、このように飲めばとても美味しく飲む事ができます。

小さじ3~4杯をカップに入れて、熱湯 又は ホットミルク(ホット豆乳)を100ml を注いで飲むと記載あり。

筆者はホットミルクや温めた豆乳で飲んだ事がないため、どのような味になるのか?は分かりません。自分に適した飲み方で飲むのが良いと思います。

 

筆者の飲み方(オリジナルバージョン)

小さいコーヒー用に使っているスプーン1杯(山盛り)を湯のみ茶碗に入れて、75%ぐらいお湯を注いでいます。よく掻き混ぜてから飲みます。

生姜湯の場合では、ガッツリ飲まなくてもちょっと飲めば身体もポカポカな気分になるため、丁度良いと感じます。

どうして、このように飲んでいるのか?というと、小さじ3〜4杯入れるのは面倒に感じるので、この飲み方が定着しています。

湯のみ茶碗であれば、お湯の量も含めて少なく調整できるため、結果的に飲み過ぎにならないのではないか?と考えました。(1日に1~2杯しか飲んでいません)。

 

コーヒーや緑茶ブレンド

この黒糖生姜粉末を愛飲ドリンクの1つであるコーヒー緑茶に入れて飲んでみた事がありますが、全く別物といった感じの味になるため、あまり良い選択ではないと思います。

やっぱり、コーヒーや緑茶はそのまま飲んだ方が美味しいです。

 

 

黒糖生姜レビュー&飲みレポ!台湾の黒糖老薑茶は生姜が強い黒糖生姜湯
皆さん こんにちは! 今回の記事は『黒糖生姜茶のレビュー 及び 飲みレポです。台湾のチェーン店スーパーの全聯福利中心で購入する黒糖老薑茶は黒糖よりも生姜の辛さが効いている生姜湯』についての内容になります。 台湾旅行での自...
黒糖生姜レビュー&飲みレポ!台湾で買う黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)
皆さん こんにちは! 今回の記事は『台湾旅行に行った時に自分へのお土産として購入 及び ネット通販で購入している黒糖生姜湯(黒糖薑母茶)のレビュー&飲みレポ』についての内容になります。 台湾が好きという事もあり、台湾旅行...