アズールレーン攻略日記!潜水艦との戦闘は駆逐艦や軽巡洋艦の編成を

アズールレーン

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『アズールレーン(アズレン)攻略日記です。潜水艦との戦闘は駆逐艦や軽巡洋艦 及び 軽空母の編成を』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

敵潜水艦と戦闘する場合

アズールレーンのゲームで潜水艦と戦闘したい場合は、海域第3章(3-4)を攻略するか? 又は 救助信号を受信して艦隊を出撃するか?の2つの方法があります。

 

 

海域第3章(3-4)を攻略

潜水艦と戦闘したい場合は海域第3章(3-4)を攻略してクリアするのが最短コースになります。というより、ここを攻略しないと戦闘できません。

無事に攻略してクリアするとイベントが発生するので、そのイベントが終わると潜水艦を入手できるようになります。

第一潜水艦隊に編成する事も可能になります。

 

救助信号を受信する

海域第3章(3-4)を攻略してクリアした後は普通に救助信号を受信できるようになるため、救助信号を受信して艦隊を出撃させれば良いです。

この場合に注意して欲しいのが、いつでも救助信号が出ているとは限らないのである。潜水艦と戦闘したいと思っても戦闘できない場合もあります。

 

スポンサーリンク

潜水艦と戦闘できる装備が必要

潜水艦と戦闘する場合では、潜水艦を発見できる装備と攻撃できる武器が必要になります。これらの武装を艦船に装備しないといけません。

 

 

潜水艦と戦闘する場合に必要な物

救助信号を受信して潜水艦と戦闘を行う場合では潜水艦を見つける事ができる装備が必要になります。

その装備とは何なのか?というと、ソナーになります。ソナーが無いと潜水艦を見つけられないため、攻撃する事が出来ません。

また、潜水艦を見つける事が出来たら、爆雷で攻撃する必要があります。

 

ソナーと爆雷は必須の装備

潜水艦と戦闘する場合ではソナー爆雷が必須の装備になりますが、これらの対潜水艦の武装を装備した艦船を艦隊に編成しないといけません。

ソナーや爆雷を装備できる艦船は駆逐艦軽巡洋艦になるため、これらの艦種の育成を疎かにしていると、いざ潜水艦と戦闘する場合に困ってしまう展開になります。

 

スポンサーリンク

 

潜水艦と戦闘できる艦隊編成も必要

救助信号を受信すると潜水艦と戦闘できるようになりますが、この場合に重要になるのが艦隊編成になります。

 

 

潜水艦を攻撃できる編成が必須

潜水艦を攻撃できる艦船は3つあります。駆逐艦・軽巡洋艦・軽空母の3種類です。

でも、対潜水艦の装備はソナーと爆雷になります。じゃあ軽空母は何で攻撃するのでしょうか?と思ってしまうと思います。

軽空母は対潜攻撃機を装備できるので、この攻撃機を装備している場合であれば潜水艦を攻撃できるのである。

 

潜水艦は編成しなくて良い

潜水艦と戦闘する場合では、こちらの艦隊も潜水艦が必要になるのでは?と考えてしまう場合もありますが、これは全く関係ありません。

というのも、潜水艦は水上艦船を攻撃できる武器しか装備できないため、海中に潜んでいる敵の潜水艦を攻撃できないのである。

そのため、救助信号を受信して艦隊を出撃する場合では潜水艦は必要ありません。

 

前衛艦隊には駆逐艦と軽巡洋艦の編成を

実際に艦隊編成はどのようになるのか?についての紹介になります。あくまでも筆者の場合になるため、参考になるのか?分かりません。

 

 

前衛艦隊は対潜水艦装備

艦隊は前衛艦隊3隻と主力艦隊3隻の合計6隻で構成されています。前衛艦隊には重巡洋艦・駆逐艦・軽巡洋艦で編成しています。

潜水艦と戦闘する場合は駆逐艦を編成して、通常の海域攻略では基本的に軽巡洋艦を好んで使っています。

主力艦隊に軽空母のユニコーンを編成しています。潜水艦を攻撃できるオプションは多い方が良いので、一番この編成が気に入っています。

 

駆逐艦と軽巡洋艦の編成

駆逐艦の編成は必須になると思います。何故か?というと、爆雷を投下した場合の威力が軽巡洋艦よりも駆逐艦の方が高いからです。

おそらく装備している爆雷装備のレアリティによっても威力は異なるので一概には何とも言えませんが、基本的に対潜水艦の性能は駆逐艦の方が高いです。

筆者の場合は攻撃できるオプションを増やすのが目的なので、駆逐艦・軽巡洋艦・軽空母を編成しています。

 

スポンサーリンク

 

主力艦隊には軽空母の編成を

主力艦隊には前衛艦隊をサポートできるユニコーンなどの軽空母を編成した方が良いと思います。

 

 

ユニコーンなどの軽空母

前衛艦隊をサポートできるユニコーンなどの軽空母を編成しておけば、対潜水艦対策としても使えますのでどの海域攻略でも問題ありません。

とはいえ、向き不向きの海域もあるので、臨機応変に艦隊編成も必要になります。特に魅力的に感じるのはスキルになります。

ユニコーンの場合は航空攻撃すると、前衛艦隊の耐久を回復するスキルを持っているのである。

 

軽空母は対潜攻撃機を装備できる

軽空母の場合は潜水艦を攻撃できる対潜攻撃機を装備する事が出来ます。具体的にはソードフィッシュなどの航空魚雷で攻撃できる攻撃機になります。

とはいえ、対潜水艦対策としては駆逐艦の方が優秀なので軽空母は前衛艦隊のサポート役として使った方が良いかも知れません。

 

アズールレーン攻略日記!救助信号を受信すると潜水艦と戦闘できる
皆さん こんにちは! 今回の記事は『アズールレーン(アズレン)攻略日記です。救助信号を受信すると敵の潜水艦と戦闘できる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

コメント