アズールレーン攻略日記!ネプチューン開発編成で赤城・加賀に挑戦

アズールレーン

 

皆さん こんにちは!

今回の記事は『アズールレーン(アズレン)攻略日記です。ネプチューン開発の為の艦隊編成でSSRの赤城・加賀のドロップにチャレンジ』についての内容になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

スポンサーリンク

軽巡洋艦ネプチューン開発編成

ロイヤルの特別計画艦であるネプチューンを新たに開発する場合ではロイヤル所属の巡洋艦の戦術データ収集が必要になります。

 

 

戦術データ収集の為の艦隊編成

ロイヤル所属の巡洋艦の戦術データ収集を行うには、艦隊編成もこれに合わせて見直す必要が求められます。

そうしないと、獲得できる経験値が少なくなってしまうため、結果的に開発が完了するのが何ヶ月後という展開に陥ってしまうからです。

これでも良いのであれば問題ないですが、可能ならば早めに建造を終えたいでしょう。

 

巡洋艦がMVP獲得できる編成

前衛艦隊に編成している3隻の巡洋艦のどれか1つが必ずMVPを獲得できるような編成する必要があります。

どうしてか?というと、ネプチューンの場合は軽巡洋艦なので、重巡と軽巡の戦術データ収集が必要になるからです。

つまり、主力艦隊に編成している艦船がMVPを獲得すると、その分、獲得経験値が少なくなってしまうのである。

 

スポンサーリンク

SSRの赤城・加賀のドロップにチャレンジ

第3章(3-4)ではSSR艦船の赤城と加賀がドロップできるかも知れない可能性があるので、挑戦してみる価値はあります。

 

 

戦術データ収集の海域は第3章(3-4)

通常の場合では、残念ながらドロップする確率が低いのに挑戦するという事はしたくないのですが、特別計画艦の戦術データ収集なので仕方ありません。

というのも、戦術データ収集に限って言えば、裏技なんてありませんし、建造の高速建造材みたいなアイテムを使うという離れ業も存在しません。

ひたすら艦隊を出撃させて戦闘で勝利するのが最短コースなのです。それならば、SSR艦船がドロップできる可能性のあるチャレンジに挑戦しても良いと思います。

 

ドロップするかも知れないSSR艦船

時のイタズラでドロップするかも知れないSSR艦船は、赤城加賀になります。両方とも空母なのですが、航空攻撃が優秀みたいです。

但し、赤城と加賀を両方とも入手しないと、相乗効果が発揮できないようなので、なかなか厳しいと思います。

2つもドロップさせるなんて本当に出来るんですかね?という感じになります。

 

スポンサーリンク

 

通常海域?ハード?どっちでドロップ

前提条件として、レアリティがSSRの赤城と加賀のドロップは通常海域なのか?ハード海域なのか?全く分からないのが実情になります。

 

 

ドロップは通常海域?ハード?

何もかも分からない状態で手探りのような感覚で赤城と加賀のドロップに挑戦する事になるので、失敗するのは目に見えています。

そういった意味では、しっかりとした情報収集を行った方が賢明の選択になります。とはいえ、筆者の場合は赤城と加賀の入手を目的としていないので、どっちでも構わないのである。

それこそ、運良くドロップ出来たら、ラッキーといった感じになります。

 

通常海域の周回

① 全ての敵を撃破?
最初は全ての敵を撃破するパターンで戦闘していたのですが、燃料のやりくりが大変になってしまい、燃費の効率を考慮しないと継続困難という結果に陥ってしまい、ある程度、燃費を考慮するようにしています。

 

② 燃費を優先
燃料のやりくりがこんなに大変なのか!という事が判明してからは、燃費を優先する戦略に変更となりました。

雑魚と3回戦闘すると勝利するとボスが出現するので、4回目にボスと戦闘するパターンでチャレンジしています。

 

第3章(3-4)通常海域でチャレンジ

レアリティがSSRの赤城と加賀を第3章(3-4)で入手する事が出来るみたいなので、ネプチューン開発編成でチャレンジする事にしました。

 

 

ドロップするかも分からない

SSR赤城と加賀のドロップ率はどのぐらい有るのか?全く分かりませんし、通常海域なのか?ハード海域なのか?も分からない状況なので、手探りでのチャレンジとなる訳です。

この状態では本当にドロップするのか?分からない訳ですから、過度な期待をしても仕方ないのである。

やっぱり原点に立ち返って、素直にネプチューン開発の為の戦術データ収集に励んだ方が良いのではないか?というのが筆者なりの結論になります。

 

SSR赤城と加賀はドロップしなくてOK

筆者なりの結論に到達した事もあり、SSR赤城と加賀はドロップしなくてOKというスタンスに変更となりました。

一挙両得を求めるのも良いかも知れませんが、遠回りをしても1つずつ確実に獲得できた方が良い結果をもたらす事になる場合もあるので、この方針を優先した方が良いかも知れません。

このチャレンジは色々と学習させてもらったので、これはこれで良かったと思っています。

 

スポンサーリンク

 

ドロップする気配は微塵も感じない

第3章(3-4)通常海域でネプチューン開発の為の戦術データ収集に励みながら、SSR赤城と加賀を狙っているのですが、微塵もその気配を感じる事が出来ないのである。

 

 

サッチャーとフレッチャーが多い

ドロップする艦船はレアのサッチャーフレッチャーが圧倒的に多いのが実情になります。辛うじて陽炎もちょっと入手できたかな?という程度の割合。

この3種類しかドロップしないのではないか?と感じてしまうのは気のせいでしょうか?

レアリティがSRでさえもドロップしないので、通常海域ではダメなのかな?というのが率直な感想になります。

たまたま運が悪いのか?それとも・・・

 

SRでさえもドロップしない

SRの艦船でさえもドロップしないのは運が悪いだけなんでしょうか?それとも、そもそもSR以上のドロップ率も圧倒的に低いのですかね?

何かそんな気がして来ました。という事は、SSRなんて夢のまた夢という世界かも知れません。正に、時の運のイタズラに賭けてみるしか無いような気がします。

 

アズールレーン攻略日記!ネプチューン開発は艦隊編成も必要になる
皆さん こんにちは! 今回の記事は『アズールレーン(アズレン)攻略日記です。ネプチューン開発には艦隊の編成見直しも必要になる』についての内容になります。 参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。 ...

 

コメント